【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!

夫の自己中・だらしない・コドモ・に 関係なく
自分らしく輝いて生きる貴女の講座・カウンセリング


名古屋テレビ「ドデスカ!」に出演しました
テレビ2

■名古屋テレビ「ドデスカ!」に家族専門カウンセラー
として出演




海外在住の日本人向け雑誌「CHEERS」に

特集記事が掲載されました
チアーズ表紙 チアーズ掲載

■雑誌「Cheers」に “夫婦円満” の特集として掲載



【実際の講座・セミナーの様子】


セミナ5 ハグ セミナーの様子2
セミナー④ セミナー集合写真
セミナ2 講座終了


■体験カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック (※体験カウンセリング割引価格) ■通常カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック  



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫
スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

オトコ=旦那
というのは

自分が近寄りたい

”ときは”

貴女に寄ってくるくせに

 

 

寄ってきてほしくない”

ときは”

自分の世界に閉じこもる
ということ

あると思うんです。。。

 

 

 

 

それはまさにネコのよう(笑)。

ニャンだと!?

 

 

 

 

前者の

“自分が近寄りたいときは

貴女に寄ってくる“

 

 

というときは

 

 

エロス的な場合、

 

貴女に「甘えたい」とき、

 

 

仕事や人間関係でしんどくて
ちょっと慰めてほしい

というとき。

 

 

 

まぁ旦那の勝手な理由ですね(笑)。

 

 

 

そしてまた

“旦那

 

「寄ってきてほしくないとき」は

 

口を利かなくなる、

 

自分の世界に閉じこもる、

 

どこかへ勝手に遊びに行く・飲みに行く、

 

という感じで

 

物理的に距離が離れまする。。。

 

 

 

 

もちろん

家庭内での別居、

 

別々に寝る

とかも

 

“物理的に距離が離れる”

 

ことを現わしてます。

 

 

 

 

オトコって…。

 

貴女とケンカした

とか

 

貴女が不快でイライラしている

とか

 

「もうアイツとはやっていけねぇ!」と

思っているときは

 

 

物理的に離れるのですわ。

 

 

 

オトコは

家庭内に何かトラブルがあれば

”外に出れば”

済みますしね。。。

 

 

 

 

 

じゃあ貴女は。

 

 

貴女が旦那に近づきたいときは

どうでしょう?

 

 

 

ちゃんと素直に近寄ること、

できてますか。

 

 

素直に甘えられてますか。

 

 

自分の思いを
上手にちゃんと伝えてますか。

 

 

それとも…。

 

 

素直になれずに悶々としてないですか。

 

 

 

旦那がふくれっ面だったり

イライラしてると

 

ヘンに気を遣ったり

 

心配したり

 

不安に思ったり

 

顔色をうかがったり

 

してないですか。

 

 

 

 

 

 

それによっても

「夫婦の距離」って

変わりますよね…。

 

 

 

 

 

カウンセリングをしていると

いろんなご夫婦がいるんですけど

 

 

とくに

 

責任感が強い女性、

 

自分でなんでもできちゃう女性、

 

私がやらなきゃ!とか

私は子どもを守らなきゃ!とか

思ってしまう女性

 

 

旦那に頼ることも、

 

旦那に甘えることも、

 

苦手だったりします。

 

 

 

その中には素直になることにも

慣れてない人が多いです。

 

 

それは

コロナの状況下みたいに

こころに

マスクをしているような感じ。

 

 

 

マスクをして

自分のこころを隠している状態。

 

 

自分の気持ちを相手に悟られたくない。

 

自分の気持ちを見せたくない。

 

だって恥ずかしいし。

 

 

というか

私の気持ちぐらいわかってよ。

 

察してよ!分かるでしょ?

 

思う女性も多いですが…。

 

 

 

ごめんなさい

 

ほとんどのオトコは

察するチカラは弱いです。

 

 

 

また「本当はハグしたい」「本当は頼りたい」

と思ってても

そういう態度を示したら

弱いと思われてしまうからしない、

という女性もいます。

 

 

 

 

「本当は手をつなぎたい」と思っているけど

「周りから何と思われるかな…。」と思ったり

 

 

「夫が嫌がられているからつながない」と思って

手をつながない・つなげない…。

というような女性も多かったりします。

 

 

 

 

そういうときは

やっぱり

 

「自分の中に何があるのか?」

 

を探っていくしかないです。

 

 

 

 

オトコの場合、

旦那のタイプによっても異なるけれど

 

 

ベタベタしたい旦那は

貴女とのスキンシップがないと

「つらい」「悲しい」と思うし

 

 

スキンシップが

奥さんとの仲を保つ方法だ

と思っている旦那は

積極的に接触してくるし

 

 

逆に

 

 

淡泊な性格の旦那の場合は

結婚生活が長く

なればなるほど

貴女に対して冷たくなったり

 

 

また奥さんの体形やルックスを

気にする旦那の場合は

 

心の中で「結婚当初よりも太ったな、コイツ…。」

と思ってたり                  ←これは女性にとってはショック!

 

 

 

また別のインドアな旦那の場合は

動画や映画やゲームなど

自分の世界に閉じこもったり

 

 

まるで奥さんを召使かメイドのように

身の回りの世話をしてくれる存在、としてしか

思ってなかったり

 

(ホントにオトコって自分勝手…。)

 

します。

 

 

 

 

というふうに

旦那の性格・キャラによっても

 

奥さんに対して

どの程度、接触するかは違ってきます。

 

 

 

オトコは

奥さんでさえも“オレのものだ”と思う意識が

あるから。

 

 

 

そしてそれは

「家の中にも」及びまする。

 

 

 

つまり

 

家の中のエリアを

“自分の縄張り” と思うんです。    ← 本人は無意識です

 

 

 

よく、

 

その部屋”だけ”

旦那のモノで占領されている

とか

 

玄関は

旦那のゴルフ用品であふれている

 

いうことないですか?

 

 

 

旦那にとっては

 

“自分がお金を出して家(マンション)を購入した”

 

賃貸であっても

“オレがお金を出して家族を住まわせている”

 

という意識があるから

 

「家全体がオレの縄張り」

 

という考えを

どこかで持っているフシがある。

 

 

 

だから

家のどこもすべてオレのエリア、

(子どもの部屋や貴女の部屋も)

 

オレの縄張りだ

と、こころのどこかで思っているために

旦那の私物があちこちに侵食するわけです。

 

 

 

片付けをしたい奥さん、

家の中を整理整頓したい奥さん

にとっては

 

 

旦那の私物があふれるのは

いい迷惑ですよね。

 

 

そう考えると

家の中はまさに縄張り争いの場

とも言えます。

 

 

 

キッチンはわたしのスペース
だから邪魔しないで!

とか、

 

私の棚にはモノを置かないで、

とか

 

冷蔵庫の中に
勝手にあなたが好きなものばかり
買ってこないで!

 

いうことになります。

 

 

 

これが夫婦の争いのもとになってたら

めんどうなことになります…。

 

 

 

話しを戻すと。

 

 

コロナ下の中で

「マスク=口を封じるモノ」

と考えた場合、

 

 

相手との一定の距離を開け、

 

 

マスクというもので

自分と相手を遠ざけて、

 

 

さらに

 

人と近寄らない・近づかないことを

要求されるので

 

 

人間的なあたたかい関わりから

遠ざかるように思うのです。

 

 

 

だけど。

 

 

人というのは

誰かと関わりなしには生きていけない

んですよね。

 

 

これを夫婦に置き換えると

 

夫婦の間に何か

もめ事やイザコザや夫婦ケンカがあると

 

貴女と旦那との“人間的な” 関わり

を遠ざけることになります。

 

旦那が貴女と距離をとり、

 

貴女から逃げ、

 

外に行き、

 

下手するとソトに女をつくる…。

みたいな。

 

 

だから夫婦の間に

コロナ禍での

“マスク”を、

いかに無くしていくか?だと思うんです。

 

 

誰だって女性は

自分が愛されたい、と思うし

守ってほしいと思っているかえら。

 

 

それには

旦那との間の “マスク” を無くして

 

旦那という生き物を理解し、

 

コミュニケーションを取れるようになれる工夫が必要です。

 

 

 

本当はオトコというのは、

 

 

この女を守る!と志すと

命を懸けて守る生き物だから。

 

 

なので

いかにその思い・気持ちを引き出し、

貴女の騎士(ナイト)にする

か?ということです。

 

旦那のその思いを引っ張り出すのは

女性の貴女です。

 

 

旦那は貴女に引き出されて

本当のオトコ=騎士になりますから。

 

 

今日ここまで読んでくださって

ありがとうございます。

 

自己中・オレ様・スネ夫専門夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

少しずつ夫婦関係を変えたい貴女は
こちらをクリック【無料】  
ここで言ない深すぎ夫の心理こちら【有料】 
すぐにでも何とかしたい貴女はLINE
お友達追加→こちらをクリック【登録無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

世の中はすっかり年末ですね…。

 

”師走” という言葉がピッタリなくらい、

やる事いっぱいないですか?

 

まるで夏休みの最後の日を迎えた

小学生みたいに(笑)。

 

でも

そんなときの息抜きに
お茶をの見ながら読んでね^^

 

 

 

 

昭和の時代。

「自分の夫には尽くしなさい」という教えや

 

「夫のうしろを三歩下がって歩く」的な考え方や

(元々これは『三歩下がって師の影を踏まず』が
もとになっているらしいっス)

 

 

 

「夫には、したがいなさい」

的な “教え” がありました。

 

 

 

実際、高度経済成長期は

 

旦那が外に出て働きに出る

奥さんは家庭を守る+子どもを育てる

 

というような

 

“役割分担”

 

が明確だったこと

と、

 

昭和の時代はまだまだ

男性中心の世界だったこともあって

 

さっきのような「男性を立てる」

“教え”や“考え方”が浸透してたんでしょうね。

 

 

 

でも。

 

 

 

もう今は
高度経済成長期ではないし

 

 

男性と女性の立場も
対等になりつつあるし、

 

 

女性もかなり社会進出したり
世の中に出て活躍したりしてる

ので

 

 

ぶっちゃけ

昭和の考え方は

“絶滅危惧種” 的な存在

でもあります…。

 

 

 

 

なのに。

 

 

 

なのに、

いまだに

 

「旦那のことを立てるべきだ」

とか

 

「旦那には尽くすべきだ」

とか

いうことを信じている男性=旦那は

多いです。

 

 

それは昭和生まれだけじゃなく

平成生まれであっても。

 

 

 

 

じゃあ

女性の貴女は

旦那に尽くすべきなの?

 

 

旦那を立てて余計なことを言わず、

でしゃばらずに過ごすべきなの?

 

 

という

疑問が湧きますよね…。

 

 

 

 

実際、

夫に尽くす女性は愛されるのか?

については「Yes!」と

手放しでは言えないかもしれません。

 

 

 

というのは

 

「旦那のことを立てる」

 

「旦那には尽くすべき」

 

「自分の夫には尽くしなさい」

 

「夫にはしたがいなさい」

 

みたいな教えは

確かに昭和に時代にはあったので

 

それをマジメに守っていたのは

たいてい貴女のお母さん世代だったと思います。

 

お母さんのお母さん=おばあちゃん

も、ほとんどは

それを正しいと信じてやっていたので

 

 

それを疑うことさえせず、

ただただ守ってきたんでしょう。

 

 

 

でも。

 

 

時代も変わり、女性の価値や位置づけも変わって

男性の働き方や役割や立ち位置が変わってきた現代に

 

同じように

「旦那を立てる」

 

「旦那に尽くす」

 

「夫にしたがう」

 

ことをやってしまうと、

 

ダメ夫が生まれたり

 

オレ様になる

カン違い野郎が生まれたり

 

 

してしまう

ということがあります。

 

 

 

そして

“尽くしてしまう” 行動を選んでしまうのは

 

先ほどお話した「昭和の教え」のため

“だけでも”

なかったりしまうんです。

 

 

 

 

それは…。

 

実は女性自身の中に理由がありんす。

 

 

貴女にもあるかどうか、

探ってみる必要がありますが、

 

 

要は

「夫に尽くす」

 

「夫を立てる」

 

“ことによって”

 

役に立っている自分、

 

それをすることによって夫が喜ぶ、

だから

それをやっている自分、

 

という姿が浮かび上がるんです。

 

 

 

人って

誰かの役に立っていると嬉しいんですよね…。

 

人って

誰かに褒められると嬉しいんですよ。

 

 

 

そう。

 

実は昭和の教えのせいじゃなく、

 

貴女自身が

褒められたいから、

 

認められたいから、

 

喜ばれたいから、

 

 

そういうことをやっているのかも?

ということなんです。

 

 

 

 

 

でも。

 

旦那はそれで喜んでくれる、

とは限りません。

 

うぜえ、と思われることもあるかも

しれません、。

 

 

 

というか、

尽くしすぎて

 

夫のお世話をやりすぎて、

 

夫は家で何もしなくなったり

 

それによって

ダメ男になってしまったり、

 

ヨソに女をつくってしまったり…。

 

ということにも

なりかねないです。

 

 

 

じゃあなぜ女性は

 

それなのに

 

 

“褒められたい”

 

“認められたい”

 

“喜ばれたい”

 

から、といって

 

そうしたことをやってしまうのか?

ということ。。。

 

 

 

それは、もっとも大きい原因は

貴女とお父さんの関係です。

 

小さい頃、小学生くらいまでは

貴女は

 

お父さんに褒められたい。

褒められると嬉しい!

 

お父さんに認められたい。

認められると嬉しい、

 

お父さんに怒られたくない、

怒られる=嫌われると思ってしまうから。

 

というように

 

お父さんが喜ぶことを

していた可能性が大きいです。

 

 

 

なぜか?というと

 

もっとも早くに異性として接した相手が

お父さんだから。

 

 

異性を意識したのがお父さんだから。

 

 

つまり当時、

貴女の中に

「お父さんを喜ばせるには

どんなことをしたらいいだろう?」

という意識があったということ。

 

 

それは

言い方を変えると

 

 

「お父さんに愛されるには

どんな自分でいなければならないかな?」

という意識です。

 

 

逆説的に言うと

「お父さんに愛されるにはどんなことを我慢した?」

ということ。

 

 

そうした経験が

 

こういう自分でいなければならない。

 

こういうことは我慢しなければならない

 

というルールを

作ってしまったということ。

 

 

こうした自分ルールは貴女を縛ります。

 

 

そのルールによって

本来の貴女らしくなくなってしまうのです。

 

 

 

そうすると当然、

旦那に対してバリアのようなものを張ることになります。

 

バリアを張っている貴女。

 

当然、旦那は近づけません。

 

近寄ったらバリバリ!と、

痛い目に遭ってしまうから。

 

 

そこで余計に

コミュニケーションの行き違いや

「こんなはずじゃなかった」

ということが起きるということです。

 

 

 

 

そしてもう1つ、

自分ルールの弊害があります。

 

 

 

それは、

家事も子育ても、家のことを

 

きちんと・完ぺきに・ちゃんと

やらなくちゃ!

 

と思ってしまうことです。

 

 

 

基本的に

世の旦那=オトコは、

 

外との比較で生きています。

 

 

 

そして、自分にないものを相手が持っていると

とたんに劣等感に包まれてしまう、

弱い生き物です(笑)。

 

 

そこに

“きちんと・完ぺきに・ちゃんと”

しようとする貴女がいたらどうでしょう。

 

 

家庭の中なのに

自分の奥さんが

自分より 何でもできて+何でもこなす人

になってしまい

「自分はダメな奴だ」という意識になってしまいます。

 

 

つまり

貴女が

 

きちんとすればするほど、

 

完ぺきであればあるほど、

 

ちゃんとしていればいるほど、

 

旦那にとって貴女は

近寄りがたい相手になってしまうということ。

 

 

 

これは、お友達を例にすると

分かりやすいです。

 

例えば

 

完ぺきで何でもできる友達よりも

ちょっとドジで、ちょっと抜けてて、

ちょっとおっちょこちょいの方が

 

好感が持てて、仲よくなれません?

 

 

そう。

 

人って完ぺきな相手とは

ちょっと距離を置きたくなるんです。

 

 

だって

自分のダメさ加減を思い知らされるから。

 

 

それは…。

旦那も一緒。

 

 

貴女が

“きちんと・完ぺきに・ちゃんと”

しようとすればするほど

旦那は貴女に近寄りません。

 

 

というか、

だんだん離れていく。

 

 

 

だから。

 

 

 

 

だから

ちょっと抜けてるくらいがいいんです。

 

ちょっとおっちょこちょいの方が

いいんです。

 

 

その方が旦那は貴女を

「かわいいな」と思ってくれるはずです^^

 

 

 

 

なので…。

 

 

目指してください、

おっちょこちょい。

 

 

ちょっとダメで

足りなくなってみてください。

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変えていきたい
貴女はこちら【無料】 
ここで言ない深すぎお話はこちら【有料】
すぐにでも何とかしたい!貴女はLINEでお友達追加
お友達追加はこちら
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキです。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

師走…。

師走ですね。

 

コロナ禍で

すっかり飲み会も夜のお出かけも

減ったかと思うんですが、

 

 

旦那によっては

付き合いもあったり

 

営業もあったり

 

自分がお酒が好きだったり

 

するので

 

やはり忘年会とか飲み会は

外に出る機会、あると思うんです。

 

 

 

で。

 

ぶっちゃけ

旦那が外に出ているときって、

 

仕事なのか?

 

遊びなのか?

 

仲間でバカ騒ぎしてるのか?

 

お姉さんと一緒にいるのか?

 

 

 

分からないじゃないですか。

 

 

 

 

もちろんそれで

疑心暗鬼になる貴女も

いるかも

しれんですね。

 

 

 

 

なので今日は

旦那が夜のお遊びで

どういう世界にいるのか?のお話し。  ←アダルト系ではナイ

 

 

 

 

 

もっとも

オーソドックスなのは

飲み会ですな。

 

 

 

友達との居酒屋さんでの飲み

 

会社の忘年会、

 

久しぶりの旧友や先輩、後輩との

飲み。

 

 

旦那=オトコ

にとっては

 

切っても切れないのが

お酒の席。

 

 

貴女で言うなら

女性同士のランチ会や

カフェでの女子会に近い、

 

思ってもらうと良い。

 

 

 

女性が

お茶やコーヒーで

何時間も盛り上がれるのと

 

 

”同様に”

 

 

旦那=オトコたちの世界では

お酒を飲む、

酔って気持ちよくなることで

 

友達、

職場の同僚、

先輩・後輩、

盛り上が”れ”ます。

 

 

 

酔うと気持ちのタガが

少しハズれるので

通常よりも何でも言いやすくなる

という効果がありんすね。

 

 

逆に言うと

シラフではマジメな顔をしてても

 

昼間はアレコレやることがあって

仕事の関係性以外、

築くことができなくても

 

 

お酒の席なら

It’s OK!

 

 

こころが緩み、

タガがハズれて

何でも(何でもというと語弊があるけど)

言いやすくなるので

 

 

 

それで

旦那たちの友情は

成り立っていく…。

という感じ。

 

 

 

なので

旦那たちの世界には

お酒の席、

居酒屋、

キャバクラ

が必要なんでしょうね。  ←遠い目

 

 

 

あ、ちなみに

アルコールに強くない…!という旦那も

 

居酒屋の雰囲気は好き、

とか

 

会社の忘年会は行かねばならん!

みたいに

思っている人もいます。

 

 

BUT!

(めっちゃ人付き合いをしたくない旦那は

飲み会そのものに行くのもいイヤなんですが)

 

 

 

 

 

で。

貴女が気になるのは

 

その飲み会や忘年会に

女性がいるか・いないか?

やと

思います。

 

 

 

 

ぶっちゃけ

旦那が男友達同士で飲む、以外は

 

女性がその場にいることも

ありんす。

 

 

 

ええ?

ほら! やっぱりいるんじゃないっ!!

 

と思う貴女も

おられるかもしれんですが、

 

 

たいていの女性は

彼氏がいたり

 

 

旦那がいたり

するので

 

 

旦那にとって

そんなに危険性はナイ。

 

 

 

でも。

 

 

危険性があるのは

 

「会社」とか

「お得意さん」とか

いう

場所ではないのです。

 

 

 

場所、ではなくタイミング。

 

 

 

さらに

タイミングよりも危険性があるのは

そこにいる女性に

こころのスキマがあるか・どうか。

 

 

 

 

旦那と別れたばかり。

 

 

彼氏とモメていて、

う別れようかと思っている。

 

 

たんに寂しい・人が恋しい。

 

 

そんな状態の女性が

旦那の近くにいるか・どうか?

なのでありんす。

 

 

 

 

なので。

 

ふつーの・たいていの旦那は大丈夫です。

 

 

この場合の「ふつー」とは、

 

旦那が貴女から愛されていること。

 

 

貴女が旦那を

ちゃんと認めてあげていること。

 

 

旦那の頑張りを

普段から尊重していること。

 

 

貴女と旦那との間に

夜の営みがちゃんとあること。

 

です。

 

 

 

そういう旦那であれば

浮気もしないし

 

 

帰りが遅くなっても

ちゃんと家に帰ってきます。

 

 

 

 

でも。

 

その旦那のこころの中に

「寂しい」や「スネ」や「オレを見て欲しい・認めて欲しい」

がある場合は

要注意。

 

 

 

そういう場合、

 

先ほどお話しした

スキマのある女性の

”魔の手”

に引っかかってしまうから。

 

 

 

どうでしょう?

 

貴女の旦那は

こころのスキマ、大丈夫ですか。

 

 

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変えていきたい!
という貴女はこちらをクリック【無料】   
ブログで言えないもっと深い夫の心理こちら【有料+かなりぶっちゃけ話】   
すぐにでも何とかしたい!という貴女はでLINEで
お友達追加→ 
こちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

先日、あるクライアントさんから

「夫の考えていることがもっと知りたいです。

夫の思考に近づきたいですっ」

いう相談があったので

今日のお題は

 

 

でいきますね。

 

 

 

そもそも論として

貴女と旦那がうまくいっている

 

なんとなく

旦那のして欲しいことが分かる

波平さんとフネさんみたいに。

 

 

 

というときは

そんな悩みを思わないですわ。

 

 

 

なぜ

そういう風に思うか?

というと

 

結局、旦那が何を考えているか

分からないから。

 

 

旦那がそういう行動を取る理由が

分からないから。

 

 

旦那が信用できないから。

 

 

旦那から理不尽なことをされた

ことがあるから

 

 

旦那が貴女を蔑み、

下にみるような行動を取るから

 

やと思うんです。

 

 

 

じゃあ

果たして貴女は

旦那の思考に近づけるのか?

というと。

 

 

 

 

それは

かなりムリ。

 

 

 

あ、でも

旦那という人間の

「人となりを理解すること」

「理解しようとする」ことは

できまする。

 

 

 

旦那の性格。

 

普段、どんな価値観を大事にしているか。

 

趣味や嗜好、好きなこと。

 

価値観や世界観。

 

 

そういうことは

たぶん、何年も一緒にいれば

分かることやと思います。

 

 

 

でも。

 

旦那の思考、

旦那の感情、

旦那の人間性

 

 

貴女が理解するのは

雪山で遭難者を発見するくらい困難なこと。

 

 

 

だって

貴女は女性だし。

 

 

だって

育った環境が違うし。

 

 

だって

旦那が生きてきた過程と貴女のそれ

とでは、

まったく違うし。

 

 

そもそも

旦那が目指していること

貴女が目指していること

違うからね。

 

 

 

だから

かなりムリ。  ←2回目  笑。

 

 

 

でも

貴女が旦那とモメたとき

 

 

旦那が問題行動を取ったとき

 

 

旦那のこころが離れている、と感じたとき

 

 

旦那の気持ち・考え方・思考を

理解したいよねぇ…。

 

 

 

 

少なくとも。

 

相手を理解しようと

努力すること。

 

 

相手が何を考えているかを

推察すること。

 

あと、本やブログ、

そしてカウンセラーに直接聞くこと

 

 

が、

貴女が自分で

できることやと思います。

 

 

男女はお互いに

相手に惹かれながら

 

でも互いの思考・視点・感情が

違うがために

 

深く理解するのは

なかなか大変。

 

 

 

でも

そういうことを乗り越えるから

 

 

 

深い愛情や

 

愛されているという感覚や

 

大事にされてるという思い

 

手に入るんですよね^^

 

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

 

少しずつ夫婦関係を変えたい貴女は
こちらをクリック【無料】  
ここで言ない深すぎ夫の心理こちら【有料】 
すぐにでも何とかしたい!貴女はLINEでお友達追加
お友達追加はこちらをクリック
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

急に寒くなってきましたね…。

 

師走になって

冬らしくなってきましたね。

 

サトウエイキは冬が大好きなので

ちょっと嬉しいです^^

 

 

さてさて。

今日のお題は。

 

 

これまでもお話ししてきた

旦那=オトコの特質について、

もう少し掘り下げてみたいなと思ってます。

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ

ほとんどのオトコ=旦那の本性には

大きな2つの特徴が2つありんす。

 

 

 

1つがプライドの高さ。

 

もう1つがエロス。

 


↑たいてのオトコはこういうのが好き(涙)。

 

 

 

 

まずプライドについて。

 

オトコ=旦那は

だいたい自己顕示欲のカタマリです。

 

 

貴女が思う

”以上に”

オトコは自己顕示欲が強いです。

 

 

 

自己顕示欲が強いし

 

 

自分の仕事に対しても

プライドを持ってやってるオトコも多いし

 

 

それで得られる収入、

会社や勤め先での役職、

自分の成果や実績

 

 

旦那のプライドの高さに

一役かっています。

 

 

 

だから貴女にも

それを認めてほしい、とか

 

褒めてほしい! とか

 

分かってほしい、

という

思いが

 

めちゃくちゃ湧きます。

 

 

 

例えば家庭では

貴女を従えたい欲求があるし

 

貴女よりも「オレの方が上だ!」と

いうことにしたい。

本当はオトコと女はwin-winやと思うんですが…。

 

 

 

 

だから

自分が傷つくような言葉を

言われること

には敏感だし

 

貴女から

自分の行動がダメ出しさせることも

めっちゃ嫌います。

 

 

 

仕事を否定されることも

旦那のプライドを傷つけるのに十分です。

 

 

 

“こんなに頑張っているオレ”

に対して

感謝されてない とか

感謝の言葉がない、ということ

 

 

非常に旦那を落胆させます。

 

 

 

 

裏を返せば

旦那が貴女に対してしてくれる行動、

家のことを手伝ってくれること、

 

そして日々の仕事に対して

 

 

貴女が

ねぎらいや感謝を示すだけで

 

旦那は

ことのほか

貴女の思いに応えてくれたり

することになりんす。

 

 

 

 

 

で、ですね。

 

貴女が想像できないほど

結構、強いのが旦那のエロス。

 

 

ぶっちゃけ旦那は

エロいです(笑)。

 

 

そしてオトコは

バカです(笑)。

 

 

例えば

家族でショッピングモールにお買い物に行ったときに

貴女の旦那、

よその女性をチラ見しません?

 

 

 

よその女性の胸や脚やおしりをなどを

チラ見していることもないですか?

 

 

 

貴女という女性と結婚

 

”していても”

 

そういうエロさを持っています。

 

 

 

貴女からすると

旦那のそういう行動は

ムカつくかもしれませんが

 

 

オトコは「そういう生き物」です。

 

 

 

 

そして当然、

貴女という女性と結婚

”していても”

HなDVDを持っていたり
動画を観ていたりします。

 

 

いやぁ~!
不潔ぅぅ!!!

 

 

とは

思わないでくださいね。

 

 

そういう生き物なんですから。

 

 

 

だから例えば

貴女と少し仲が悪い状態でも

夜の営みをしたがる時があるし、

 

貴女が特に夜の営みをしたい
と思わない

 

そういう気分じゃない、

というときでも

旦那は求めてくることがあります。

 

 

 

そういう生き物なんです。

 

 

 

なぜなら

オトコの愛し方と女性の愛し方は

違うから。

 

 

 

オトコの愛し方は

どちらかというと直線的。

 

ストレートに貴女と接する場合が

多いです。

(スネ夫になってなければ)

 

 

女性はどちらかというと

情緒や感情を大事にしますよね。

 

 

相手がどう思っているのか?

相手がどう感じているのか?

そして、わたしはどう思っているのか?

という

”気持ち”

が大事です。

 

 

 

そんな風に

大事にしているものが

そもそも違います。

 

 

 

だからオトコは

貴女に対しても

身体の接触(スキンシップ)が大事です。

 

 

オトコは

自分にはない女性のあたたかさや柔らかさに

非常に惹かれるので

 

 

貴女が思うような

“相手がどう思っているのか?”

ということは
(考えないことはないけど)

非常に比重が小さいことが多いです。

 

 

 

同じオトコとして恥ずかしいけど

オトコの結婚の動機は

貴女の性格

貴女の身体

 

そこに含まれているといっても

過言ではないです。

 

 

 

 

 

 

 

なので旦那は、

 

貴女と結婚して

「この女はオレのものだ!」と

結婚当初は思っていました。

 

 

貴女の旦那が

貴女のどういうところに惹かれたか?は

人に依るけど

 

 

性格や人柄以外の容姿なども

結婚の要素になってます。

 

 

ただ、お付き合いの場合は

オトコは相手は誰でもいい

ですが

(この言い方だと少し語弊があるけど)

 

 

結婚相手については

誰でもいいわけではありません。

 

 

 

意外と

オトコが付き合っている女性を

自分の結婚相手として判断する基準は

細かく・シビア。

 

 

 

結婚したら家庭を守ってくれる、

しっかりした女性か?

 

 

子どもをちゃんと育ててくれるか?

 

 

自分をバックアップしてくれるか?

 

 

自分の味方でい続けてくれるか?

 

 

100%信頼してくれる女か?

 

 

ということが

基準

だったりします。

(本人は無意識な場合が多いです)

 

 

 

そうした過程を経て結婚に至るの、

貴女と結婚した旦那の愛し方は

 

当然、貴女とは違います。

 

 

女性の貴女が

手の届く範囲、目の届く範囲で

愛情を示そうとする

掃除や洗濯、

食事の支度や子育て などなど

 

なのに対して

 

 

旦那=オトコは

割と大きな視点で愛情を示そうとします。

 

 

オレが外で稼いでくる。

それで嫁や子どもを食べさせる。

 

 

家を建てて、家族が住める場所を用意する。

 

 

家族で出かけられるように

ワンボックスカーを購入する。

 

 

というような行動がそれです。

 

 

だから

ほとんどのオトコは自分なりの基準

 

・しっかりした女性

・ちゃんと子育てしてくれる

・自分のバックアップ

・100%信頼できる

 

という女性に対して

 

 

それらを満たす奥さんのために

「オレは頑張って働いてくるぞ!」

という行動をとるわけです。

 

 

そう考えると

なんだかオトコってひたむきだなぁ、

と思いません?

 

 

 

少なくとも貴女は、

「日本に住む女性5000万人の中から

たった一人に選ばれた!」

存在だということです。

 

 

 

おめでとうございます!

 

 

 

 

なので。

 

貴女に必要なのは、

自信と自己価値です。

 

 

大切にしてもらう

という状態になるには

 

 

お話ししたような

男性の気持ちを知ることが不可欠。

 

 

 

旦那と気持ちを通わせ

大事にしてもらうためには

 

旦那=オトコが

大事にしている価値観、

 

オトコの優先事項、

オトコの愛し方を知り

 

その特性を

上手に生かした方がいいです。

 

 

 

 

旦那という生き物は

確かにプライドが高くエロくて

困った生き物です。

 

 

でも

ジャイアン夫がオレ様で自己中

だったとしても

頼もしいという要素があるように

 

 

貴女の旦那にも

プラスの要素とマイナスの要素

とがあるわけです。

 

 

 

貴女が自分自身の自己価値を認め、

その旦那の優しさや経済的な豊かさを受け取る。

 

 

 

旦那の頼もしさ・男らしさに

素直に守ってもらう。

 

 

 

マイナスだけでなくプラスに目を向けて

旦那のプラスを受け取る、

ということをしてみてください。

 

 

 

「受け取る」ということが

女性の庇護本能を生かすことに

つながります

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

 

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変えていきたい
貴女はこちら【無料】 
ここで言ない深すぎお話はこちら【有料】
すぐにでも何とかしたい!貴女はLINEでお友達追加
お友達追加はこちら
カテゴリー 未分類


« 前のページ次のページ »