【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!


 

===================
あなたは、夫のどこに惹かれたのか?
===================

 

過去に貴女が旦那と出会ったとき。

 

 

当時、どんな基準で

付き合っていた彼氏=のちの旦那さんを

選びました?

 

 

 

例えば。

 

世間的に認められる仕事に就いている。

 

いい車に乗っている。

 

経済的に自立している。

 

カッコいい・イケメン。

 

いつもオシャレでセンスがいい。

 

いつもおごってくれる。

 

優しかった。

 

イニチアチブがあって、グイグイ引っ張ってくれた。

 

…というような

いろんな理由があるかもしれませんが。

あなたどんな理由で選びましたか?

 

 

ぶっちゃけ

〇〇という仕事をしているから、いいと思った。

 

経済的に豊かになれそうだった

 

グイグイ引っ張ってくれた。

 

こういう理由だから

この男性でいいと思った。。。

いう感じで選んだとしたら…。

 

 

うーん、もしかしたらそれは、

その人の来ている “衣服” がいいわ」と

思っているのと似ています。

 

 

 

もちろん、これを読んでいるあなたは

そんな理由で選んでないと思いますが^^

 

 

でも、一般女性の中には

上記に挙げたような理由で結婚相手を
選んでる人もいるみたいです…。

 

 

==================
どんな基準で夫を選べば良かったか?
==================

 

そういうことを踏まえた上で

 

じゃあどういう基準で旦那を
選んだら良かったのか?

 

ということをお話し。

 

 

 

それは…。

順番的に言うと

 

 

(1)生理的に合うかどうか。

(2)ウマが(波長が)合うかどうか。

(3)価値観が合うかどうか。

(4)時間の流れが同じかどうか。

(5)相手のために尽くす気持ちがあるか。

 

という感じ。

 

 

 

最初に(1)の「生理的に合うかどうか」ですが

これは要は、

相手にドキドキするか?ということです。

 

 

 

胸がときめくかどうか?ということですね。

 

 

まずは何をおいても

”これ”

がないと先に進まないです(あたりまえですが)。

 

 

 

次に(2)の「ウマが合う」とは

具体的にどういうことか?というと

あなたが相手と話しをしていて楽しい!と思えるか

ということ。

 

 

もっと言うと、

話をしているうちにいつの間にか
時間が経ってしまっちゃった…!

というくらい、

時間を忘れて一緒にいられるという感じです。

 

 

 

もちろんこれは

同性同士でもあり得ることなので、

(2) の「ウマが合う」ことと

(1)の「生理的に合うかどうか」との、

セットで考えるといいかもしれません。

 

 

でもドキドキする+ずっと一緒にいられる

というのは、恋人同士の関係です。

 

そこでさらに夫婦として大事なことは

(3)の「価値観が合うかどうか」。

 

 

これについてはもっとくわしく

次でお話ししたいと思います。

 

 

==================
夫婦の価値観が合う、ということは?
==================

 

(3)の「価値観が合うかどうか」は、

 

あなたと旦那が長年、
過ごしていく上でもっとも重要こと

 

なんじゃないか、と思います。

 

 

というのも

 

政治や経済の話しとかも、

お金の遣い方も、

子どもの教育についても、

人生設計やライフスタイルについても、

 

 

互いの価値観が一致する

または

類似するところが多ければ多いほど

人生のハプニング、

つまり

山や谷を一緒に乗り越えることができるからです。

 

 

 

例えば

子どもの教育についてだったら、

 

勉強なんていいから、伸び伸び元気に育って欲しい!」と

考えている夫

しっかり勉強して進学して、
良い高校→良い大学に行かせるべき」と

考えている妻とでは

 

当然、意見が食い違い
ケンカも勃発するでしょうし、

 

 

 

例えば

お金の遣い方についてだったら

 

「コツコツ、銀行に預けて貯金したい」と思っている

働きアリのような考えを持つ夫もいれば、

 

「株や投資でお金をもっと増やしたい!」と思っている

アメリカナイズされた考えを持つ夫もいるわけです。

 

 

 

そうしたお金の価値観についても

あなたといちじるしく違っていたら

当然、お金の遣い方についてモメるでしょうし、

「一緒に暮らす」ということは、何しろお金を必要としますしね。

 

 

お金がある・ないに関わらず、

「どう使うか?」「何に使うか?」は家庭において重要ですよね。

 

なので

長年連れ添う夫婦であればなおさら、

彼=旦那と「価値観が近い」「価値観が似ている」というような、

価値観が合う相手の方が、あなたにとっていいと思います。

 

 

多くの場合、夫婦ケンカは

「互いの価値観の相違」が起きてモメますから。

 

 

 

=============
夫と時間を共有する。
=============

 

次に(4)の

「時間の流れが同じかどうか」

ということについてです。

 

 

これはどういうことか?というと、

あなたと旦那とのテンポのことです。

 

 

例えば

あなたが

早めに出発して、余裕をもって現地に到着していたい。」

現地でちょっとゆっくりできるくらいがいい。」

予約時間の15分前には到着していたい。」

と思っているとして、

 

 

旦那が仮に

別に、時間に間に合えばいいじゃん

時間ギリギリでもちゃんと到着すればいいんだよ

家ではくつろぎたいから、ギリギリまでのんびりしようよ

と思っているとしたら

 

 

当然モメます(笑)。

 

 

また例えば

家族がテレビを観ていたとしても、
あなたは家事をこなして

ほかに何かやることはないか?
と探すような、テキパキママ

だとして

 

 

旦那は

外で仕事を頑張ってくるから、
家ではゆっくりさせてよ     とか

 

奥さんが忙しく動いているけど
それに何も気づかない      とか

 

いう人であれば、

それはそれで、モメます(笑)。

 

 

というように

 

夫婦として、家族として一つ屋根の下に暮らすとしたら

互いの「時間の流れ」「時間の感覚」が合う方がいいのは

言うまでもないです。

ただカウンセリングをしていておもしろいのは、

そういう価値観が違う二人が
くっついて夫婦になる人が結構いることです^^

 

 

 

そして最後に(5)の

「相手のために尽くす気持ちがあるか」です。

 

 

これは「妻が夫のために尽くす」ということを

考えがちですが、

そうではないです。

 

 

そうではなく、お互いに

互いに対して思いやれるかどうか?ということです。

 

 

もっと言うと

「相手のことを想うと力が湧く」という感覚です。

 

 

こういう思いは

最初は男性の方が湧くかもしれません。

 

コイツのために仕事を頑張って指輪をプレゼントするぞ!

とか

 

もっと給料を上げて、美味しい物を食べさせてやりたい

とか

 

海外旅行に連れてってあげたい

と思ったりするのです。

 

 

オトコは基本的に、

女性のために何かをしてやりたい

 

“何か”

は、そうしたモノや旅行や食べ物が多いです。

 

 

即物的ではあるのですが、

「愛情を示す=何か贈り物をする」と思う男性が多いです。

 

 

あ、もちろん中には

「モノより思い出」という男性もいるので、

 

 

そういう男性は旅行やサプライズといった

出来事を用意したりします。

 

 

…ちょっと脱線しましたが、

オトコにとっての

「相手を想って」→「相手に尽くす」ということは

上記のような傾向が多いです。

 

 

 

そして女性はどうか?というと

結婚すると「相手に尽くす」ことが長く続きます。

 

 

毎日の食事を作ること。

旦那の身の回りのお世話。

洗濯や掃除など、

 

 

旦那の「尽くす」が

旅行やモノなどの一時的なものである

のに対して、

 

 

奥さん側の「尽くす」は

エンドレスですよね…。

 

 

 

なので、

そのモチベーションを維持するためのエネルギーが

ずっと必要になります。

 

 

あなたにとって、旦那が

「相手を思うと力が湧く」存在であるなら。

 

これからもずっと尽くすための

「モチベーションが湧いてくる相手」であるなら、

 

あなたはこれからも

旦那と頑張れると思います。

 

 

 

最後にもう一度、確認します。

あなたは

旦那と”生理的に” 合ってますか?

 

旦那とはもちろん
”ウマが(波長が)” 合ってますよね?

 

 

旦那とは価値観は合ってますか?

 

 

旦那と時間の流れが、同じですか?

 

 

旦那のためにこれからも

尽くせそうですか?

 

今日ここまで読んでくださって

ありがとうございます。

 

男性・旦那の心理を教える”唯一” の男性カウンセラー

サトウエイキ

 

※サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

 

※許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変える
カエルメールはこちらをクリック【無料】   
ここでは言えないもっと深い夫の心理こちら 【有料】  
すぐにでも何とかしたい貴女のLINE
LINEの登録はこちらをクリック登録無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

==================
あなたは旦那が本当にスキですか
==================

 

突然ですけど

貴女は旦那のことが

好きですか?

それともちょっと嫌いですか?

 

まぁ一緒に住んでいるから

キライということはないと思うんですが…(笑)

 

 

 

読み進める前に

3分ほど考えてみてください。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

・・・どうですか。

考えてみました?

 

 

そんなの、
一緒に暮らしているんだから
好きに決まってるじゃない!

 

という声が
聞こえてきそうですが。

 

 

でも、

「夫婦として一緒にいる」こと=好き

 

と短絡的に

結びつけていいの?

ということ。

 

 

それこそ

子ども達にとっての
パパの存在が大きいから一緒にいる

という場合もあるでしょうし、

 

 

 

旦那と別れて一人になって
シングルマザーになったら、
経済的に大変だから一緒にいるんだ…。

 

という場合も
あるかもしれません。

 

 

 

あるいは

この年齢で一人になったら寂しいし、

仮に別れても新しい男性と
出会えるか分からないから
一緒にいる

という場合も

あるかもしれません。

 

 

 

 

もしかしたら

あなたは旦那が好きだけど、

旦那はあまりあなたのことを好きではない

という場合
あるかもしれない。

 

 

 

ということは。

 

 

 

ということは、

 

一緒にいる=好き

とは

必ずしも言えないかもしれない

ということ。

 

 

 

 

最初に「3分間、考えてみてください」

と言いましたが、

 

 

 

そもそも

旦那のことをあなたが好きか・どうか?

は、

 

“考えるもの”

 

ではないんですよ。

 

 

 

だって「好き・嫌い」は

“考える”

ことではなく、

“感じる”もの

だから。

 

 

 

そう、

本当は

アタマで考えるものではなく

感情として感じるものだから

です。

 

 

 

===============
あなた自身の本当の思いは?
===============

 

そもそも
いまの旦那と結婚したのは

「好き」だから

だったはずですよね。

 

(政略結婚とか、見合い結婚でない限りね)

 

 

 

お見合いで出会った

夫婦だって

「この人よさそうかも!」」とか

「この人のこと、好きかも」と

いう思いが

芽生えるから結婚しますよね。

 

 

 

ここでは何も

「旦那のことを嫌いなら別れたほうがいい」という

ことを言いたいのではありません。

 

 

 

別にキライでも、

愛情が薄くなったとしても

それはそれでいいんです。

 

 

 

逆に

夫のことは好きだけど、
夫の自己中心的な性格に参ってて…。 とか

 

 

夫は仕事熱心だけど、
私に対しては優しくないのイヤ…。とか

 

 

夫が仕事仕事で家にいない。
もっと私といて欲しい…。

というような場合もあるでしょう。

 

 

 

大切なのは

あなた自身がどう思っているか?

あなたはどう感じているか?

を知るということ。

 

 

 

仮に

夫のことがキライ“なのに”一緒にいる とか

夫の自己中な性格に虫唾(むしず)が走る…!という状態

 

 

“なのに”

 

 

一緒にいるというのも、あなたにとって

かなり精神的に負担なはずです。

 

 

 

その反対に、

夫のことは好きだけど、

でも忙しくて家にいないのが寂しい

という場合もあれば

 

 

夫のことは好きだけど、ぞんざいな態度や

上から目線の言葉だけがイヤなの!

という場合も

あるかもしれません。

 

 

 

なので、大切なのは

 

「どう思っているのか?」

「どう感じているのか?」

という、

あなた自身の本当の思いを知る

ということです。

 

 

 

それによって

夫との生活を続けるモチベーションが持続するし、

 

逆にそれを自覚することで

モチベーションが下がるのを自覚することも

あるかもと思います。

 

 

実は、そのモチベーションが

家事や子育て、旦那の身の回りのお世話など

につながります。

 

 

よく….。

イヤイヤながらにやっている仕事は長続きしない

と言いますし、

 

自分が仕方なしにやっている仕事ほど

苦痛なものはない

とも言いますよね。

 

 

だから、そのモチベーションの状態を

自分で把握するということが大事になってきます。

 

 

===================
家事は「しなければならない」のか。
===================

 

旦那のためにお世話をするのは

”なぜ” なんでしょう?

 

 

考えたこと、ありますか?

 

 

いや、ほとんどの女性が

あまり考えたことが

ないかもしれません。

 

 

 

むしろ

 

旦那が外で働いてくるのだから

家のことを私がするのは当たり前だよね…。 とか

 

旦那が外で働いてきてくれるから、

子育ては私がするのよね…。

 

 

という風に

何も考えずに

そうしている女性がほとんどかもしれないです。

 

 

それと同様に

旦那のお世話も

 

“するのが当たり前”

 

という感じになってないですか?

という話しです。

 

 

 

つまりそれって

「義務感」とか「責任感」やと思うんです。

 

 

言い方を変えると

「やらなければならない」と思ってる、ということ。

 

 

すると

“旦那のために”

ご飯を用意しなければならない。

 

 

“旦那のために”

旦那の身の回りの世話をしなければならない。

 

 

“旦那のために”

忙しくても色んな用事をしなければならない。

 

という状態に陥ってしまいます。

 

 

旦那のことが好きで

そうしたお世話をしている場合は

あまりストレスにならないかもしれません。

 

 

私は旦那が好きだから、彼のお世話をしてるのよ

と思えるから。

 

 

 

でも。

旦那のことがあまり好きではなくなってしまった、

あるいは

旦那がうるさいから仕方なく
あれやこれやしている…という場合。

 

 

 

それは、

貴女にとって負担になったり、不満が湧いたり、

ストレスになってしまうことになります。

 

 

 

それはしんどいです。

 

まるでおしんのようです。

 

 

こんなに私、やってるのに! どうして夫は家にいないの?

とか

 

こんなに頑張ってるのに、どうして夫は私に優しくないの?

 

“相手を” 責めることになりますから。

 

 

でも。

 

本当は夫婦関係や家庭での生活は、

苦行やガマンではないはず。

 

 

本当は

楽しみながら家事をしたり、

それをすることが喜びだったり

するから、

それを続けられると思うのです。

 

 

なので

まずは「しなければならない」をやめない?

という提案です。

 

 

 

そして、

どうせ家事・子育て・旦那の世話をするなら、

楽しんでそれを行った方がいいです。

 

 

その方がストレスなく、

長続きできます。

 

 

そんなこと言ってもさ…。

誰もやってくれないんだから、私がやるしかないじゃない。

 

という声が聞こえてきそうですが。

 

 

 

それなら仮に

あなたが絶対に家事や旦那の世話をしなくてはいけない

 

“のではない”

 

としたらどうでしょう?

 

 

 

例えば

お子さんが小学校の4年生以上であれば、

お皿洗いやお風呂洗いはできます。

 

 

お米を研いで+炊飯器のスイッチを押すくらいは

たぶん、小学生でもできるでしょう。

 

 

例えば

夕飯のすべてをあなたが作るのではなく、

一品か二品くらい
お惣菜にしてしまうのはどうでしょう?

 

 

それならスーパーに行けば済みます。

 

 

 

そうして

「私がしなければならない」をちょっと手放すと

いうことです。

 

 

で、その空いた時間を

ゆっくり本を読む、とか

ネットでブログを読む、とか

テレビや動画を観るとか

自分のための時間として遣う。

 

それが “楽しみながら”

家事をするということです^^

 

 

==================
あなたが夫から「自由」になるには。
==================

 

そう考えると

実は、あなたを苦しめているのは

あなた自身の価値観なのかもしれません。

 

 

私がやらなきゃ!」とか

こんなに頑張ってるから、相手も応えてくれないと!

という価値観になっていることで、

 

自分で仕事を増やし、

自分だけ疲弊してしまうからです。

 

 

 

なので。

いま、あなたに必要なのは

「自分の気持ちを知ること」なのかもしれません。

 

 

旦那のことが好きなのか・嫌いなのか。

家事をしたいのか・したくないのか。

自分の時間が欲しいのか・欲しくないのか。

 

 

そうして

自分の気持ちを知り、

自分の感情に素直になるということです。

(これは何も感情に素直になって怒れ、とか 泣きなさい、とか言うワケではないです)

 

 

 

そう。

 

仲良くなりたければ、

そういう努力をすればいい。

 

 

仲良くなりたくなければ、

旦那とキョリを取ってみてもいい。

 

 

旦那との関係をあきらめるのであれば、

そうした行動をとってもいい。

 

 

逆に「旦那との関係をあきらめない」のであれば、

また努力したり、歩み寄りをしたりすればいい。

 

 

 

常にあなた自身が主体になって

旦那のことも

家庭のことも

子ども達のことも

やってみる、ということです。

 

 

それが

あなた自身が「自由」に過ごす、

ということ。

 

 

どうですか?

 

「自由」になれそうですか?

 

 

 

 

今日ここまで読んでくださり

ありがとうございました。

 

 

自己中・オレ様・スネ夫専門夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

少しずつ夫婦関係を変える
カエルメールはこちらをクリック【無料】   
ここで言えないもっと深い夫の心理こちら【有料】
すぐにでもなんとかしたい!貴女のためのLINE
LINEの登録はこちらをクリック【登録無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

以前、スネ夫について

お話ししましたけど今日はその続きです。

 

 

================
「スネ夫」とは? 閉じている?
================

 

というのは

前回、「スネ夫」についてお話ししたら

何人かの女性の方から

 

ウチの旦那もスネ夫なんです

 

あ~! ウチの夫もそうだそうだ!と思いました

 

「まるでウチの旦那のようです」

メールをいただいたからです。

 

 

なので

本日も「スネ夫」について

お話ししたいと思います。

 

 

 

「スネ夫」状態の旦那は

以前、お話ししたように

 

“なんらかの理由で”

スネてしまったのですが

 

一旦スネてしまうと

それが通常の状態に回復するのには

なかなか

なかなか、

時間がかかります…。

 

 

 

なぜならスネ夫状態の旦那は

一種の閉じた状態=貝のような状態

だからです。

 

 

 

「閉じた状態」は

自分で意図して
そういう状態のときもあるし

 

無意識に
閉じた状態になっている場合

あります。

 

 

そうしたスネ夫状態の旦那は、基本的に

素直ではない・素直になれない。

 

 

貴女に対してまっすぐな見方をしない・できない。

 

 

場合によっては

貴女に対して敵対心のような思いを持っている。

 

 

という状態。

 

 

ただ、

「閉じた状態」なのはあくまで

“貴女に対して”

だけなので

 

 

子ども達や自分の母親、

近所や周りの人たちには普通に接します。

 

(このあたりはスネ夫状態の旦那を持つ女性にとっては
腑に落ちないかもしれないです)

 

 

 

そういう場合

スネ夫旦那に対して

貴女は「いつまでスネてるの?」と

思うかもしれないですが

 

 

スネ夫旦那の

スネる期間=

 

つまり

 

話さない

目を合わせない

無視やコミュニケーションなし

 

 

どうしても長くなる傾向があります。

 

 

 

その理由をお話しします。

 

 

 

============
「スネ夫」のスネ時間。
============

 

こないだは

旦那が「スネ夫」になって理由+きっかけ

主に

“3つあるよ”

とお伝えしました。

 

 

1つめは

自分の奥さんに邪険にされた(と旦那が思い込んだ)。

 

 

2つめは

奥さんから感謝されない。ねぎらいがない(と、旦那が思い込んだ)。

 

 

3つめは

夫婦ケンカ・貴女に対して怒った、など

旦那の怒りが継続していること。

 

 

 

 

その中で

“スネる原因”が起きた当時、旦那には

それなりの

怒りが湧いていたり

悲しみがあったり、

貴女に対して不信感があったりしていたわけです。

 

 

 

要するに最初は

スネた旦那の心の中は

 

どす黒い感情が渦巻いているので

先ほど言ったような敵対心にも似た

感じになっています。

 

 

 

最初はね、。

 

 

 

 

ちなみに。オトコという生き物は

自分の身内や味方に対しては

すごく優しくなれるのですが

 

 

こと外部の人間に対しては

信じられないくらい牙をむくとき

あります。

 

 

 

自分の「敵だ」、

自分の「身内ではない」、

という意識によって

相手が攻撃対象になってしまうのです。

 

 

もちろんそれと同じ感情を

スネ夫は自分の奥さんに

“対しても”

持ちます。

 

 

 

だから(旦那の性格にも依りますが)

 

ヤサぐれてしまったり、

 

心のシャッターを下ろしてしまったり、

 

無表情・無感情・無反応になってしまったり

 

するのです。

 

 

なのでスネ夫状態の旦那は

 

素直ではないし・素直になれない。

 

 

貴女に対してまっすぐな見方をしない・できない。

 

 

場合によっては

貴女に対して敵対心のような思いを持っている

 

ということに

なるというわけです。

 

 

 

 

そして

当初の“スネ夫になった原因”に対する怒りが

「醒めた後も」

スネ夫エネルギーをくすぶらせて、

 

 

再び「スネ夫状態をくり返す」

というわけです。

 

 

 

そう。

スネ夫旦那の問題なところは

 

 

スネ夫を何度も何度も何度も何度もくり返し、

(傍目にはずっとスネ夫状態に見えるだけ)

 

 

えぇ? まだスネてるの?

いつまでスネてるの?

と貴女が思うくらい、

ずっと

スネていることにあります。

 

 

 

それがために

カウンセリングも

じっくりしっかりやっていく、

ということになるわけですが…。

 

 

 

===========
スネている旦那の思考。
===========

 

ここまでスネ夫が

スネ状態を長引かせている理由は

 

“敵対心” のような

「相手を敵とみなす」感じになってしまうからだ、

とお話ししました。

 

 

 

その流れは次のような感じ。

 

 

貴女に対して「怒り」を持っている

「怒り」から「恨み」「反感」に変化した。

旦那がその怒りをくすぶらせて“反芻” させている。

“反芻” することで、さらにヒネくれる。

ヒネくれる+貴女に対してあきらめが生まれる。

どうせ分かり合えない=離婚

 

というような流れですね。

 

 

 

旦那がスネ夫になってしまうと

 

貴女としては旦那との関わりに

とても神経を使うかもしれないですが、

 

 

ここで1つ、

大事なことをお話しします。

 

 

実はこれは

旦那に限らず貴女にもあることですが、

 

旦那のスネ夫状態によって

表面的に大きく露呈することあります。

 

 

それは

旦那の「負の部分」。

 

 

 

もっと分かりやすく言うと

黒い部分。

黒歴史とでもいいましょうか、

 

とにかく

旦那のダークな面が

明らかになることがあります。

 

 

 

ダークな面って何?と

思うかもしれません。

 

 

人にとって

表面化してくることは違いますが

例えば

「自己価値が低い」ということも

その一つ。

 

 

それは

「自己重要感」や

「自己価値」と

言ったりもしますが、

 

 

例えば

貴女からねぎらいがない

感謝されないとスネる旦那の場合、

 

「貴女からのねぎらいがない=認めてもらえない」

ことで

自己価値が下がってしまっている

ということです。

 

 

例えば

旦那の車をこすって傷つけてしまった、

それで旦那が

貴女に怒って

「スネ夫になった」としましょう。

 

 

この場合、現象面は

「お前はオレの車を傷つけた!」と怒りになってます。

 

当然、それに対して「ごめんなさい。」と

一度は謝ることもあるでしょう。

 

でも旦那は許してくれない。

スネ夫状態に突入した…!という場合。

 

 

これもまた、

旦那の「自己重要感」がポイントです。

 

 

どういうことか?というと

この場合、「車=旦那」になっているからです。

 

 

旦那にとってマイカーはすごく大事にしているモノ。

汚れてもイヤだし、

傷つけられたらもっと不快になる。

 

 

つまり旦那にとって

「車=自分」なわけです。

 

 

その車を傷つけられた=自分が傷つけられた

と同じ、ということになるわけです。

 

 

 

ね?

旦那の「自己重要感」がポイント、って

なんとなく分かってもらえたでしょうか。

 

 

こんな風にスネ夫になることで、

旦那のダークな面が外に現れる

露呈することが多々あるので、

そこと向き合う必要が出てくるのですね。

 

 

 

 

============
「スネ夫」な旦那と貴女。
============

 

 

でも。

だからといって

 

スネ夫な旦那の顔色をみて

様子をうかがって

旦那の機嫌に左右される

 

という状態を

長く続けると貴女は疲れてしまいます。

 

 

 

以前も言いましたが、

旦那がもしスネ夫になったら

極力、顔色を見ないでください。

様子をうかがわないことです。

 

 

「貴女は貴女。旦那は旦那」

 

そんな風に

旦那と貴女を分けて考えてください。

 

 

以前も言いましたが旦那がスネ続けているのは

「旦那の問題」です。

 

 

ただ、もし

貴女の方が精神的に大人で

精神的に成熟していて、

旦那の状態を俯瞰して見ることができるなら

 

 

旦那のおちいっている負の状態=ダークな状態

手助けすることができます。

 

 

そういう場合は

ねぇ、あなたはこういうことでつらいんでしょ?

と、旦那の心に入り込んでいけますが

 

 

それは

貴女自身がちゃんと

 

こころについて

感情について

思考について

自己重要感について

 

学んだり、実践したり

できている場合です。

 

 

それができていないのに

旦那のこころに踏み込むのは危険です。

 

 

貴女自身

ドツボにハマる危険性があります。

 

 

 

なので

学んでいない・実践していない場合は

ムリしないでください。

 

 

むしろ

そうした旦那と

ほどよくキョリをとって、

客観的に過ごすという方がいいと

いうことです。

 

 

 

ホントに普通な感じで、自然な感じで、

子ども達と楽しく過ごす。

子ども達と笑いながら、

鼻歌を歌いながらパンケーを焼く…

 

みたいな感じでゆったりと過ごすといいです。

 

 

 

そして。

旦那と貴女とは「かがみ」。

 

 

夫婦はかがみ」の内容については、

以前も何度かお話ししましたが

 

 

旦那に露呈した問題は

貴女のこころにある問題でもある

んです。

 

 

 

旦那がそういう状態になって

貴女に

“見せてくれている”

のです。

 

 

だから、決して他人事ではないです。

 

 

 

そんな風に

旦那の問題ではあるけれど

あぁ…。

これって私にも似たような要素があるなぁ、

と気づくことが大事ですよ^^

 

 

今日ここまで読んでくださって

ありがとうございます。

 

 

自己中・オレ様・スネ夫専門夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

まずはメルマガで自分を変えてみる
という貴女はこちらをクリック【無料】 
ここでは言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

=============
「スネ夫」という生き物。
=============

 

実際、僕がカウンセリングでお話しする

女性の半分くらいは

旦那の“スネ夫”状態に悩んでます…。

 

 

なので今日は

“スネ夫” な旦那について

もう少し深くお話ししますね。

 

 

 

 

まず「スネ夫」という旦那は

どういう状態を言うのか?ということ。

 

 

 

例えば

顔は無表情、態度は不愛想。

 

結構、長い時間、口を利かない
(下手すると数カ月)

 

 

もちろん「いってきます」も言わない、

帰ってきたときの「ただいま」や

夕飯の時の「いただきます」も「美味しい」も言わない。

 

または

家庭内・家庭外での別居があったりする…。

 

 

 

そういう旦那さん=スネ夫

です。

 

 

 

こういう旦那がいると

困ること。

 

それは

 

 

無表情・無愛想、しかも

ほとんど口を利かない

ので

 

 

「何を考えているか分からない」

ですよね…。

 

 

================
旦那が「スネ夫」になった理由。
================

実は

旦那が「スネ夫」になってしまったのには、

理由があります。

 

 

スネ夫になってしまった

「理由」はなんだったのか?

というと

おおよそ3つ。

 

 

 

1つは

自分の奥さんに邪険にされた
(と、旦那が思い込んだ)。

 

 

2つめは

奥さんから「ありがとう」と言われない、

奥さんが自分のことを褒めてくれない
(と、旦那が思い込んだ)。

 

 

3つめは

夫婦ケンカや、旦那が貴女に対して怒った、など

旦那側の怒りが継続している場合。

 

 

 

とまぁ、

だいたいこの3つくらいです。

 

 

 

まず1つめの

奥さんに邪険にされた
(と旦那が思い込んでいる)

というとき。

 

 

例えば

あなたの言った何気ない一言が

旦那にとってグサッと刺さる言葉だったとき。

 

あなたは

そんなつもりで言ったわけじゃない!

 

 

“のに”

 

 

言った言葉が

“たまたま”

旦那のこころの傷をつけた、

というとき。

 

 

 

貴女にとって何気ない一言でも

どうせオレなんて…。

旦那にはネガティブな思いが

湧いてきます。

 

 

そういう時、

 

“貴女は”

 

まさか旦那にとって

引っかかるコトバとは思ってないわけです。

 

 

でも旦那にとっては

 

屈辱を感じていたり、

怒りが湧いたり、

悲しかったり、

恥ずかしかったり

 

するということがあります。

 

 

 

このあたりは

旦那の性格によって

「どういうコトバが旦那の心にグサッ!とくるのか?」が

違ってくるので

 

 

貴女としては

旦那の性格を熟知してないといけないです。

 

 

 

 

次に2つめの

奥さんから「ありがとう」と言われない、

奥さんが自分のことを褒めてくれない
(と、旦那が思い込んだ)

というとき。

 

 

まさに

旦那が家族のために何かをしたり、

(例えば旅行に連れていく、とか
ゴキブリを倒すとか、レストランの食費を出すとか)

 

 

貴女のために何かをしてくれた

 

というときに

 

旦那としては「ありがとう!」と言われたかったのに

貴女からの「ありがとう」がなかったり

 

 

貴女が喜んでくれなかったり

ということがあると

 

“スネ夫”

 

になってしまうときが

あります。

 

 

 

基本的にオトコは

承認欲求が強いです。

 

 

貴女が思っている以上に

”オレを認めてほしい!”

と思っています。

 

 

 

まるで

縄跳びが飛べるようになった5歳の男の子が

「ねぇ~! 見てみて!」とアピールするのと一緒(笑)。

 

 

 

旦那としては

せっかく家族のためにやったのに!

と思っていて

 

 

 

それなのに
喜んでもらえない。

 

 

「ありがとう」と言われない。

 

 

「当たり前」と思われてる、

 

 

という時点で、

テンションがダダ下がりになってしまう

ということ。

 

 

 

 

そこには旦那の

せっかくしてやったのに!  ←「してやったのに」という所が上から目線。

思う気持ちが見え隠れしています。

 

 

 

それが単にスネるだけならいいのですが、

そこからさらにテンションが下がると

 

 

家族(貴女)のために

“頑張れない状態”

になってしまうということもあります。

 

 

頑張るエネルギーが

すごく欠けてしまうわけです。

 

 

 

たいていの旦那は

承認欲求の強いので

 

貴女から

 

認められなかった

 

否定された

 

受け入れてもらえなかった、

 

というときには

 

頑張るエネルギーがなくなってしまう

ということが

あるわけです。

 

 

 

=====================
なぜスネ夫はいつまでもスネているのか?
=====================

 

最後に。

 

3つめの

夫婦ケンカになってしまった場合、

旦那が貴女に対して怒ったなど

旦那側の怒りが継続している場合について。

 

 

 

まず前置きですが

オトコだけでなく基本的に人間の怒りは、

長時間持続しません。

 

 

なぜなら「怒り」というのは

瞬間的な感情だから。

 

 

 

 

原始時代のような古い時代。

 

ほとんど本能に近い状態で生きていた人類にとって

周りにいる外敵から襲われることは

自分や

自分の家族の生命の危険に及びます。

 

 

そういう時にアドレナリンがババッと分泌されて

瞬間的に攻撃に転じる。

 

 

 

それが現代人の「怒り」と同じなわけです。

 

 

 

なので例えば

旦那が貴女に対して

その瞬間は「ムカッ!」となったり、

「カッ!」となったりしたとしても

 

 

その「怒り」は

本当は持続しないんです。

 

 

 

でも。

スネ夫がいつまでもイライラしたり、

ダークな雰囲気を醸し出したり

しているのは

 

 

「怒り」が「恨み」に変化したか

 

 

旦那自身がその時の怒りをくすぶらせて

“反芻” させているかのどちらかです。

 

 

まるで牛が一度食べたものを胃から戻すように

“反芻” させているわけです。

 

 

 

そうした反芻によって

「スネ」がさらに進むと

気持ちが「ヒネくれ」てしまいます。

 

 

 

すると

 

どうせオレなんて…!」とか

ふん!いいよ!どうせよ!」とか、

オレのことなんて、どうせ理解してもらえない

という

状態になってしまうというわけです。

 

 

 

そして

サイアクの場合、

「どうせオレとあいつは分かり合えない」→「だから離婚しよう」

というところまで

考えが進むこともあります。

 

 

 

なので、ちょっとめんどくさいですが、

普段から旦那をスネさせない工夫は必要やと思います。

 

 

日常的に

旦那を「見てあげる」=褒めて認める

ということくらいは

してあげた方がいいかもしれません。

 

 

 

 

================
旦那がもしスネ夫」になったら。
================

 

 

 

そういう風に日常の中で工夫していても

旦那が「スネ夫」になることはあります。

 

 

だって、貴女も無意識に話したコトバが

まさかスネ夫のスイッチを押すことになる

とは思いませんしね。

 

 

 

でももし

旦那が「スネ夫」になってしまったとしたら。

 

 

あまり顔色を見ない方がいいです。

 

様子をうかがわない方がいいです。

 

 

 

どうしても

旦那がスネ夫状態におちいっていると

気になってしまうと思います。

 

 

でも、いちいち旦那の機嫌の良しあしを

気にしたり

顔色をうかがってしまったりすると

貴女自身が精神的に疲れてきます。

 

 

でも一度「スネ夫」になってしまった旦那が

回復するには

”それなりの”

時間が必要です。

 

 

 

なので

顔色を見ない。

様子をうかがわない。

 

 

ふつーに自然に

子ども達と楽しく過ごしてください。

 

 

 

次に大事なことは

旦那がスネているのは「旦那の問題」だということ。

 

 

最初の原因がもし貴女だった

としても

それをくすぶり続けて

させているのは「旦那」だから。

 

 

くすぶり続けていること自体は

貴女のせいではありません。

 

 

 

だから

旦那の問題に足を突っ込まずに

 

「旦那は旦那、わたしはわたし」

「これは旦那の問題だからわたしの問題じゃない」

 

と思うということ。

 

 

 

旦那がスネ夫状態だったとしても

あなたは自分のペースで過ごす

ということ。

 

 

 

貴女が旦那のことを

”気にすれば気にするほど”

自分に「軸」がない状態になります。

 

 

まさに「他人軸」の状態ですね。

 

 

 

そうじゃなく

 

 

先ほどお話ししたように

顔色を見たり

様子をうかがったり

しないで過ごすということ。

 

 

相手を必要以上に気にせず、

「これは旦那の問題

だからわたしの問題じゃないわ」

と思ってください。

 

 

 

そうして

自分に「軸」を戻して生活していってくださいね。

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき

 

 

■佐藤えいきのブログはリンクフリーです^^

 

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料】 
ここでは言えないもっと濃すぎお話こちら【有料】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー スネ夫・スネ子について



こんにちは。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

==================
あなたが見ている世界=夫の姿 ?
==================

 

今日のお話しは

ちょっと

スピリチュアルっぽいかもです…。

 

 

でも

 

“こんな風にとらえてみたら?”

 

旦那のことも

子どものことも

姑との関係もママ友との関係も

 

“ちょっと違って見えるよ”

 

というお話しです。

 

 

まず僕がカウンセリングでお話した

あるクライアントさんの話し。

 

 

その女性は

夫がいつも上から目線で命令口調なのに

嫌気がしていました。

 

夫は毎日、子どもにも

命令したり指示したりします。

 

そして

自分の意に沿わないと大きな声で怒鳴ります。

その女性は

それがたまらなくイヤでした。

 

 

でも。

私たちが見ている世界・見えている世界は

 

“自分がそう思っている世界”

 

 

 

 

「世界はこうだ!」と思っているから

そう見えている。

 

 

「世界はこんなものだ」と思っているから、

 

そういうことが起きると

考えることができます。

 

 

 

その女性にとって

今まで旦那は

 

「夫はいつも大声で自分の言うことを聞かせる人」

 

「自分の思い通りにならないと不快になる人」

 

「わたしのことも、子どものこともコントロールしたいんだ」

 

と思っている存在でした。

 

 

でも

カウンセリングで

とらえ方・見方を変えるトレーニングをした

あとに

 

そういえば夫は口うるさいけど、いつも

 わたしや家族のために遅くまで仕事をしてくれている

 

長男がどんな大学に行ってもいいように

 毎月、学費を貯蓄してくれている

 

そういえば私の誕生日には、ぶっきらぼうに渡すだけだけど

 ちゃんと花束とケーキを買ってきてくれる

ということに気づいたのです。

 

 

 

気づいたことで

これまで

 

「口やかましい、上から目線の夫だ」と

思っていた

 

”はずの”

 

夫は

 

【実は家族思いの部分もとてもある人だった】

 

【あれこれ言葉を言うのは

 長男や自分のために言ってくれていたんだ】

 

【家族のために朝早くから夜遅くまで

 働いてくれている】

 

という存在に変わったんです。

 

 

そう思ったとき

その女性は初めて夫のことを

「力強い、頼もしい、家族思いの人だ」

と思えたそうです。

 

 

 

================
貴女を取り巻く「世界観」とは?
================

 

こうした

「自分が世界をどう見ているか?」

 

「自分が周りをどう感じているか?」

ということを

 

 

【世界観】と言います。

 

 

 

 

人間は不思議と

 

“それを”

 

自分がとらえている通りに見ています。

 

 

 

そしてその起きる物事から見ても

自分にとって

 

 

“そうであるように”

 

 

起きたり

もたらされたりします。

 

 

 

そう。

 

【世界観】というのは

「自分が何を信じているか?」と

いうことにつながるから。

 

 

 

実は、貴女がみている

旦那の姿も

お子さんの姿も

 

「あなたが見たい部分を見ている可能性がある」

 

ということです。

 

 

 

実際、

 

海には満ち引きがありますが

海の水の量は変わりません。

 

 

 

 

太陽もモトの大きさは同じでも

朝日と昼間のときと夕陽のときで違って見えます。

が、太陽そのものは同じ大きさです。

 

 

 

 

季節ごとに花を咲かせる木々も、

冬は花をつけてなくて枝だけだったとしても

ちゃんと地面から養分を吸収して、

春には美しい花を咲かせますよね…。

 

 

 

 

そんな風に

私たちの世界は実は

 

 

「見えている世界だけで

 成り立っているわけではない」

ということ。

 

 

 

むしろ

「見えていない部分の世界から成り立っている」

ということ。

 

 

 

だから旦那のことも

目の前の出来事=表面的なこと

 

 

 

”だけでなく”

 

 

 

見えていない内面=本質的なこと

を観ることが

大事だったりします。

 

 

 

==========
幸せの基準は何?
==========

 

僕はカウンセリングの中で

クライアントさんに

これから、どうなりたいですか?

どういう風になっていきたいですか?

と聞くことがあります。

 

 

 

すると何人かのクライアントさんは

「幸せになりたいです」

と答えてくれます。

 

 

 

 

でも。

 

幸せって、実はすごくあいまいです。

 

 

 

 

「お金があれば幸せ」という人もいるし、

 

 

 

「マイホームがあると幸せ」という人もいるし

 

 

 

「子どもが健康で元気なら幸せ」という人もいるし、

 

 

 

「夫とテレビ観ながら話しができたら幸せ」

という人もいるからです。

 

 

 

でも。

 

「お金がある」も

「マイホーム」も、

 

ここに例として挙げた「幸せ」というのは

“外の基準”です。

 

 

 

つまり

 

それがなくなってしまうと

とたんに

不幸になる可能性が「大!」。

 

 

だから

 

お金がなくなることに不安が出てきますし、

 

 

マイホームではなく賃貸に住んでいる人は

「みんな不幸」ということになってしまうし、

 

 

子どもが不登校だと不幸せという

ことになってしまうことになるし、

 

 

夫と話しができていない状況を

「わたしって不幸!」という風に思ってしまいます。

 

 

 

そうではなく

 

「いまあるもの」に感謝したり

ありがたみを感じることで

割とカンタンに「幸せ」になれます。

 

 

あたりまえにそれがあることが

ありがたい=有難い

ですしね。

 

 

「有ることが難しい」から

ありがたいんですよね。

 

 

お子さんが健康なこと=有難い。

 

 

旦那が毎日、稼いできてくれること=有難い。

 

 

電気・ガス・水道が通っている=有難い。

 

 

自分が健康で仕事ができること=有難い。

 

 

毎日、暖かい布団で眠れること=有難い。

 

みたいな感じです。

 

 

なんだか

「あたりまえのことにありがたいなぁ!」

と思っていると

ホントに幸せな気持ちになれます。

 

 

 

なので。

 

 

もしできるなら

「ない」ではなく「ある」に

目を向けてみるといいかもしれません。

 

 

 

「ない」ではなく「ある」に

フォーカスすると

あなたは

「幸せな人」の仲間入りが

できるはずです^^

 

 

 

 

====================

====================

 

 

子どもが元気に過ごしてくれることが

ありがたい。

 

夫が毎日、仕事をして

月お給料を入れてくれることが

ありがたい。

 

衣・食・住が足りていて

あたたかい部屋で過ごせたり

温かい布団で眠れることが

ありがたい。

 

 

 

そう考えると、

意外と「幸せ」って

あちこちに転がっているのかもしれません。

 

 

 

冒頭のプロローグで

お金のお話しをしましたけど、

 

 

年収が1000万あっても「幸せではない」人も

たくさんいます。

 

 

逆に年収が300万円代だったとしても

家族で仲良くて

「幸せだなぁ」と感じている人も

たくさんいます。

 

 

 

だから。

 

 

実はあなたが「幸せ」を感じるのには

 

お金のある・なし も

子どもがいる・いない も

健康・不健康 も

年齢が若いかそうでないか も

 

実は関係ないのかもしれません。

 

 

 

じゃあ

「何が関係あるの?

「何が大事なの?」というと

 

 

やっぱりそこは

 

あなたの意識が

【どこに向いているか?】です。

 

 

もちろん旦那との関係性や

旦那の性格で悩んでいるあなたにとっては

「夫のこと」が第一の悩みかもしれません。

 

 

でも。

24時間、365日、

ずっーーと朝から晩まで

夫のことを考え続けることはないですよね。。。

 

 

 

毎日の中で、当然

「楽しいこと」もあるし

「うれしいこと」もあるし、

「久しぶりに夫が優しいとき」だってあるし

「感動すること」もあるわけです。

 

 

 

 

 

だったら。

 

 

だったら、

夫のことももちろん考えるけれど

 

 

貴女自身も

その視点・見方・感じ方・とらえ方を

少し変えるだけで

グッ!と世界が変わったりします。

 

 

 

そんな風に

あなたの意識を【どこに向けているか?】に

フォーカスしてみてくださいね。

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料】 
ここで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料】
LINE@で個別にやりとり+お得情報ゲット!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類


次のページ »