【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!

夫の自己中・だらしない・コドモ・に 関係なく
自分らしく輝いて生きる貴女の講座・カウンセリング


名古屋テレビ「ドデスカ!」に出演しました
テレビ2

■名古屋テレビ「ドデスカ!」に家族専門カウンセラー
として出演




海外在住の日本人向け雑誌「CHEERS」に

特集記事が掲載されました
チアーズ表紙 チアーズ掲載

■雑誌「Cheers」に “夫婦円満” の特集として掲載



【実際の講座・セミナーの様子】


セミナ5 ハグ セミナーの様子2
セミナー④ セミナー集合写真
セミナ2 講座終了


■体験カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック (※体験カウンセリング割引価格) ■通常カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック  



こんにちは。

自己中・オレ様夫
スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

 

男性なのに男性の心理を
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

 

人のこころって

 

常に同じ状態には、ないです。

 

 

 

機嫌がいいときもあるし、

悪いときもある。

 

 

テンションが高いときもあるし、

テンションが低いときもある。

 

 

貴女も旦那に対して

とても好きだし大切にしたい

と思うこともあれば

 

 

めっちゃムカつく!

そばに寄らないで。

 

というときもあるでしょう。

 

 

 

旦那もまた、

貴女に対して

 

こいつをゼッタイに大事にするぞ!

オレが幸せにするぞ

と思ってた時期があったわけです。

(新婚当初は)

 

 

 

でも

うるさいなぁ、ムカつくなぁ!

という、腹立たしい状態で

ラブな気持ちからほど遠い状態になったり

 

 

もういいよ!

もうどうでもいいさ!

とスネ夫状態になっていて

気持ちが覚めた状態になることも

あるわけです…。

 

 

 

多くの女性は、たとえ一時的に

旦那ムカつく!

と思っていた

としても

 

よほど旦那に浮気された、とか

長年、ウソをつかれた とか

いうことがない限り、

 

 

やっぱりこの人と一緒に頑張っていきたい

 

最後まで添い遂げたい

 

と思う場合が多いです。

 

 

 

 

つまり

それだけ

 

一度、愛した相手とは

“なるべく一緒にいたい”

という意識が働くのですね。

 

 

 

 

じゃあ男性はどうか?

というと

 

多くの男性の場合、

 

 

仮に奥さんとケンカした、

 

例えば奥さんに自分の携帯を見られた、

 

奥さんに自分の大事にしているものを壊された、

 

というようなことがあると

 

 

自分の奥さんでありながら

“自分の敵”

みたいな感覚になってしまうので

 

 

あの時の優しさはどこにいったの?

 

あの時はあんなに色々、してくれたのに

 

ということがウソみたいに

 

貴女に対して

敵意というか、

攻撃というような

態度になってしまいます。

 

 

 

 

冷たい雰囲気、

 

硬い表情、

 

笑わない、

 

会話をしない

 

目を合わせない

 

といったような

 

お店が店のシャッターを閉めたかのような

状態になってしまうわけです。

 

 

 

 

なぜかというと男性の場合、

 

仕事も趣味も人間関係も

 

 

自分がどれだけアイツよりできるオトコか?

 

 

相手と比べて自分の方が優れているかどうか?

 

 

その空間・組織の中で

自分の位置はどのくらいのランクなのか?

 

 

という視点で活動しているから。

 

 

 

なので

相手が自分より“劣っている”と判断すると

相手をマウンティングするし

 

 

相手の方が実力も能力も知識も上だ!と思うと

 

 

遠慮したり

へりくだったり

するという態度になります。

 

 

 

 

なぜなら

多くのオトコが

 

“上下関係の世界”

 

で生きてるから。

 

 

 

 

そしてオトコは

基本的に女性の部分=パーツ

を好きになるので

 

嫁さんの顔が好みだ

 

性格が自分に合っている

 

胸がおおきくて好きだ
(あるいは小さくて好きだ)

 

おしりが好きだ、

 

声が好きだ、

 

などなど

好きになるポイントが

部分あるいは部分の集合という

とてもかたよっている状態の場合が多いです。

 

 

部分的なことについてはこちら▼でも。

https://ameblo.jp/fuf-happy-enman/entry-12399559339.html

 

 

 

そこからようやく

 

性格や人柄がいい、

 

一緒にいて楽しい

 

話しや価値観が近い・または似ている

 

というところへ及ぶんです。

 

 

 

 

 

女性の貴女も

 

男性のパーツが好きになる

という場合が

あるかもしれないですが、

 

 

たいていは

旦那の頼もしさ・たくましさ、

 

優しさ

 

経済力、

 

知識や能力、

 

社会的な地位や職業

 

など

自分を守ってくれるかどうか?や

性格的なこと・人間性など、

が判断の材料になります。

 

 

 

そしてもし逆に

 

旦那による裏切り

浮気や不倫、

パワハラやモラハラ、

ギャンブルやうまくいかなかった投資の
お金の失敗

 

などがあった場合、

 

 

相手への恨みつらみよりは

 

自分を責めたり

 

自分の何が足りなかったのかな
という反省をしたり

 

という、意識が「自分に向く」場合が多いです。

 

 

(もちろん旦那に対して
不信や不満や怒りのエネルギーを吐き出すこともありますが)

 

 

 

それは、

 

男性が感情よりも理性で物事を考えたり

理性で考えるときもロジックが先行したり

する

 

のに対して”、

 

女性が感情や思いを優先するから。

 

 

 

よくオトコは女性のことを

「女性は感情の起伏が大きくてイヤだ」と

思う傾向が多いのですが

 

 

それだけ

重要視するものが違う

ということ。

 

 

だって女性自身は
自分が感情的だ、とは思ってないですから。

 

 

 

 

じゃあ

貴女が旦那を求める

旦那が貴女を求める、

という

 

夫婦でいること=一緒にいること

の価値は「何?」ということです。

 

 

貴女にとっては

 

男性の経済力、

 

男性の包容力、

 

価値観が合っているかどうか、

 

頼もしさや優しさ、

 

などですかね?

 

 

この場合、多くの女性が

男性を判断するときに

 

“自分にとってメリットがあるかどうか?”

判断している可能性が「大」ということ。

 

 

 

 

男性の場合は

 

自分にとって顔が好み

 

性格が合っている

 

胸がおおきくて(あるいは小さくて)好き。

 

おしりが好き

 

声が好き

 

などの部分=パーツ

とともに(つまりそこからようやく)

 

性格や人柄がいい、

 

価値観が合う

に向かっていくことが多いです。

 

 

 

でも。

 

これからもパートナーと「何年間もずっと過ごす」

ということは

 

上記のような自分にとってのメリット

ルックスや若さ・美しさ

 

“だけを”

 

考えて一緒にいるというのは難しいです。

 

 

若いうちや

お付き合いだけなら

それでいいかもしれないですが

 

 

経済力や包容力といった、

“自分にとってのメリット”

より

心が通い合うか? の方が大切。

 

 

 

例えばもし仮に

互いの意見が違ったとしても

 

そのすり合わせができるかどうか。

 

 

いざという時に

旦那が自分を犠牲にしても

貴女を子どもを守ってくれるかどうか。

 

 

つまり

それだけの許容量と力強さとを

兼ね備えているかどうか?

が大事かと思うんです。

 

 

だから

パートナーと一緒にいる価値は

自分にとってのメリット

“でもなく”、

 

 

パートナーの若さや美しさ

“でもなく”、

 

 

優しさや思いやり、あたたかさ、

貴女をいつまでも守ってくれたり

引っ張ってくれたり

 

というところに

あるんじゃないかな、と思います。

 

 

そう考えると

貴女が年をとっても

手を繋いで買い物にいけるような二人、

美味しいコーヒーやお茶を飲めるような二人

になるには

心と心の結びつきが大事なります。

 

 

それは

一朝一夕ではムリ。

 

 

少しずつ、少しずつの積み重ねで

創っていくしかないです。

 

一日に一枚、枚数を増やしていくと

辞書のように

広辞苑のように

分厚くなるように、

一日ずつ増やしていくしかないです。

 

 

 

年をとっても手をつないで歩く2人になる…。

 

そんな素敵なお年寄りに

なるために

積み重ねていきましょ^^

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー 

サトウエイキ

 

サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

 

許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

少しずつ夫婦関係を変えたい!
という貴女はこちらをクリック【無料】 
ここでは言えないもっと濃すぎお話 こちら【セミナー級の内容】
すぐにでも何とかしたい!という貴女は
LINEでお友達追加→
こちらをクリック
カテゴリー 未分類



こんにちは。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

 

 

 

GWのお出かけを例にしましたが

よほど緊迫した状態の夫婦

 

ではない限り、

 

 

「離婚話」が出るような切羽詰まった状態や

旦那が浮気状態で家にあまりいない状態

 

ではない限り、

 

 

旦那は

GWとか子ども達の長期の休みなどがあれば

 

一応、

家族のために何かを企画したり

 

どこかへのお出かけを企画したり

 

すると思います。

 

 

 

 

そうした企画は

旦那なりの家族の愛情でもあるし

 

 

普段、仕事ばかりで家にいないから

休みの時くらいは

家族をどこかに連れてってやろうかな

 

という配慮でもありんす。

 

 

 

それは旦那

”なりの”

「家族のために何かをしてやりたい」

という思い。

 

 

 

 

旦那が

 

“健全な状態”  ←旦那がスネ夫にも自己中にもなってない状態

 

であれば、

 

そうした配慮や愛情は自然と浮かんできます。

 

 

 

 

なので

そうした企画を旦那がしている際は

(貴女の希望や要望は伝えてOKですが)

 

 

基本的には

旦那が企画したことに

 

“乗ってあげる”  

 

ことをオススメします^^

 

 

 

 

この“乗ってあげる” というのは

どういうことか?というと

 

 

要は「ルパン三世」の

峰不二子のような

 

しかたないから

あなたがすることに乗ってあげるわ!

という状態です。

 

 

 

でももしかしたら

こんな、上から目線な態度、取れないわ…!

と思う貴女も

いるかもしれません。

 

 

 

 

もちろん、わざと

上から目線なふるまいをする必要や

上から目線な言葉や態度を

ことさらにする必要はなく、

 

 

 

 

“「しかたないから乗ってあげるわ」という気持ちでいる”

 

ということです。

 

 

 

 

要は旦那が貴女や家族のために

してくれること

企画してくれること

に対して

 

 

「せっかく頑張ってくれてるんだから、乗ってあげる!」

 

 

「私のために頑張ってくれてるのね、じゃあ乗ってあげる!」

 

 

みたいな感じで

 

受け入れるということ。

 

 

 

なんて言うんですかね、

貴女のために尽くしてくれる旦那を微笑ましく見守る

くらいの気持ちでいる、ということです。

 

 

 

それによって

旦那は貴女のために

 

いろいろな

サプライズやお出かけを

企画してくれるようになりますよ^^

 

 

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変えたい!貴女こちら
ここで言ない深すぎ夫の心理こちら
すぐにでも何とかしたい貴女!はLINE
LINEでお友達追加こちら
カテゴリー 夫婦のコミュニケーション



こんにちは。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに男性の心理を

バンバン隠さずお話ししてしまう

ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

先日ね。

ある女性クライアントさんとのお話の中で
こんな言葉を言ってくれた女性がいたんです。

 

 

 

夫と別れなくないです。できれば夫婦仲良く暮らしたい…。

 

 

 

分かります。

その気持ち、当然ですよね。

 

すごく分かります。

 

 

 

実際、そういう女性は

当たり前ですが多いです。

 

 

 

またそれと同時に

「離婚したら一人でやっていけるのか不安です」

という女性多いです。

 

 

 

そう。

 

“離婚”  の二文字を多くの女性が

こわがっていたり

不安に思っていたり

してます。

 

 

きっと

“離婚”  の二文字を

こわい とか

不安だとか

思う理由は

次のような感じかなと思います。

 

 

 

 

(1)離婚後に一人で子どもを育てていけるかなどの経済的な不安。

 

 

 

 

(2)パートナーがいなくなることへの不安。

 

 

 

 

(3)これまで頑張ってきたことが崩れることへのがっかり

 

 

とまぁ

こんな感じです。

 

 

 

で。

 

で、ここで一つの疑問は

「離婚って本当にこわいことなのか?」

ということ。

 

 

 

 

 

よく

シングルマザーは大変だ、

と言われているし、

 

テレビなどで

シングルマザーを特集する番組を観ると

ママ達が悪戦苦闘して

「それでも頑張ってます!」みたいな雰囲気も

あったりしてるし

 

 

 

だから、そういう

苦労する…。

大変だ…。

というイメージでみているから

 

離婚はイヤだな

シングルマザーってイヤだな

思うと思うんですが

 

 

 

果たしてそれはホントなの?

ということなんです。

 

 

 

テレビは

得てして

 

テレビ局の番組サイド

「こういう風に報道したい」という意図が

裏にあったりします。

 

 

シングルマザーは“かわいそうな存在”として取り上げたい。

 

 

苦労している女性への「大変よね」という同情を手に入れたい。

 

 

子ども達を撮影しながら

“そういうことがあってもたくましく生きている”と

いうように見せたい。

 

 

という感じ。

 

 

 

 

つまり

 

“本当は違うかもしれない”

 

ということ。

 

 

 

 

 

シングルマザーは貧乏なイメージ

 

 

シングルマザーは苦労していて大変なイメージ

 

 

シングルマザーは

メイクも髪のセットもできなくて

超適当なイメージ

 

 

シングルマザーだとお父さんがいないから

子ども達のしつけ・教育が行き届いていないイメージ

 

 

 

そう。

 

上記に当てはまらない女性も

たくさんいるんですわ。

 

 

 

 

 

だからそれが

本当だとは限らない。。。

 

 

 

 

むしろ

そうではなく

 

自分らしく子ども達とワハハ!と笑って

楽しく暮らしている女性もいるし

 

 

 

シングルであっても

そこそこお金を稼いで頑張っている女性も

います。

 

 

 

つまり 結構、僕たちって

テレビやマスコミの情報に割と振り回されている、

ということ。

 

 

 

だから、

そういうサングラスを

一度はずしてみるのもいいかもしれない。

 

 

 

僕たち

思い込みというサングラス

無意識にかけてしまうことがあるから。

 

 

 

サングラスをかけると

世界が茶色やダークがかって見えるように

 

 

ぼく達も

色の入った世界=思い込み

で見ている可能性が大。

 

 

 

 

 

例えば。

ミランダ・カーという、

すごく美人なモデルを知ってますよね?

 


この方。

 

 

 

 

最近だとウーロン茶のCMに起用されている、

美人+スタイル抜群のモデルさんです。

 

 

もともとミランダ・カーは

シングルマザーだった、

ということは知ってますか?

 

 

 

え?そうなの?

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

で、現在は年下の大富豪と結婚しています。

 

 

シングルマザーといっても

いろいろでしょ?

 

 

 

 

 

 

だから

“シングルマザーは貧乏になる”  

 

 

“シングルマザーでは子育ては難しい” 

 

 

“シングルマザーは苦労している”  

 

 

 

本当ではないです。

 

 

 

もちろん

夫婦で子どもを育てるよりは

少し大変かもしれない。

 

 

 

夫婦 2馬力で家庭を営むよりは

苦労があるかもしれない。

 

 

 

 

でもそれは

 

“みんながみんながそう ではない”

 

ということもがあるわけ。

 

 

 

 

今回はたまたま

“離婚” に不安を持っているクライアントさんとの会話

元になっているだけで

 

 

「離婚した方がいい」とか

「離婚はするな」というメッセージでは

もちろんありませぬ^^

 

 

 

 

ただ

 

もし貴女に思い込みがあったとしたら

それは払しょくできるよ!

ということ。

 

 

 

実は不安や心配は

貴女のアタマの中が作り出しています。

 

 

 

貴女も知っての通り

 

“不安も心配も

まだ起きていないこと” 

 

 

 

でも、まだ起きていないこと

 

“なのに”

 

それを気にしてしまうんです。

 

 

 

気にして → 気にしすぎて → 不安・心配になる

みたいな。

 

 

 

まだ起きていないことを

貴女のアタマが想像しているだけ、

だったりします。

 

 

 

 

それと同時に。

 

 

 

 

それと同時に、

 

貴女が旦那に対して

思いを巡らしていること

すべてが真実ではありませぬ。

 

 

 

 

もしかしたら

貴女がアタマの中で作り出していることも

含まれている可能性「大!」なわけです。

 

 

 

そう考えると旦那に対して

誤解が生まれている可能性もあるし

 

 

 

旦那に対しての心配や不安も

本当じゃない可能性もあるわけです。

 

 

 

 

だから

「それってホントかな?」と

疑ってみることをおススメします。

 

 

 

 

自分が勝手に作り出したものかもしれないなぁ!

と思ってみる、

 

ということです。

 

 

 

 

人は多くの場合

 

自分で+勝手に+妄想

 

を作り出していることが多いから。

 

 

 

夫婦の間でも

そういうこと、多いでっせ^^

 

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

少しずつ夫婦関係を変えたい!貴女はこちらをクリック
ここでは言えないもっと濃すぎお話 こちら【セミナー級の内容】
すぐにでも何とかしたい!という貴女は
LINEでお友達追加→
こちら
カテゴリー 未分類



こんにちは。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

 

男性なのに男性の心理を

バンバン隠さずお話ししてしまう

ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

結婚前は

おそらく貴女も

 

この男性と結婚したら
 きっと幸せになれるんじゃないかな

 

というふうに思ってた、
と思うんです。

 

 

 

でも実際、結婚してみたら

 

 

“そうではなかった…。”

 

 

“あれ? おかしい…。”

 

 

“こんなはずじゃなかったのに”

 

と思うこと、ないですか。

 

 

 

 

旦那が自己中でワガママで…。

とか

 

 

 

旦那が三カ月も口を利いてくれなくて

スネ夫状態です…。

とか

 

 

 

旦那に浮気の疑いがあった or 実際に浮気してた

とか。

 

 

 

確かに平穏なときも

楽しいときもあったけれど

ここ数年は旦那のことで

いろいろなことが起きたよ…。

 

 

という貴女も

いるかもしれない。

 

 

 

でも。

 

旦那の浮気もスネ夫も

もしかしたら

オレ様ジャイアン夫でさえも

 

 

旦那だけのせいではなく

 

“貴女のこころにあるもの”が現実に反映された

としたら

どうでしょう??

 

 

 

 

 

つまり

内面にあるものが外側の世界=現実

に表出する

という場合ね。

 

 

 

 

 

じゃあその

内側にあるものって何?

ということやけど

 

 

 

まず根っこにあるのは

貴女が

自分に対してどういう評価なのか?

 

どういう自己価値を持っているか?

 

ということ。

 

 

 

たとえば

どうせ私なんて、かわいくないし

と思ってしまう。

 

 

わたし、あまり料理が上手じゃないし

と思ってしまう。

 

 

わたし、ダメだなぁ

と思ってしまう。

 

 

メイクをしても「イケてないなぁ、わたし

と思ってしまう。

 

 

 

そういう

自分に対するダメ出しによって

 

自己価値を低くしてしまう…。

 

 

または

自己価値が低くてダメ出しをしてしまう、

 

ということが

結構、あるかもしれない。

 

 

 

つまり自分に価値があるのか?という、

「自己価値」が高いか・低いか?が結構、大事です。

 

 

 

 

 

なぜかというと

冒頭で言ったような

 

 

夫婦関係の「問題」は

貴女の自己価値が創り出している可能性、大!

だから。

 

 

 

 

こんな話をすると

ちょっとスピリチュアルな感じがするかも

ですけど

 

 

やっぱり人は

 

「自分がなりたい自分」

 

になっていると思うのです。

 

 

 

ちょっと衣装や化粧が派手なおば様も

 

肩をいからせてガニ股で歩く男性も

 

近所の迷惑を顧みずに爆音で走るバイク小僧も、

 

 

彼らは

 

“そうなりたい”

“そうなることを望んでいる”

から

そうなっているからです。

 

 

 

もちろん

年収がそれなりにあって

豊かな生活をしている人も

 

若い時に一生懸命働いて、いまは

夫婦でのんびりゆったり過ごしている老夫婦も

 

 

ボランティア活動や社会貢献して

お金はないけど心は豊かに過ごしている人も

 

 

地域の子ども達のためにスポ少のコーチを

引き受けている人も

 

 

やっぱり

 

“そうなりたい”から

そういう姿になっている…。

 

ということ。

 

 

 

 

 

つまり

 

“そうなる”

 

をもたらしているのは

 

自分はどういう人間か?

 

自分はどういう価値観を持っているか?

 

そして自分の自己価値。

 

 

 

 

だから

 

“貴女の内面にあるもの”

を見つめるのは

めっちゃ大事なわけですね。

 

 

 

 

とくに夫婦関係の場合、

 

“夫婦はかがみ”なので

 

貴女の内面の中にあるもの

外側=旦那の行動・思考・感情に出てきます。

 

 

 

例えば

ウチの旦那はいつも言葉がキツくて

 物事に批判的なのよね

と思っていたとします。

 

 

すると

たとえばですけど

 

貴女“も” 子どもに対して

知らず知らずのうちに

キツイ言い方をしてしまっている、

 

ふいに相手に対して

攻撃するような言葉を使ってしまっている

 

ということがあったりする

かもしれません。

 

 

 

つまり

 

貴女の中にあるものを

旦那“も”持っている、

 

 

貴女の中にあるものを

旦那が“かがみ”として見せてくれている

ということ。

 

 

 

 

だから

旦那は「かがみ」なわけです。

 

 

まるでかがみのように

貴女のこころの中にあるモノを

映し出して

 

 

貴女に見せてくれているというワケです。

 

 

 

 

例えば貴女がメイクをするときは

どんなに頑張っても

かがみを使わずにメイクをすることは不可能です。

 

 

かがみで自分の肌の調子や目や鼻や唇を

確認するから

メイクによって、よりステキに変身できますね。

 

 

 

つまり

 

貴女のこころの中にあるもの

旦那というかがみが見せてくれている

ということ。

 

 

 

 

 

もし旦那が

“かがみ”なのだとしたら、

 

旦那という存在は

貴女の内面にある、自分で気づけないモノを

気づかせてくれる「かがみ」。

 

 

だとしたら

 

旦那が見せてくれるあらゆる行動や出来事は

貴女自身を知る“手がかり”になります。

 

貴女が

 

旦那に振り回されないようになりたい

 

旦那ともっと仲良くなりたい

 

旦那ともっと分かり合いたい

 

自分自身をレベルアップさせたい、

 

と思うとき

 

旦那という「かがみ」を

自分のために使えばいいというわけです。

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変えたい!という貴女はこちら【無料】 
ここ言えないもっと濃すぎお話 こちら【セミナー級の内容】
すぐにでも何とかしたい!という貴女はLINEでお友達追加→こちら
カテゴリー 未分類



こんにちは

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

貴女の夫がもし「威張る人」だったなら。

 

 

そこには、オトコの世界が

上下関係であふれてる、ということも

理由としてありまする。。。

 

 

 

たとえば貴女が旦那を連れて

貴女の親戚の集まりに行ったとします。

 

 

すると

オトコ=旦那

は、その親戚のお家に集まる人たちの中で

 

 

誰がその場で最も力を持つのか?

 

自分はその空間の中で
どのくらいの位置をキープできるのか

そこにいる人々の
会話や立ち振る舞いから瞬時に判断します。

 

 

だから

この叔父さんはこの家の権力者だ
とか

この男よりもオレの方が上だ

とか

いうようなことを一瞬で判断し

 

それに見合った会話をしたり

相手に合わせて態度を変えたり

するわけです。                        ← なんだか嫌な奴に見えますね。

 

 

 

 

これまで日本人は

明治→大正→昭和 の時代の中で

 

 

女性が家庭を守る・子育てをする

オトコが社会で・外で働いてくる

という関係性を築いてたけど

 

 

オトコ=旦那

 

基本的に社会で生きていることが多く

 

 

例えば会社で言うと

 

誰が社長(ボス)で、

誰が部長で

誰が課長で

誰が係長で

誰がチーフだ、

 

という世界で生きているので

 

そうした「上下関係」には

 

敏感に反応し

対応する傾向があるわけです。

 

 

ちなみに

オレ様な旦那の場合は

そうした

「上下関係」

を家庭にも持ち込みます。

 

 

 

つまり、

オレの方が偉い!

オレの方が強い!

オレの方がすばらしい!

 

という思いで

発言や行動をとる、ということ。

 

 

 

 

それがコトバに表れるのが

 

オレの言う通りだろ!

 

ほら、オレが正しいだろ?

 

オレの言う通りにしろ

 

オレが稼いできてるんだ

 

ほら見ろ! オマエが間違ってる」

 

というセリフです。

 

 

 

そうした

オレの方が偉い

オレの方が強

オレの方がすばらしい

 

という思いの誇示は

以下のような行動

“にも”

見え隠れしてます…。

 

 

 

 

例えば

やたらと自分の知識や経験を教えたがる。

一見、相手のために教えているように見えるのですが

 

 

“相手をオレの言う通りにさせたい”

“オレはお前より正しい”

 

という気持ちを現わすためだったりします。

 

 

 

 

例えば

その場を仕切ろうとする

何か(イベントでも家族の集まりでもBBQでも)を企画し

それをとどこおりなく実行しようとする。

一見、リーダーシップがあるように見えるけど

(もちろんリーダーシップの賜物だけど)、

 

“その場ではもっともオレが力があるのだ”

“オレは実行力あるだろ!”

 

ということの表現だったりします。

 

 

 

 

例えば

自分の趣味の成果、スポーツをしている旦那なら

スコアや勝ち負けをひけらかす。

“自分の実力を誇示したい”

“オレはこんなに強い”

 

という思いの現れだったりします。

 

 

 

 

例えば

自分の職業やステイタスや収入を

(聞かれてもいないのに)話してくること。

“オレの方が優れている”

“オレの方がステイタスが上だ”

 

ということを

殊更にアピールしているわけですね。

 

 

 

 

例えば

何でも自分一人でやろうとし

誰かに仕事を任せようとしない。

こういう行動は経営者の旦那に多いのですが

“オレは仕事ができる”

“オレは処理能力があるだろ”

 

という意識の誇示だったりします。

 

 

 

 

そう。

 

どの行動もセリフも、

 

結局は

自分の能力や成果やステイタスの誇示

につながっている

 

ということ。

 

 

 

そのために

自分の立ち位置や環境を利用し

自分のすごさ

すばらしさを

 

アピールするわけです。

(本人は無意識(´-ω-`) )

 

 

 

つまり

オトコ=旦那のアタマの中は

単純でシンプル

だということ。

 

 

 

 

 

子育て中の貴女や

子育てを経験した貴女なら

分かると思いますが

 

 

幼稚園児の男の子はたいてい

「ママ! 見てみて!」

「僕の縄跳び、すごいでしょ!」

「わたしのお絵かき、見て!」

 

縄跳びでも

逆上がりでも

絵を描いても

猛烈!自分アピールをしてきますよね(笑)。

 

 

 

または

ちょっとけがをした

具合が悪いというときは

すっごくベタベタしてきて離れようとしない

というときもあります。

 

 

 

 

ええ…。

もう何を言いたいか、分かりますよね(笑)。

 

 

貴女の旦那

そういう5歳の園児と「同じ」ということ。

 

 

 

先ほどお話した

どの行動もセリフも

 

自分の能力や成果やステイタスの誇示をするため

 

であり、

 

 

そのために自分の立ち位置や環境を利用している

というわけです。

 

 

 

それによって

自分のすごさ・すばらしさをアピールをしているのですが、

 

 

それは結局

 

「ママ!見てみて!」

「僕すごいでしょ!」

自分アピールする園児と一緒

というわけです(笑)。

 

 

 

旦那はすでに

“オジサン” の年齢ですが

 

ぶっちゃけて言ってしまうと

園児とやってることは変わらないのです。

 

 

そうと分かれば、旦那をノせるのは簡単ですね(笑)。

 

 

 

旦那が貴女のために何かをしてくれたら、

褒めてあげればいい。

 

 

 

 

旦那が貴女を手伝ったり、優しくしてくれたら

感謝の言葉や態度を示せばいい。

 

 

 

 

 

旦那の頑張りや、

旦那が貴女のために努力したことを(小さい努力でも)

「すごいね」「頑張ったね」

と言えばいいわけです。

 

 

 

もう…、5歳児と一緒やん!

 

ということです(笑)。

 

 

 

今日ありがとうございます。

 

男性・旦那の心理を教える”唯一” の男性カウンセラー

サトウエイキ

 

少しずつ夫婦関係を変えていきたい貴女はこちら
ここでは言ない深すぎお話→こちら
すぐにでも何とかしたい!貴女はLINEでお友達追加→こちら
カテゴリー 未分類


次のページ »