【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!

夫の自己中・だらしない・コドモ・に 関係なく
自分らしく輝いて生きる貴女の講座・カウンセリング


名古屋テレビ「ドデスカ!」に出演しました
テレビ2

■名古屋テレビ「ドデスカ!」に家族専門カウンセラー
として出演




海外在住の日本人向け雑誌「CHEERS」に

特集記事が掲載されました
チアーズ表紙 チアーズ掲載

■雑誌「Cheers」に “夫婦円満” の特集として掲載



【実際の講座・セミナーの様子】


セミナ5 ハグ セミナーの様子2
セミナー④ セミナー集合写真
セミナ2 講座終了


■体験カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック (※体験カウンセリング割引価格) ■通常カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック  



こんにちは、。

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

夫婦関係に

かなり影を落とすような

 

旦那が

口を利かなくなる、

 

旦那が

目を合わせてくれなくなる、

 

 

会話が必要最小限だけ、

という

”スネ夫”

については

 

よくお話ししてるんですけど、

 

 

旦那の悩みとしては

スネ夫

ジャイアン夫

が多いので、

 

 

 

のび太夫

については

あまりお話ししてなかったですね。

 

 

のび太夫は

 

普段は割とおとなしい、
(でもキレると怖い)

とか

 

 

イジられキャラ、

もしくは

イジめられキャラ

とか

 

 

気が弱く

あまり自己主張をしない

とか

 

 

ゲームやネット、

動画など自分の世界に閉じこもりがち

とか

 

 

口では「頑張る!」と言いながら

やっている仕事が続かない、とか

すぐに「仕事を辞めたい」的なことを言う

ような

 

 

 

そんな夫=のび太夫

呼んでいます。

 

 

 

うーん、

これらもダメ夫の一種ですな(笑)。

 

 

 

ここでお話しした

それぞれの特徴があるので

 

一概にコレ!という風に

決めつけることはできないけれど

 

 

要は

「君が言う意見でいいよ」的な、

 

 

 

例えば

貴女が行きたい場所に行く

(自分の意思がない)

というような感じの

 

ちょっと

気持ちが弱い旦那です。

 

 

こういうのび太な旦那の場合、

ジャイアン夫と違って

 

オレはこうなんだよ!的なことを

あまり言わないので

 

 

女友達から

優しそうな旦那でいいね

おっとりしてる感じだよね

貴女の言うことを聞いてくれそうだね

言われることも

多いかもしれない。

 

 

でも。

 

ホントは

ぐいぐい引っ張って欲しい

のに

 

引っ張っていってもらえない

 

子育ても住居も

貴女が主体で旦那はサブ的な、

 

あまり自分を出してくれない

ので

 

 

何を考えているか分からない

ということが

 

きっと貴女にもあるでしょう。

 

 

 

でも。

 

のび太な夫は

仮に気が弱かったとしても

 

イライラすることも

不機嫌になることも

 

もちろんありんす。

 

 

 

なので

そういうとき、

 

奥さん側としては

 

怒ってんのかな…。

 

話しかけずらいな…。

 

わたし、何かしたかな?

妄想がスタートすることに

なり

 

余計に何も言えなくなる、

という負のサイクルに突入しまする。

 

 

 

そうは言っても

のび太旦那は

 

 

コトバとして話しをしないだけで

アタマの中では

いろいろ、いろいろ

思考をグルグルさせてます。

 

 

 

なので

ソトガワだけを見て

あれこれ

思考するのはよろしくない。

 

 

旦那のウチガワも

想像する必要がありんすござりんす。

 

 

 

 

そういうのび太な旦那は

自分から動く、

 

 

自分がイニチアチブをとる

ということが苦手なので

 

 

もし貴女が

夫婦関係を良くしたい!

良くなりたい!

 

と思うのであれば

 

 

自分から

動くしかないです。

 

 

 

そうは言ってもさ…。

旦那が何を考えてるか

分からないのよね…。

という貴女は

僕とお話ししましょう。

 

 

 

旦那の心理、

教えます^^

 

 

 

今日ありがとうございます。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

少しずつ夫婦関係を変えていきたい
貴女はこちらをクリック【無料】 
ここで言ない深すぎすぎるお話こちら【有料】
すぐにでも何とかしたい!貴女はLINEでお友達追加
LINEの登録はこちらをクリック【登録無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫
スネ夫専門の夫婦カウンセラー
サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

夫がやたらと
自分の自慢をしてくる…。

 

たまに夫が家事をすると、
すごく大変なことを「してやったぜ!」的な
アピールをする…。

 

自分の仕事の大変さやしんどさ、
仕事の成果をとにかくしゃべってくる…。

 

ということ

ないですか。

 

 

今日はそんなお話し。

 

 

==========
夫が威張るワケ。
==========

 

オトコの世界は、

上下関係であふれています…。

 

 

例えば

貴女が旦那を連れて、

貴女の親戚の集まりに行ったとします。

 

 

 

すると

 

オトコ=旦那

は、

 

その親戚のお家に集まる人たちの中で

誰がその場で最も力を持つのか?

 

 

自分はその空間の中で

どのくらいの位置をキープできるのか

 

 

そこにいる人々の会話や立ち振る舞いから

瞬時に判断します。

 

 

 

だから

この叔父さんはこの家の権力者だ、とか

この男よりもオレの方が上だ

というようなことを判断し、

 

 

それに見合った会話をしたり

相手に合わせて態度を変えたり

しまする。。。         ←なんだか嫌な奴に見えますね。

 

 

 

これまで日本人は

明治 → 大正 → 昭和の時代の中で

 

 

女性が家庭を守る・子育てをする

 

そして

オトコが社会で・外で働いてくる

 

という関係性を

築いてましたけど、

 

 

オトコ=旦那

は、

基本的に社会で生きていることが多く、

 

 

例えば会社で言うと

 

 

誰が社長(ボス)で、

誰が部長で

誰が課長で

誰が係長で

誰がチーフだ、

 

という世界で生きているので、

 

 

そうした「上下関係」には

敏感に反応し

対応する傾向があるわけです。

 

 

 

 

自己中・オレ様な旦那の場合、

そうした「上下関係」を

家庭にも持ち込みます。

 

 

 

つまり

 

オレの方が偉い!

オレの方が強い!

オレの方がすばらしい!

 

という思いで

発言や行動をとる、ということ。

 

 

 

 

それがコトバに表れるのが

 

オレの言う通りだろ!

 

ほら、オレが正しいだろ?

 

オレが稼いできてるんだ(だからオレの言う通りにしろ)

 

オレの言う通りにしておけばいいんだ

 

というセリフですね。

 

 

こういう旦那のセリフを

聞いたことがあれば、

もう間違いないです(笑)。

 

 

 

 

==================
夫が威張るウラにあるもの。
==================

 

ちなみに

 

そうした

「オレの方が偉い・オレの方が強い・オレの方がすばらしい」

 

 

というような思いの誇示は、

以下のような行動

“にも”

見え隠れしてます…。

 

 

 

例えば

やたらと自分の知識や経験を教えたがる。

 

 

一見、相手のために

教えているように見えますよね。

 

でも

“相手をオレの言う通りにさせたい”

“オレはお前より正しい”

 

という気持ちの現れ

だったりします。

 

 

 

例えば

その場を仕切ろうとする、とか

何か(イベントでも家族の集まりでもBBQでも)を企画し

それをとどこおりなく実行しようとする。

 

 

一見、リーダーシップがあるように見えるのですが
(もちろんリーダーシップの賜物なのですが)、

 

“その場ではもっともオレが力があるのだ”

“オレは実行力あるだろ!”

ということの

”あらわれ”

だったりします。

 

 

 

例えば

自分の趣味の成果、スポーツをしている旦那なら

スコアや勝ち負けをひけらかすようなこと。

 

 

“自分の実力を誇示したい”とか、

“オレはこんなに強い”

という思いの現れ

だったりします。

 

 

 

例えば

自分の職業やステイタスや収入を

(聞かれてもいないのに)話してくること。

 

 ↓

 

“オレの方が優れている”とか

“オレの方がステイタスが上だ”ということを

殊更にアピールしているわけですね。

 

 

 

例えば

何でも自分一人でやろうとし、

誰かに仕事を任せようとしない。

 

 

こういう行動は経営者や

事業主の方の人の中に多いですが、

 

“オレは仕事ができる”

“オレは処理能力があるだろ”

という

意識の誇示だったりします。

 

 

 

 

 

 

…なんとなく分かってきましたよね(笑)。

 

 

 

どの行動もセリフも

結局は

自分の能力や

成果や

ステイタスの誇示

つながっている、ということ。

 

 

 

 

そのために自分の立ち位置や環境を利用し

自分のすごさ

すばらしさを

アピールするわけです。

(本人は無意識にやっています)

 

 

 

つまり

 

オトコ=旦那のアタマの中は

非常に単純で、シンプルだということです。

 

 

===============
うまい奥さんが夫をノせるとき。
===============

 

子育て中の貴女や

子育てを経験した貴女なら

分かると思いますが、

 

 

幼稚園児の男の子はたいてい

ママ!見てみて!

僕すごいでしょ!

わたしの絵、見て!

と、

 

縄跳びでも

逆上がりでも、

絵を描いても

自分アピールをしてきますよね。

 

 

あるいは

 

ちょっとけがをした、

具合が悪いというときは

 

すっごくベタベタしてきて

離れようとしない、

というときもあります。

 

 

 

ええ…。

もう何を言いたいか、分かりますよね(笑)。

 

 

 

貴女の旦那

そういう5歳の園児と

「同じ」ということです。

 

 

 

先ほどお話したどの行動もセリフも

自分の能力や

成果やステイタスの誇示をするため

であり、

 

そのために

自分の立ち位置や環境を利用している

というわけです。

 

 

それによって

自分のすごさ・すばらしさを

アピールをしているのですが、

 

 

それは結局、

ママ!見てみて!

僕すごいでしょ!

わたしの絵、見て!

と、

 

自分アピールする園児と一緒、

というわけです(笑)。

 

 

旦那はすでに“オジサン” の年齢ですが、

ぶっちゃけて言うと

園児とやってることは変わらない

のです。

 

 

そうと分かれば、

旦那をノせるのは簡単ですね(笑)。

 

 

旦那が貴女のために何かをしてくれたら、

褒めてあげればいいんです。

 

 

 

旦那が貴女を手伝ったり、

優しくしてくれたら

感謝の言葉や態度を示せばいいんです。

 

 

 

旦那の頑張りや、

旦那が貴女のために努力したことを
(たとえ小さい努力でも)

 

「すごいね!」「頑張ったね!」

と言えばいいわけです。

 

 

もう…、5歳児と一緒やん!

 

ということです(笑)。

 

 

==========
結局、オトコって。
==========

 

 

で、ですね…。

 

 

ここまで、

自分アピールする旦那の気持ちや心理を

説明してきたのですが

 

 

威張る旦那も

殊更に自分アピールする旦那も、

 

 

結局は

ぶっちゃけていうと

 

自分に自信がない

 

とも言えます。

 

 

 

自分の中にある「自信がない自分」を

 

“隠すために”、

 

 

自分の中の弱い自分を

 

“補うために”、

 

 

わざわざ

 

「処理能力すごいだろ!?」

 

「実行力あるだろ!?」

 

「オレってすごいだろ?」

 

「オレって稼いでるだろ?」

 

「オレってこんなに物知りだろ?」

 

 

いうようなアピールをするわけ

なので…。

 

 

 

もっと言うと

本当は強くないから強く見せようと

しているわけです。

 

 

 

そんな風に考えてみれば、

なんて健気なの!?  旦那って…。

という感じですけどね(笑)。

 

 

 

「自分の実力を誇示する」とか

「オレは強い」とか

「できる男だろ?オレ」とか、

 

というアピールは、弱い(内面的に)人

“しか”

しません。

 

 

 

自分の能力・魅力・実力が

足りていない人、

 

 

そもそも

自分に対する自己肯定感が低い人、

 

 

“が”

 

それを補うためにわざわざアピール

するわけですから。

 

 

 

本当に強い人は、

そんなことをする必要

“さえ”

ないです。

 

 

この場合の強さとは、

マッチョな筋肉マンとか

仕事ができる、とか

高いステータスを持っている

いうことではありません^^

 

 

 

むしろ

そんなものに頼らなくても、

 

 

そもそも自己肯定感が高かったり

高い自己価値を持っている人は

 

 

始めから

偉ぶらないし、

すごく謙虚です。

 

 

まさに

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

なのです。

 

 

でも、貴女の旦那がそういう人とは

限らないですよね。

 

 

むしろ、

ことさらに威張ったり、

力を誇示したりするタイプの人

だとしたら、

 

 

貴女も、とても苦労している

かもしれません。

 

 

話しを元に戻しますが、

旦那が威張ったり、力を誇示したりするのだとしたら、

 

 

それは

「見てみて!」「僕すごいでしょ!」

と自分アピールする園児と一緒なので

 

 

“旦那を5歳の園児とおもえ”

 

 

ということなわけです。

 

 

 

貴女と旦那とを比べた場合、

おそらく貴女の方が精神年齢は上です。

 

 

だとしたら、

 

 

外側ではなく、内側では

貴女の方が上になった方が良い、ということ。

 

旦那は貴女より精神年齢が下。

オトコは単純でコドモ。

 

 

旦那の外側=見た目に

だまされてはいけません(笑)。

 

 

それを意識しつつ

ウラでは貴女が主導権を握る方向へ進んでください。

 

 

家庭の主役は貴女です。

旦那ではありませんよ^^

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

 

 

少しずつ夫婦関係を変えていきたい
貴女はこちらをクリック【無料】 
ここで言ない深すぎすぎるお話こちら【有料】
LINE@でお得情報届きます!
LINEの登録はこちらをクリック【登録無料】
カテゴリー 未分類



 

こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキです。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

 

 

===================
甘えるオトコと甘えないオトコの違いとは?
===================

 

世の中には

奥さんにベタベタ甘えるオトコ

 

甘えることなんてまったくなくて

すごく淡白でクールで冷め切っているオトコ

 

とが存在します…。

 

 

 

そして女性側にも

 

ベタベタしたい(されたい)女性と

あまりベタベタしたくない
サッパリ系の女性とがいます。

 

 

 

 

 

ちなみに

貴女はどっちですか???

 

 

 

 

 

で、

ベタベタ甘えるオトコと

ベタベタしたい(されたい)女性とのセット=夫婦

 

 

クールで冷め切っているオトコ

あまりベタベタしたくない女性のセット=夫婦

 

なら、

 

まぁ、平和ですし
問題も起きないのですけどね。

 

 

 

こうしたことは

 

組み合わせの問題

 

なんですが、

不思議と世の中って

 

自分と真逆のパートナーと

くっついてしまうものです(笑)。

 

 

 

 

そう、

 

仮に

“ベタベタしたい(されたい)貴女”の

結婚相手が

クールで冷め切っている淡白オトコの場合、

 

 

貴女としては

どうしてウチの夫は優しくしてくれないの?

 

どうしてウチの夫は、手もつないでくれないの?

 

同じリビングの中にいるのに、夫は全然、しゃべらない….。
 ヘッドホンを付けて自分の世界に入ってる…。

 

 

思うことが多く

 

旦那が寄ってきてくれない

 

貴女の話しを聞いてくれない

 

私を構ってくれない

 

ということに、とても落胆します。

 

 

逆に貴女が

ベタベタしたくない女性だったとして

その旦那がベタベタ甘えてくるオトコだとすると、

 

とてもウザったく感じると思います。

 

 

 

つまり

 

貴女が

もしベタベタしたい(されたい)女性だったら

 

旦那が淡白でクールで冷め切っているオトコ

寂しく・悲しく・つまらなく感じる。

 

 

 

そんな風に

貴女の気質がどちらなのか?と

旦那の性格との組み合わせで

 

 

旦那に対する気持ちや反応も

変わるということですね。。。

 

 

================
ベタベタ夫の触ってくる心理とは?。
================

 

ここでは貴女の夫が

ベタベタ夫だったとしてお話しします。

 

 

ベタベタ夫の中には

こういう旦那が時々、います。

 

 

それは

(おおやけ)の場で

自分の奥さんのお尻を触る旦那。

 

(貴女の旦那はそういうことはないですか?)

 

 

 

または

 

子どもが見ていない隙に・子どもが外出してる間に

胸を触ってくる旦那。

 

(貴女の旦那はそういうことはないですか?)

 

 

 

 

 

とくにベタベタ夫は

 

自分のベタベタ欲求が満たされないと

外にそれを求めることがあります。

 

 

 

そうした旦那が、安易にベタベタ欲を満たせるのは

夜のお店や風俗。

 

 

ま、どちらもお店にいる女性たちは

それが仕事であり商売なので

お金さえ払えば応じてくれますが。

 

 

だから

ベタベタ夫=女性に甘えたいオトコ

 

“が”

 

その欲求を家庭で満たしてもらえない場合、

そうしたお店に行くオトコ

世の中にはいます。

 

 

また

 

その欲求を家庭で満たせなかったオトコが

お金で解決することをしない場合

 

チャンス!と見れば、

よその女性にアタックするオトコ   ←同じ男としてすみません、。

います

 

 

 

 

ベタベタ夫はたいてい寂しがり屋なので

自分の奥さんに相手にしてもらえない場合

 

 

相手にされない場合には

どこかでそれを

解消したくなるのです。

 

 

 

もちろんその解消を

公に認められるカタチ、

 

 

例えば

・仕事の成果、

・昇進や出世、

・稼ぐこと、

・ゴルフのスコア

・ボランティア、

 

などで昇華させようとする男性もいます。

 

 

でも

基本的にオトコのアタマの中はエロスでいっぱいなので(笑)

 

お金で解決するオトコ  → お店

チャンスを生かすオトコ → 浮気

 

に動くというわけです。

 

 

 

さて本題に戻ります。

 

 

 

もし貴女の旦那がお尻を触ってくる

エロスな旦那だったら、という話し。

 

 

彼がなぜ、そういう所業を取るのか?

 

 

 

……不思議ですよね。

 

 

 

 

お家の中でのイチャイチャではなく、

公の場、外で自分の奥さんを触ってくる場合。

それは

 

「この女はオレのものだ」

 

という意思の表れです。

 

 

わざわざ公共の場で触る必要なんてない

“のに”

 

貴女が嫌がるとかも

“関係なく”

触ってくるというのは、

 

 

「オレの女だ」アピールをしている

ということに尽きます。

 

 

端的に言うと

独占欲ですね。

 

 

 

=============
甘える女になってみる?
=============

 

 

貴女が

ベタベタしたい(されたい)女性

であっても

 

 

あまりベタベタしたくないサッパリ系の女性

であっても、

 

 

甘えるのが下手だと

旦那との関係でちょっと

苦労することがあります。

 

 

 

なぜならオトコは

甘えてくる女が好きだから。

 

 

一般的なオトコのほとんどは

 

“自分より弱い“女、

 

“自分より小さい女”

 

“自分より力(権力や実力)がない”女

 

そして

 

“頼ってくる・甘えてくる女”

 


グッとくる傾向があるからです。

 

 

 

基本的にオトコは

自分がイニシアチブを取りたがるので

 

自分よりも力を持つ女性を
(特に家庭内では)

受け入れがたいです。

 

 

 

さて。

 

 

 

貴女が

ベタベタしたい(されたい)女性

であっても

 

あまりベタベタしたくないサッパリ系の女性

であっても、

 

“どちらにしても”

 

甘えることは大切です。

 

 

 

なぜなら

世の旦那の多くが

 

 

自分のベタベタ欲求が満たされないと

その欲を外に求めてしまうからです。

 

 

ちなみに「甘える」というのは

なにも、峰不二子のように

猫なで声で擦り寄ること

ではないです。

 

 

 

旦那に子どもと留守番してもらうこと

もそうだし

 

旦那に重い荷物を運んでもらうこと

もそうだし

 

 

貴女が苦手な機械・メカやインターネット関係を

やってもらうこと

 

もそうです。

 

 

要は

まかせたり、

ゆだねたり、

頼ったりすること

 

全般を

含みます。

 

 

 

貴女がしっかり者で、家庭のことを

なんでもできてしまう女の場合、

 

 

旦那は家の中でやることがなくなるので

余計、グータラになります(笑)。

 

 

だから

旦那にそうした家庭の中での

「仕事」を与えることで

 

家庭の中での「役割」を

与えるということです。

 

 

 

そのためにも

甘える女になることを

チャレンジしてみるといいです。

 

 

================
甘え方が下手な貴女の場合。
================

 

 

これまでの僕のクライアントの多くは

 

旦那に上手に甘えてこなかった

 

あまり旦那に頼ってこなかった

 

「ありがとう」というコトバもいってこなかった

 

いう女性が多いです。

 

 

 

そういう女性はマジメでしっかり者で

何でも自分でできてしまうので、

 

 

ほとんど旦那に「仕事」を依頼することが

なかったのです。

 

 

でも。

 

 

そういうことが溜まっていくと

旦那は家の中での居場所や役割がなくなり

 

 

そして

スネます(笑)。

 

 

 

なので

 

そういう

幼い・コドモな旦那と一緒に住んでいる

ということを

いつもアタマの片隅に持っていたほうがいいです。

 

 

 

そして、それには

貴女自身の自己価値が大事です。

 

 

 

自分のことを

 

わたしって、すばらしい!

わたしってかわいい

わたしは優しくされる価値がある

旦那のお金をガンガン使っていい

 

思っていること、

 

それが普通なんだ、

という状態にするということです。。

 

 

 

もっと単純に言うと

 

あなたがしたいことをする。

 

食べたいものを食べる。

 

行きたい所へ行き

やりたいことをやればいい

いうことです。

 

 

自分を満たすファーストです。

 

 

貴女の心が満たされているから

子どもや旦那へも注げるのです。

 

 

旦那から愛される・大切にされる

のには

 

 

 

「わたしは大切にされる価値がある」

と納得することです。

 

 

オトコ=旦那を頼りがいのある、

貴女を守ってくれるオトコに変える

 

には

 

貴女が自分の価値を

ちゃんと認めてあげることです。

 

 

 

そうすることで旦那は

貴女に対して

頼りがいのあるオトコになっていきますよ^^

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

 

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

少しずつ自分を変えてみたい貴女の
カエルメールはこちらをクリック【無料】 
ここでは言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料】
すぐにでも何とかしたい!貴女のLINE@
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



 

こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキ です。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

=====================
貴女は足りている人? 足りていない人?
=====================

 

 

いま…。

 

貴女は旦那から

“愛情を受け取っている”

と言える状態ですかね…と

 

または

 

 

旦那から守られて
満ち足りた状態ですか?

 

 

 

それとも、。

 

 

結婚したあの頃のように

なんでも言い合えるということが
なくなったなぁ…。

とか

 

何だか最近、夫との間に
疎外感を感じるなぁ。。

とか

 

夫も帰りが遅いし、会話が少なくて
目も合わせてくれないなぁ…。

という状態ですか⁇

 

 

前者の場合。

夫との関係も悪くないし

特に波風も立っていないし、大丈夫よね!

という感じやと思います。

 

 

でも後者の場合

貴女は旦那の愛情や

優しい表情やコトバを必要としていて、

 

でも
それがもらえていないために

少し「足りていない」状態

かもしれません。

 

 

 

 

 

============
旦那がスカスカな場合。
============

 

 

旦那は旦那で

 

オレ、こんなに仕事
頑張ってやってるのに

全然、ウチの嫁から
『ありがとう』と言われない


思っていたり

 

 

ウチの嫁は子ども優先で
全然、オレのことは放っておかれる…。

オレのことなんて
どうでもいいんだな…。


思っていたり

 

 

ウチの嫁はぶっきらぼうで
いつも表情が乏しいよな。

最近、笑っている姿を見たことないわ。

 

と思っていたり

すると。

 

 

旦那

 

“も”

 

「足りていない」状態で

こころがスカスカかもしれません。

 

 

以前もお話しましたが

オトコという生き物は

内よりも外に意識が向いているので

 

 

そうした「足りていない」状態

の場合、

その「足りていない」状態を

解消するために

 

“外で”

 

活動をし始めます。

 

 

 

 

飲み会で家への帰りが

いつも遅かったり

 

パチンコや麻雀などの
ギャンブルに興じたり

 

夜のお店や
ヨソの女性と接触したり

 

仕事ばかりして+仕事が忙しくて

家庭に気持ちを向けない

 

つまり

貴女への意識も低くなる

 

というようなことです。

 

 

 

オトコは

女性の貴女よりも

 

自分の内面と向き合う、とか

自分のホントの気持ちを知る とか

自分の感情を感じる

 

ということに

すっごく!疎いですから。

 

 

むしろ

そうした内面のことよりも

現実的なこと、

 

リアルな行動で

そうした「足りていない」を補おうとします。

ホントはそんなことでは補えないんですけどね。

 

 

だから、

旦那=オトコが

「足りていない」状態の場合、

 

 

家にいないことが多い か、

 

または

 

家にいても

家庭内別居状態のように

なってしまうのです。

 

 

 

===========
お互いにスカスカ?
===========

 

 

じゃあ

夫婦がお互いに
スカスカになってしまっている

 

という場合はどうか?

というと。

 

 

つまり

貴女は旦那に

甘えたり・頼ったりしたい。

精神的に寄り添ってほしい。

 

と思っていたとして

 

 

旦那“も”

貴女に甘えたり

ベタベタしたりハグしたり

愚痴や不満を聞いてほしい

 

と思っているときです。

 

 

 

その場合、

お互いに寂しさを感じていたり

 

お互いに「分かってほしい」と思っていたり

 

お互いに相手に対して

こんな風に動いてほしい、と思っていたり

する…。

 

 

つまり

互いに

 

“クレクレ星人になっている”

 

ということがありんす…。

 

 

そこにあるのは

相手への不満

寂しい思い

分かって欲しい

があり、

そういうことがあると

だんだんと怒りになっていき

そして

相手への(表面的な)攻撃

無視など
シャットダウンにつながっていく…。

 

というわけです。

 

 

 

 

でもそこには、

 

自己肯定感の低さや

自己重要感の低さが

あったりするのですけど。

 

 

ただ

面倒なのは

それが

互いに

起こっているので

 

 

それぞれが相手に対して

「悪いのはあの人」

 

「この原因はあいつだ!」

 

 

相手に対して

 

責めてしまうということが起こる


いうことです。

 

 

 

============
クレクレ星人
============

 

 

結局。

 

自己肯定感が低いことも

自己重要感の低さも

 

相手のせいではありません。

 

 

だから

相手のせいにするわけにもいかないし

相手を責めるわけにもいきません。

 

 

でも、多くの人は

パートナーを

 

責めてしまったり

攻撃したり

してしまいます。

 

 

でもそれは

ホントの解決にはならないです。

 

 

ホントに解決するまでには

いろいろな問題が起こるかもしれません。

 

夫婦喧嘩もボッ発するでしょうし、

 

あるいは

 

旦那の浮気も
あるかもしれません。

 

 

貴女も

精神的に不安定になることも

あるかもしれないです。

 

 

でも

夫婦関係を変えるには

 

タイミングがいつであれ

自分と向き合わなければならない時がきます。

 

 

でも

そうした原因=タネ

と向き合い、それに気づかないと

 

同じこと

困ること

イヤな人


パートナーの問題行動

 

 

何度も

何度も

 

起きることになります。   ←こわいですねーー。

 

 

なので。

 

気がついたときに

動くしかないです。

 

 

夫婦の問題は歯痛と一緒なので、

放っておくと

どんどん悪化するからです。

 

 

だからもし

今、何か貴女のプライベートで

問題が起きていたとしたら

 

 

それは

 

自分と向き合ったり

 

旦那との関係を見直す時期なのかも

しれないです。

 

 

少しずつ、少しずつ

変化していきましょ^^

 

 

 

今日ここまで読んでくださって

ありがとうございます。

 

自己中・オレ様・スネ夫専門夫婦カウンセラー

サトウエイキ

 

 

■サトウエイキのブログはリンクフリーです^^

■許可なく自由にリブログしてOKです^^

 

少しずつ夫婦関係を変えていきたい
貴女はこちらをクリック【無料】 
ここで言ない深すぎすぎるお話こちら【有料】
LINE@でお得情報届きます!
LINEの登録はこちらをクリック【登録無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは、。

 

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー

サトウエイキです。

 

男性なのに
いつも男性=夫の心理や特性、
バンバン隠さずお話ししてしまう
ちょっと変人なカウンセラーです(笑)。

 

 

 

====================
家事も仕事も子育ても、頑張ってない?
====================

 

 

主婦って忙しいですよね…。

 

 

子どものお弁当作って
朝御飯作って

 

自分のメイクをして
旦那を送り出して、

 

仕事で頑張って
ママ友や付き合いもあって、

 

子どもの試合の応援もあって
洗濯もして掃除もして。

 

 

僕は割と家事をする方ですが

それでも女性って大変だなぁ…!

よくそんなに何でもこなせるなぁ…!

と、

いつも感心してしまいます。

 

 

で、貴女もきっと

忙しいと思うんですけど

 

もしかしたら

もしかして

 

家事も子育てもちゃんとしないとダメだ!

 

ちゃんとやってない自分、

そつなくこなさない自分はダメだ!

 

じゃないと

 

夫にあきれられる。

夫に怒られる。

姑から何か言われる…!

 

頑張らない自分はダメだ~!

 

いう思いに

なってないですか?

 

 

 

もしそういう思いを持っているなら、

貴女は

 

「頑張らないと愛されない」

 

「色んなことをしないとかわいがってもらえない」

 

「色んなことをそつなくこなさないと、認めてもらえない」

 

という前提=世界観

持っているのかもしれません。

 

 

以前もお話ししたかもですが

 

「世界観」とは

 

 

貴女が何を信じているか?

 

世界をどう見ているか?

 

自分にどんな価値を見出しているのか?

 

というもの。

 

 

 

その中で

 

何でも頑張ってしまう貴女、

 

手を抜けない貴女、

 

あれもこれもしてしまう貴女、

 

は、

 

そもそもの自分への前提が

 

「頑張らない自分はダメだ」

「自分には価値がない」

になっているのかもしれません。

 

 

=================
頑張り屋の貴女がおちいることとは?
=================

 

そもそも

 

ちゃんとしないとダメだ

ちゃんとやってない自分、

そつなくこなさない自分はダメだ

 

という貴女は

ある意味

“自分に自信がない”

のかもしれません。

 

 

自信がないからそれを補おうとして

 

つまり

旦那に、姑に、周りに

 

認めてもらいたくて頑張る。

 

褒めてもらいたくて頑張る。

 

ということです。

 

 

 

じゃあ。

 

 

じゃあ、

自信って何をすれば増えるのでしょう?

 

 

 

痩せたら自信がつく?

キレイになったら自信がつく?

メイクが決まってたら自信がつく?

子どものしつけや挨拶ができていたら自信つく?

仕事が人よりも、こなせたら自信がつく?

 

 

うーん、

それらをすべてやり遂げるのは

なかなか大変ですね…。

 

 

貴女の身体は

1つしかないですしね…。

 

 

 

でも

「頑張って成果が出る。

頑張ると認めてもらえる。」

という世界にいると

ずっと頑張り続けなくてはなりません。

 

 

それは元気でやる気にあふれている間は

いいのですが

 

ずっとそれを続けていると

やがて精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。

 

 

 

すると

結局息切れしてしまったとしても

 

結局、

「やっぱり頑張れなかった。こんな私はダメだ」

「周りに認められなかった。こんな私じゃダメだ」

「こんな私じゃ愛されない」

ということになり、

 

 

さらに

 

疲れていても頑張る。

つらくても頑張る。

しんどくても頑張る、

負のスパイラルに突入していくことになります。

 

 

「頑張らないと認められない」

という

世界の中で生きているからです。

 

 

 

================
負のスパイラルから抜け出すには?
================

 

負のスパイラルから抜け出すには、

頑張り続けるという

 

“行動”

 

をし続けること

ではなく、

 

 

貴女の中にある

 

「頑張るから愛される」

「家事も子育ても仕事もやってるから認められる」

 

という世界観・前提を変える

ということが必要です。

 

 

自信がない女性の場合、

とくに自分が安心したいために

「旦那に尽くす」

 

褒められたいために

「頑張って子育てやしつけをする」

におちいりがち。

 

 

そうではなく

 

さっきお伝えした

世界観・前提を変えるんです。

 

 

自分が安心したいために

「旦那に尽くす」

 

 

褒められたいために

「頑張って子育てやしつけをする」

ということをやめて

 

 

旦那に尽くす・旦那をお世話することを

 

“しなくても”

 

わたしは旦那から愛される。

 

 

 

頑張って子育てやしつけをすることを

 

“しなくても”

 

わたしは周りから普通に認められる。

 

 

という風に

「自分の世界観を変える」ということです。

 

 

 

実は、貴女の周りで起きていること

現実の出来事として起こっていることは

 

 

貴女が世界をどう見ているか?

周りの出来事をどうとらえているか?

モトになって起きています。

 

 

 

だから

「貴女が自分をどうとらえていて

自分をどう思っているか?」の部分で

 

「どうせ私なんて、(頑張らないと)愛されないし…。」

思っていると

その通りの出来事が展開します。

 

 

 

「夫のお世話をしたり、尽くしたりしないと、

夫から経済的に支えてもらえない」

思っていると

その通りの出来事が起きるのです。

 

 

 

だから前提を変える。

 

 

自分の中の世界観=自分が世界をどう思っているか?

を変えるのです。

 

 

それが先ほどお伝えした

負のスパイラルから抜け出す方法です。

 

 

 

=================
誰かの代わりではない自分になる。
=================

 

例えば貴女の前提を

 

「そもそも私は旦那に尽くさなくても

頑張らなくても、

ちょっとぐらい手を抜いても

ダメな私でも、“それでも”愛されてる!」

 

というものに変えてみたら

どうでしょう?

 

 

だいぶ生きやすくなる

と思うんですけど

どうですか。

 

 

 

これまで貴女は信じてきたことを

少しだけ見直してみるのがおススメです。

 

 

 

僕が何度か

表現を変えて言っていること。

 

 

それは

「貴女はそもそもすばらしい存在なんだ」

ということ。

 

旦那に振り回されることなく、

旦那が“どうであっても” わたしはわたし!

ということです。

 

 

例えば

「貴女はすばらしいんだよ!」と、

面と向かって言われると

 

 

なんとなく気恥ずかしいような、

照れくさいような、

そんな思いになってしまいません?

 

 

 

もしかしたら

えぇ…。そんなことないよ、私。

できないことも、抜けてることも、いっぱいあるし。

思ってしまうこと、ないですか?

 

 

その “遠慮” や “照れ” や “気恥ずかしさ” は

もういらないです。

 

 

“遠慮” や “照れ” や “気恥ずかしさ” は

もう感じなくていいよ、ということです。

 

 

むしろ

その遠慮・照れ・気恥ずかしいところ“に”

貴女の引っかかっているモノがある

ということです。

 

 

 

夫からの評価、姑からの評価に振り回されなくていい。

 

 

貴女の価値は貴女が勝手に決めていい。

 

 

その、勝手に決めてしまう中で

旦那に尽くさなくても、頑張らなくてもダメな私でも、

“それでも”愛されてる。

私は、そういう自分なんだ。

ということにする

ということです。

 

 

それには

なんでも頑張ったり

尽くしたりしなくてもいい。

 

 

「頑張ってる自分“だから”、愛される」とか

「尽くしている自分“だから”、守られる」というのは、

 

「〇〇してるから」という条件がついています。

 

 

つまり条件付きの承認です。

そんなものを設けなくてもいいんです。

 

 

 

そもそも、もともと、私には価値がある!

ということに早く気づくことです。

 

 

そして

旦那の経済力、

旦那がしてくれたこと、

その他

ほかの人からのプレゼントや優しさを

素直に受け取ることも大事。

 

そうすることで

貴女はもっと豊かさや親切や優しさを

受け取れるようになりますよ^^

 

 

毎日、少しずつ練習してみてください。

 

今日ありがとうございます。

 

男性・旦那の心理を教える”唯一” の男性カウンセラー

サトウエイキ

 

ゆっくり現状を変えたい貴女は
カエルメールはこちらをクリック【無料】 
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料】
LINE@でお得情報を受け取る!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類, 貴女らしく生きる


次のページ »