【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!

夫の自己中・だらしない・コドモ・に 関係なく
自分らしく輝いて生きる貴女の講座・カウンセリング


名古屋テレビ「ドデスカ!」に出演しました
テレビ2

■名古屋テレビ「ドデスカ!」に家族専門カウンセラー
として出演




海外在住の日本人向け雑誌「CHEERS」に

特集記事が掲載されました
チアーズ表紙 チアーズ掲載

■雑誌「Cheers」に “夫婦円満” の特集として掲載



【実際の講座・セミナーの様子】


セミナ5 ハグ セミナーの様子2
セミナー④ セミナー集合写真
セミナ2 講座終了


■体験カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック (※体験カウンセリング割引価格) ■通常カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック  



【夫がオレ様・スネ夫 マジメな貴女のカウンセリング】

はじめての方へ佐藤えいきの思い  / お客様の声

お問合せ・カウンセリング   ℡ 070-5330-3013

 

 

 

以前、旦那さんが
パチンコにハマっている女性から

いつもパチンコばかりで家庭を顧みないので
どうしたらいいですか?

という相談メールがきました。

 

 

また別の方で

土日になると競馬場にいってしまう旦那さんのいる女性から

競馬や競輪などギャンブル好きで困ってます…。

という
メールがきました。

 

 

 

こんにちは。
100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき です。

 

 

 

 

僕はあまりギャンブルをしたがないので

ぶっちゃけ

ギャンブルにハマる男性の気持ちが

わからないんです。

 

 

 


僕もそうした男性の気持ち・心理を知るべく

ギャンブルしてみた( ̄▽ ̄)

 

 

とは言っても

現金ではなくて

いわゆるゲームセンターのコインゲーム。

 

 

でも
コインゲームとはいえ、
なかなか….( ̄▽ ̄)

 

 

 

その心情をシェアするので

旦那もこんな風に感じてるのかな?と

参考にしてみて。

 

 

まず
手元にコイン(旦那の場合は現金)があると
これをもっと増やしたいぜ!ウヘヘ…

と思う。

 

 


目の前に(パチンコでも競馬でも)
増やせる(かもしれない)ゲームがあるので
気分が高揚してくる。

 

 

実際にやってみる。

あ!あと少し!惜しい!
みたいな結果が何度も続く
(この辺りは電子制御されてるパチンコもそうかな?と思います)

 

 

あともう少し!が続くと
オトコは興奮します。

 

おそらく狩猟本能をかきたてられる
んやろね。

 


あえなく手持ちのコインがなくなる。
(僕がゲームの素人だから?)

 

なので
さらにコインを追加。

このあたりが中毒というか、
依存してしまう心理なんでしょうね。

 

 

追加した結果、少しだけドバーッと
リターンがある。

 

嬉しい。やった!ゲットした!
と思う、かなり興奮した気持ちになる。

 

すると
もっと、儲かるかも!

もっと!もっと!

思ってしまう。

 

 


まあ、こんな感じ。

 

 

僕の場合は
現金じゃなくコインだったことと、

ここまでで終わりにしよう、

いうリミットを自分に設けていたので

ズルズルとゲームをし続けることには
ならなかったんやけど

 

 

 

これは……………。

 

 

 

ハマります(´Д` )

 

 

やばいです(´Д` )

 

 

 

 

競馬などのように
相手が動物なのは予測がつかないから
なんとも言えんけど、

 

パチンコやルーレット(カジノのような)
などは、

おそらくコンピュータで制御されているから

惜しいところまでいって
でも結果として
お金を巻き上げる!みたいになる。
(プロとかは別でしょうけど)

 

 

じゃないと、
全国のパチンコ店は儲からないですしね。

 

 

だから

ギャンブルも

携帯ゲームやオンラインゲームのように

依存心や中毒クセを生んでしまう

いうこと。

 

 

つまり

ギャンブルにハマる旦那は、
手元にある銀金が増やせるかもしれない!

という
期待感があって

目の前のレースやパチンコの玉で
一喜一憂する興奮やスリルを味わいたくて

何度も店に足を運ぶという感じです。

 

 

 

興奮やスリルは

旦那の心の中にある

空虚な気持ち、

寂しい気持ち、

仕事のイヤなことを

一瞬でも忘れされてくれます。

 

 

より刺激の強い感覚の方が

上回るから。

 

 

だから

貴女との関係がうまくいっていない旦那や

家庭を重要視していない旦那の場合、

 

 

その空虚感や

寂しさを紛らわすためにギャンブルにいくワケです。
(貴女と向き合わずにね)

 

だから

パチンコに行かないで!

あまり効果がないです。

 

もちろん

家計やお金をこれだけ無駄にしているよ」的な伝え方は

現実を知らしめるためには必要だと思うけど

 

 

 

根本的には

旦那の内面のスカスカを解決していかないと

変わらないように思うよ。

 

 

 

 

でもね。

その前に貴女のこころだからね。

 

 

 

僕は貴女の味方!のカウンセラーなので

ぶっちゃけ旦那の空虚感の解決は

どうでもよくて(よくはないけど)

もっとも大切に考えているのは

 

 

貴女の

“こころのスカスカ”です。

 

 

貴女のこころの中を

満たす必要があるんです。

 

 

そのために
僕も活動してるんやけど。

 

 

だから

貴女が

夫への不満や不信や

イライラやストレスがあるかもしれないけど

 

“それよりも”

貴女のこころをケアする方が先です。

 

自分を変えたい貴女は
僕とお話ししましょう( ´ ▽ ` )

 

 

大丈夫、
1000万円もするツボは売ってません(笑)。

宗教も勧めません(笑)。

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー  えいき

夫婦関係を変える・自分を変える

カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ届きます】

「えいきさんと話してみたいわ!」
という貴女は
こちらをクリック【お試しカウンセリング】 

緊急の方・夫との関係を変えたい!【通常カウンセリング】
という方は
こちらをクリック安全な申込フォームへ)

カテゴリー 夫への不満



【夫がオレ様・スネ夫 マジメな貴女のカウンセリング】

はじめての方へ佐藤えいきの思い  / お客様の声

お問合せ・カウンセリング   ℡ 070-5330-3013

 

夫婦の危機

夫婦が険悪になる時期

夫婦が不仲になる時期

「周期があるんよ」と言ったら信じますか?

 

 

 

こんにちは。
100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー  えいき  です。

 

 

 

 

夫婦の危機には
周期がある?

 

 

ホント?
ウソ〜〜!?

 

 

ええ。
あるんです。

 

ホントです(笑)。

 

 

 

脳のしくみとも関係してくるんやけど、

 

例えば

流行とかトレンドも
周期があるのはわかるでしょ?

 

 

そう、

その周期とは
7年周期。

 

なので
流行も7の倍数で考えると

ほぇっ〜〜〜!?
って
なるかも( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

例えば

男性の好み。

ひと昔前は
ぐいぐい引っ張るタイプや

いわゆる三高(学歴・身長・給料が高い)が
もてはやされたんよね。

 

髪型もワンレンだったりボディコンだったり
というがっちり・まっすぐが流行ってた。

 

 

それは
だいたい

7×3年=21年前
だったりするんよ( ̄▽ ̄)

 

 

で、

21年くらいたった今、

女性の髪型は
ゆるふわ

とか

ウェーブがかっているのが流行っていますよね。
(この流行もそろそろ終わりかな..?)

 

ファッションも
柔らかい感じのフェミニンな感じが流行っていたりね。

 

 

ということは、

夫婦も
7年周期で山と谷がやってくる。

 

 

結婚して7年前後から、

夫婦は互いに慣れ親しみ

一緒にいることがあたりまえになり始めた頃。

 

相手への不満がバクハツしたり
旦那も浮気したりする頃。
同じように結婚して14年、21年ってなると

その都度、

離婚の危機や

旦那への不満や

ムカつく感情も湧いてきて

夫婦の危機も訪れる。

 

 

でもね、

結婚して28年くらい経つと

そろそろ

波平さんとフネさんの領域にいくでね( ´ ▽ ` )

 

 

そこまで歩んでいけるといいね( ´ ▽ ` )ノ

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー  えいき

夫婦関係を変える・自分を変える

カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ届きます】

「えいきさんと話してみたいわ!」
という貴女は
こちらをクリック【お試しカウンセリング】 

緊急の方・夫との関係を変えたい!【通常カウンセリング】
という方は
こちらをクリック安全な申込フォームへ)

カテゴリー 夫婦のコミュニケーション



【夫がオレ様・スネ夫 マジメな貴女のカウンセリング】

はじめての方へ佐藤えいきの思い  / お客様の声

お問合せ・カウンセリング   ℡ 070-5330-3013

 

こんにちは。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき  です。

 

 

 

旦那が器物損壊とか

モノを破壊する、

なんてことがあった時。

 

別に

旦那は
(というよりオトコは)

モノを壊したいから壊してるワケでは
ないです。

 

 

そこには

行き場のない怒り  とか

どうにも抑えられない悲しさ とか

溜まりに溜まりまくったストレス

なんかが

あったりします。

 

 

だからって

周りのモノを壊すことないんじゃない?

 

あたりに喚きちらされると

狂ったみたいで怖い…!

 

思うよね。

 

 

でも
普段はそんなに

腕力や暴力に訴えない人であっても

オトコである以上、

そうした声なき声をチカラで現す!


いうことは十分にあるんよ。

 

 

 

だから
こころの中に抱えている

怒りや悲しみや不満やストレスを

外に出すことで表現するパターンの旦那と

 

 

 

こころの中に抱えている

怒りや悲しみや不満やストレスを

いつまでも抱え込んでたり

スネ夫になって無視したり

家でご飯を食べなかったり

外泊したり….


いうような
ネチネチパターンの旦那とがいる、

って
こと。

 

 

これは

その人の性格にもよるし、

こころの闇というか傷にもよるので

どちらがどう、ということは言えない。

 

 

 

けど、

そうしたネチネチも

バクハツ暴れん坊も

なぜそうなるのか?というと、

 

 

周りに理解してくれる人がいないから。

 

その旦那を

わかってくれる人がいない

否定される

拒否される 、から。

 

 

 

すると

丈夫そうに見える旦那でも

こころはスカスカになっちゃうので、

そのスカスカを

どこかで外に出そうとするんよ。

 

 

だから

暴れん坊になったのには

もしかしたら旦那の話しを聞いてあげてなかった、


いうことがあるかもしれない。

 

 

もしかしたら

理解してあげられなかった、

味方でいてあげられなかった、


いうことがあるかもしれない。

 

 

今の現実は
過去の積み重ねやでね( ´ ▽ ` )

 

 

だから

貴女もつらいかもしれんけど

寄り添う とか

歩み寄る ということも

大事やで。

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー  えいき

夫婦関係を変える・自分を変える

カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ届きます】

「えいきさんと話してみたいわ!」
という貴女は
こちらをクリック【お試しカウンセリング】 

緊急の方・夫との関係を変えたい!【通常カウンセリング】
という方は
こちらをクリック安全な申込フォームへ)

カテゴリー 夫が分からない!



【夫がオレ様・スネ夫 マジメな貴女のカウンセリング】

はじめての方へ佐藤えいきの思い  / お客様の声

お問合せ・カウンセリング   ℡ 070-5330-3013

 

 

夫と話しをしていても
答えてほしい言葉が出てこない…。

 

 

話しをしているうちに
全然違う方法に会話がいってしまった…。

 

 

 

 

そんなことは
ないですか?

 

 

こんにちは。
100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー  えいき  です。

 

 

 

 

あのね。

そもそも、
話しをする目的は
男性と女性とでは違うんよ。

 

 

女性の貴女の場合、

会話をする目的は
自分の思いをわかってほしい、とか

また

相手の思いに共感したい、という思いがあることが

圧倒的に多いです。

 

 

 

でも
オトコが話しをするのは

その会話で結論を出したり、
何かの解決策を出したりするため。

 

 

だからオトコは

どうなったか?が気になります。

 

 

だから旦那は

それで?

とか

どうなったの?!

と貴女に聞くワケ。

 

 

そう。

会話の目的が
旦那と貴女ではビミョーに違うんよね。
(もちろんオトコにも気持ちをわかってほしくて話す時はアリマス)

 

 

 

だから

会話の目的が
“問題解決” なオトコと、

 

会話の目的は
“自分の思いを分かってもらうこと” な貴女とでは、

 

そりゃ
話しがズレますわ( ̄▽ ̄)

 

 

 


ここには大切なことがあって、

実は
コレがあるかないか?で

夫婦の会話がうまくいく・いかない

決定的に変わってしまう

 

“あること”

あります。

 

 

 

 

それは

共感能力。

 

 

そう。

これは
オトコの脳とオンナの脳の違いになってくるけど

 

女性にはこれがあるから

例えば

ちょっと風邪で熱が出た子どもちゃんに
顔が赤いけど、大丈夫?

気づいて言葉が出る。

 

 

例えば

ママ友と話しをしていて
ママ友Aが会話の途中でちょっと視線をズラしただけで

何か悪いこと言っちゃったかな…。

察することができる。

 

 

 

でも。

 

オトコはこの共感能力は著しく

“ない”

 

もしくは

“ひじょーに少ない”

のデス。

 

 

だから

ウチの旦那もそうなのかもね、
共感能力が低いのかも。


思ってみてよ、ということ。

 

 

共感能力が低いから、

もしくは

とっっても少ないから、

 

旦那は貴女の話しに対して

反応がニブイ

とか

理解が乏しい

ということになる。

 

 

そういうことを

アタマの片隅においといて

話しをして見てね。

 

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方! の夫婦カウンセラー えいき

夫婦関係を変える・自分を変える

カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ届きます】

「えいきさんと話してみたいわ!」
という貴女は
こちらをクリック【お試しカウンセリング】 

緊急の方・夫との関係を変えたい!【通常カウンセリング】
という方は
こちらをクリック安全な申込フォームへ)

カテゴリー 夫婦のコミュニケーション



【夫がオレ様・スネ夫 マジメな貴女のカウンセリング】

はじめての方へ佐藤えいきの思い  / お客様の声

お問合せ・カウンセリング   ℡ 070-5330-3013

 

 

 

きっと日常生活の中で、
旦那にムカついて貴女がキレるときって
あると思います。

 

 

どうにも怒りがこみ上げてきて、
旦那に怒りをぶつける!というときも
あるでしょう。

 

 

今日はそんな、
貴女が旦那にキレるときの話しね。

 

 

 

こんにちは。
100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき です。

 

 

 

きっと普段、
僕は

旦那がなぜキレるか?
とか

旦那はなぜ不機嫌なのか?

いう話しはしていても

 

女性の貴女がキレる
という話しはあまりしないと思う。

 

 

 

だから
今日のテーマは
結構、新鮮やね( ̄▽ ̄)

 

 

 

今日のお題の

「貴女が旦那にキレるとき」は、

普段貴女にはどういう場面で訪れるのかな?

 

 

 

 

旦那の帰りが毎日遅いとき?

旦那がヨソの女と悪事をしているとき?

家にお金を入れないとき?

夫がギャンブルばかりしているとき?

家庭を顧みないとき?

 

 

 

…..どれでしょう?

 

 

 

 

 

まぁ、

どれにしても言えること。

 

 

それは、

キレるということは

貴女も傷ついているということ。

 

 

 

 

だって

なぜか?というと、

キレるという怒りの表現は

貴女の表面的な感情でしかないから。

 

 

 

きっとね。

 

本当は、

キレる貴女の心の中には

例えば

“家庭をかえりみなくて寂しい!”

あったりするかもしれない。

 

 

 

あるいは

仕事や趣味ばかりしている旦那に

キレている心の奥には、

“そんなことより私を大事にしてよ”

あるかもしれない。

 

 

 

例えば

貴女が話しを聞いてくれない夫に対して

“私のことなんてどうでもいいのね!?”

いう思いがあるかもしれない。

 

 

 

そう。

実はキレる心の奥には

貴女の”本心”が隠れていたりする。

 

 

 

でも、

それを正面きっては言えないよね。

恥ずかしいし、

そんなこと言ったら

何言ってんの?という顔をされるかも

しれないし。

 

 

 

だから、

キレる・怒る

という表現でゴマかすんやね。

 

 

 

もっと正直になれよ、

ハニー♡

 

今日ありがとうございます。

 

白馬の王子さまカウンセラー えいき(←ウソです)

夫婦関係を変える・自分を変える

カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ届きます】

「えいきさんと話してみたいわ!」
という貴女は
こちらをクリック【お試しカウンセリング】 

緊急の方・夫との関係を変えたい!【通常カウンセリング】
という方は
こちらをクリック安全な申込フォームへ)

カテゴリー 夫への不満


« 前のページ次のページ »