【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!


 

こんにちは。

自己中夫・スネ夫専門夫婦カウンセラー えいきです。

以前、も

少しお話ししたかもしれないですが

 

いま貴女が旦那との間で

起きている出来事

は、

 

「その出来事が起きるためのタネを蒔いてしまったからかもよ」

とお伝えしたことがあるんですが

 

 

 

それと同じように、

 

旦那の困った行動も

貴女へのモラハラ的な言葉も

 

貴女のこころの中にある

 

“前提”

 

起こしてしまったかも?というのが

今日のお話し。

 

 

例えば。

貴女は自分のこと

好きですか?

 

 

「うん!手放しで私は私のことを好きだ!と言えるよ」

いう人も、

中にはいるかもしれません。

 

 

でも。

 

ほとんどの女性は

 

いや…。 私なんて。料理も下手だし、かわいくないし。

 そんなに自分のこと、好きじゃないわ

とか

 

私は、『何をやってもダメだな」と言われた経験が多いです。

 子どもの頃、とくに父親に言われたことが多かったので、

 『自分はダメなんだ』と思ってしまいます

とか

 

これまで自分なりに頑張ってきたけど

 でも夫は全然私を褒めてくれません。

 料理を『美味しい』と言ってくれたこともないし、

 『ありがとう』という一言でさえ言われたことがないです。

という人もいるかもしれません。

 

 

 

そんな風に、これまでの経験とか

親に言われたこと。

 

そして

旦那にされたこと・言われた言葉

”によって”、

 

「自分はダメなのかな…。」と思ってしまう

女性は結構、多かったりするんよね。

 

 

 

 

要は

「自分のことが好きではない」

「自分はダメだ」

と思っている、ということは

 

“自分に自信がない”

 

いうことです。

 

 

自分に自信がない女性は、

旦那から

今日はいいじゃん!」と言われたとしても、

それ本気で言ってるの?

と疑います(笑)。

 

 

自分に自信がない女性は、

メイクをしても

「なんか私、イケてない」とか

「どうして私の顔はこんな風なのかしら」と、

自分の顔さえダメ出ししてしまうんです。

 

本当はそんなことないのに、

です。

 

 

つまり

自分で自分を卑下して、

自分で自分に「ダメ」という

ハンコを押しているようなもの。

 

 

 

まずは

そういうことをストップしてみて、

ということ。

 

 

余計な考えが浮かんだら

「あ!違う!今のなし!ストップストップ!」

という感じです。

 

 

そうして、

負のスパイラルの思考を

文字通りストップするのです。

 

 

そして。

これが特に大事なことですけど、

 

「ダメな自分でもいい」

と思うということ。

 

 

そもそも

欠点のない人はいません。

 

もちろん

失敗しない人もいません。

 

 

聖徳太子やブッダ、

イエスキリストじゃないのだから、

誰だって「叩けばホコリが出る」んです。

 

だから

殊更に自分で自分に「ダメ」のハンコを押さない、

ということです。

 

 

 

過去に親に言われたことの中に

「お前はダメだな」と

言われたことがあるとしたら、

 

それは親の未熟さから出た言葉、

だと思ってください。

 

 

親だって

カンペキじゃなかったのです。

 

教育やしつけのエキスパートなわけじゃないから、

上手に少女だったころの貴女に

言葉をかけられることはなかったのです。

 

それに、親もその時、たまたま

イライラしているのかもしれません。

 

虫の居所が悪かったのかもしれません。

 

 

そのコンディションが悪い時に、

たまたま貴女が目の前にいて、そのとばっちりを受けたのかも

しれないからです。

 

 

だから。

貴女はダメじゃありません。

 

というか、

「ダメだ」ということを信じちゃダメです。

 

 

だって

本当はダメじゃないから。

 

そんな風に、少しずつ

自分の「軸」を立て直して戻していってみて。

 

 

 

 

 

そう、

「ダメな私だっていい!」と開き直るということです。

 

むしろ

「ダメな私も、わたしだよ!」と思うということです。

 

「人なんて、どうせカンペキな人はいないじゃん!」と

思うということです。

 

 

 

 

 

 

そんな風に、少しずつ

自分の軌道修正をしてきたなら

 

だんだんと

ダメな自分も、今の自分も、グッドな自分と同じように

自分自身を好きと思うんよ。

 

 

そして。

旦那の態度も、言葉も、行動も、

 

以前のメールでも言いましたが

“貴女の内面にあるもの”

が起こしているのだす(>_<)

 

 

貴女が何を信じて、

何を思い、

旦那に対して

どういう気持ちで接しているか?

自分は旦那に

大切にされる存在かどうか?

 

 

ということが

 

“前提”

 

となって、実際に現実の世界で

旦那の行動や言葉や態度に現れる、

ということです。

 

 

であれば。

 

であれば、

 

貴女の中にある

 

“前提”

 

を変えれば、

現実も変わるということ。

 

 

貴女が信じていること。

貴女が自分に対してイメージしていること。

旦那のこと。

 

そうしたことの

“前提”

を変えてみて。

 

 

そうすると

現実も少しずつ変わっていきますよ。

 

 

 

今日もありがとうございます。

 

自己中夫・スネ夫専門

夫婦カウンセラー えいき

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】  
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料メルマガ】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

自己中・オレ様夫・スネ夫専門

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき  です。

 

 

貴女は

夫に負けたくない!

と思う気持ち、ないですか?

 

 

 

例えば。

旦那とのケンカでは、ゼッタイ負けたくない。

 

 

旦那の収入より、もっと稼ぎたい。

 

 

周りの視線や評価がすごく気になる。

 

 

旦那に謝るのは負けた気がするから、

謝りたくない。

 

 

 

などなど。

 

旦那と張り合う気持ち、

というか

旦那にしたがうこと=負けた感じ

という思いがある人、いると思うんよね。

 

 

確かに…。

 

旦那だけでなく、

目の前の人に負けたくない。

 

 

相手の言葉をそのまま聞いたら、

負けたような気がするし、屈服した自分がイヤ!

 

だから反論しなきゃ!

と思ってしまう。

 

 

でも。実は

こういうとき。

 

あなたのこころの中に、

「何か」があるということ。

 

 

その何か?というのは、

 

例えば

なんだか自分が旦那に対して立場が弱い感じがする。

だから、強くなくては!

とか

 

立場が対等じゃない感じがして

イヤだ!

とか

 

夫の言う通りにしていたら、

なんだか縛られてる感じがするんです…!

 

などなどの

 

旦那や周りの人に対抗する気持ちです。

 

 

 

 

…….だけど、

 

 

 

気になる、ということは

あなたの中に

「気になるタネ」

があるワケです。

 

 

気にならない人は

同じセリフを言われたとしても、気になりません。

 

つまり、

同じセリフを言われたのに気になる人 と

同じセリフを言われても気にならない人 とがいる、

ということ。

 

 

なので

あなたはもしかしたら

「気になる人」なのかもしれないよ、

ということです。

 

 

じゃあ

「気になる人」の気になるワケ

って?ということですけど

 

 

気になる人と気にならない人が

世の中にはいるということは

 

もしかしたらあなたは

「気になる人」ということです。

 

 

もっと言うと、あなたの心のどこかに

“反応のタネ”

があるということです。

 

 

なので

「反応のタネがどこにタネがあるのか?」

を探る必要があります。

(じゃないと、同じことをくり返してしまうからね)

 

 

「じゃあどこに自分の反応のタネがあるか?」

を知ればいいか?というと

過去の体験です。

 

一番はあなたが子どもの頃の

お父さん・お母さんとの関わりの中ですかね。

 

 

例えば

「お前はだらしないな」と言われた。

「バカだな、もっと勉強しろよ」と言われた。

「早くやりなさい!」と怒られた。

「お姉ちゃんでしょ!我慢しなさい!」と言われた。

などと

 

お父さんやお母さんに言われたこと経験がある

としたら、それです。

 

 

言われた言葉じゃなくても、

遅く帰ってきたら、親がすごく不機嫌だった。

お金がかかることは親がイライラしていた。

などなどの態度も影響大ですね。

 

 

要は

言われた言葉、された態度によって

 

あなたが

「わたしってダメだな」と思った、

「わたしが悪いのか…。」と罪悪感を感じた。

「親に迷惑をかけたな」と思った。

 

というような、

反省というか後悔というか、

ちょっとしたこころの傷

みたいなものを感じていたとしたら。

 

 

その傷が

さっきお話しした「こころのタネ」となって

行動に結びつき

旦那との関わりの中でその芽が出る

ということになるわけ。

 

 

なので、

 

実家のお父さん・お母さんとの関わり。

子どもの頃の先生から言われた言葉。

コーチや塾の先生などの大人からの言葉などなど

あなたが経験したことをさかのぼる、

というか自分を振り返る

ということが大事です。

 

 

 

 

ここで一つ、疑問が湧くと思います。

 

 

それは

「気になる人」と「気にならない人」がいるのは分かった。

そしてこころのタネのことも分かった。

 

 

でも、実際は

どういう風に・どんな気持ちでいればいいのよ?

ということですよね。

 

 

 

それには

相手が何か言って “きても”、

“相手がイライラしていたと “しても”、

“相手から八つ当たりされた “としても”、

 

「それはわたしのせいじゃない」

と思えばいい、

ということです。

 

相手の機嫌が悪いのは、

あなたのせいじゃないのです。

もしそうだとしても、そのイライラは旦那の問題です。

 

旦那からあれこれ言われるということは

旦那が勝手にあなたをはけ口にしてる可能性が大きいのです。

 

 

だから

あなたのせいじゃ、ないです。

 

 

要は

そういう風に

相手からの負のエネルギーを

受け止めずに受け流す、ということです。

 

 

 

そんな風に過ごしていると

ぶっちゃけ、旦那がどうであっても

あなたのこころにはあまり影響はないです。

 

そうなんです。そういう状態だともう、

争う必要も、

戦う必要も、

競う必要も、なくなるんです。

 

 

負けたくない!のは、競う相手がいるからです。

戦うのは、戦うべき相手=敵がいるからです。

 

敵がいるということは、

「どちらかが正義!片方が悪!」という図式が

成り立ってしまうからです。

 

その構図から降りればいいのです。

 

 

争うのは、争うことで自分の正当性や

自分の力を誇示したいと思ってしまうからですから。

 

 

そんな風に争いのらせん階段を自分から

降りるということをしてみてください。

 

 

そうすることで

相手を気にしてしまう、という状態からの

サヨナラの状態に近づけます。

 

そろそろ

無益な戦いからサヨナラしましょう^^

 

そしてあなたの魅力や美しさ、そして

楽しさを追求することに

時間を費す方向に持っていきましょう。

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】      
 ブログで言ないもっと深いお話こちら 【有料メルマガ】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

スネ夫・ジャイアン夫専門の夫婦カウンセラー、

100%貴女の味方!カウンセラー えいき です。

 

今日の内容は

 

旦那の行動や言葉が気になる…。

 

旦那の顔色をうかがってしまう…。

いう貴女のためのお話し。

 

 

 

“そうならない方法”

を少し、ぶっちゃけます。

 

 

というのは…。

 

クライアントさんの中に、

旦那の顔色を見てしまいます…。

とか

 

夫の機嫌の良し悪しがすごく気になります…。

とか

 

夫の言葉や行動に振り回されてしまいます…。

という女性が

とても多いからです。

 

 

 

そんな

旦那の顔色をうかがったり、

 

行動や表情や言葉を気にしたり

 

振り回されてしまう状態は

いわゆる、

「他人主義」。

 

 

 

旦那の顔色をうかがったり、

今日の夫は機嫌が悪そうかな

と気になったり、

 

旦那の行動や表情や言葉を心配したり

という状況は

 

相手に「軸」があって

自分に「軸」がない状態だから。

 

 

 

そういう場合、

旦那の言動が必要以上に気になるし、

 

”夫婦なのに”

相手に非常に気を遣うことになります。。。

 

 

何十年も一緒にいるのが夫婦なのに、

それでは疲れてしまう。

 

 

なので

今日は、まずそうならないためのお話し。

 

 

 

旦那の顔色を見てしまう。

 

相手にすごく気を遣う。

 

旦那に振り回されてしまう。

という場合、

 

基本的に

”自分よりも相手を” 優先しています。

 

 

 

そりゃそうですよね。

 

 

でも、本当は

まずは自分が大事。

 

 

あ、この場合の

”自分が大事” というのは、

何も「自己中になれ!」と言っているわけでは、

ナイです。

 

 

そうではなくて、まず最初に

自分の気持ち・状態・思考を大事にする、

ということ。

 

 

 

で、この場合に大切なことは……

 

 

あなたがあなた自身を好きになる、

ということ。

 

 

 

どういうことか?というと、

僕はカウンセリング のときにクライアントさんに

「あなたは自分のこと好きですか?」

と聞くことがあるんやけど

 

 

そういうとき、

旦那との関係がうまくいっていない女性ほど

自分をあまり好きではないです

自分に自信がないんです

と答えてしまう女性が多い。

 

 

 

 

 

つまりそれは、

自分に自信がない=夫に大切にされる価値がない、

と思っているということ。

 

 

 

 

要は

「こんな私だからダメだ…。」

「こんなだから私は、夫に大切にされない。」

と思っている、ということ。

 

 

 

これを言い換えると

「私は自分を好きじゃないけど、

でもあなた(=夫)は私を好きになって!」

と言っているようなもの。

 

 

でも、

それはちょっと無理がある。

 

 

 

 

なので、まずは

あなたが

「あなた自身を好きになる」ということが大事。

 

 

自分が

自分の一番のサポーターになる!

 

自分が

一番のファンになる!

ということ。

 

 

 

この場合、「自分が自分を好きになる」要素は、

なにも

ルックスがかわいい  とか

体型がやせている  とか

料理が上手  とか

そういうことではありません。

 

 

 

ルックスや体型や髪形はすべて外側ですし。

 

 

 

そうではなく

 

あなたの中にある(自分で思っている)ダメなところも

 

あなたの中にある(自分で思っている)自分のイヤなところも

受け入れて、

 

こんな私でもいいよね。

こんな私だからいいよね!

と思うところからスタートする、ということ。

 

 

これは開き直りではなく、

どんな自分でもそれが私だよねっ! と、

受け入れるということ。

 

 

そういう自分になっていくと、

旦那の言葉や態度や行動に自分が揺さぶられる、

ということもぐっと少なくなるし、

 

 

もっとラクに過ごせるようになる。

 

 

なので、まずは

自分で自分を受け入れる。

そして

自分を受け入れてあげ

”たら”

 

次は旦那のことも受け入れる

というようにしてみて。

 

 

 

 

例えば

「毎日スカートを履きましょう」ということや、

「なるべき旦那の前ではメイクしよう」というようなことを

アドバイスするカウンセラーさんもいるかもしれない。

 

でも。

それらはさっきも言った通り、

表面的なこと。

 

 

 

そうではなく、

あなたの内面=中身が大事。

 

 

なぜなら

内面=潜在意識の占めている割合が

95%だから。

 

 

あなたが普段、

たくさん・いろいろ考えていることにもかかわらず、

それは意識の中の5%しか使ってない

と言われているんよ。

 

 

つまり

顕在意識というやつ。

これはわずか5%だけ、というびっくりな現実。

 

 

なので、

まずは95%の中にあるもの

(ここでは自己肯定感)を変えていくということ。

 

 

旦那とのコミュニケーションとか、言葉がけとか

「オトコにはこういった方が良い!」

というようなことは後付けでいいんよ。

 

 

 

5%の部分よりも95%の部分の方が、

エネルギーが大きい。

 

 

だから、95%の中にあるものを

変えていく方が、

実際は現実は早く変わっていきます。

 

 

 

なので、まずはあなた。

 

95%の中のあなた、

95%の中にあるもの、を変えていきましょ。

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】          
ブログで言ないもっとお話こちら      
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき  です。

 

 

ジャイアン夫の特徴として

自己中やオレ様、

ワガママだったり

自分勝手だったり

ということがあります。

 

先日。ジャイアン夫について

こんなことをお話したんですが…。

 

 

ぶっちゃけ、

自己中でオレ様なな旦那に

振り回されたり

顔色をうかがったり

して困っていると思うんですが、

 

 

“それでも”

 

結婚当初は

ラブラブだったワケですよね。

 

というか、

結婚前のお付き合いのときに旦那のことを

「ステキな人!」

「カッコいい!」

「私を守ってくれるかも!」

と思っていたと思うんです。

 

 

 

ではなぜ

いまはすごくイヤになってしまったのか?

ということ。

 

 

それは、

以前もちょっとお話ししたんやけど

旦那のプラスとマイナスのこと

が原因です。

 

 

 

あなたがお付き合いの当時、

そして新婚当初のラブラブだったとき。

 

その時は

実はあなたにとって

旦那の

”プラスの部分”がすごく

クローズアップされていたんよ。

 

 

ぐいぐい引っ張ってくれる。

 

イニシアティブがある。

 

頼もしい。

 

男らしい。

 

自分の意見をちゃんと言える。

 

私を守ってくれる。

 

ご飯をおごってくれる(お金を持っている)・太っ腹。

 

両腕の筋肉があってたくましい

などなど。

 

 

そうしたことに、あなたは

いわゆる「惚れた」というワケです。

 

 

以前お話しした「プラス」の部分やね。

 

 

 

で、

これには

恋愛ホルモン「フェニルエアチミン」=PEAというホルモン

が関係しているそう。

 

 

旦那がまだ彼氏だったとき。

デートでドキドキするとPEAが

分泌されらしい。

 

 

そうすると、

旦那の欠点はまるでキラキラと

輝いたステキな要素に見えた、

ということ。

 

つまり

「プラスだけ」しか見えなかった。

 

 

それで旦那を恋の相手、

結婚相手に選んでしまったというわけ。

 

 

 

 

 

 

ですが。

PRAが分泌される時間は

そんなに長くない。

 

だって、

非日常やサプライズが

起きてドキドキするのは短い時間、

もしくは、ほんの一時やから。

 

 

むしろ、生活が始まると、

「非日常」より「日常」の時間の方が

多くなるよね。。。

 

 

そして

子ども達が生まれたら、

今度はあなたは“お母さん”になるし。

 

 

母親としては当然、子ども優先になるから

旦那は後回しになるし、ね。

 

 

「日常の連続」と「子ども達」のおかげで、

あなたはハッと我に返ったんです(笑)。

 

 

我に返ったあなたは、

旦那の「マイナス部分」が

見えるようになってしまったというわけ。

 

 

 

 

さてさて。

 

では、どうして“ジャイアン夫”なのに、

あなたは旦那を選んでしまったのか?

という理由の2つめです。

 

 

それは

あなたのお父さんが関係しています。

 

そう、

あなたの実のお父さんです。

 

あなたが幼児の頃。

あるいは赤ちゃんだった頃。

最初に出会った異性は「お父さん」。

 

 

あなたにとって

「オトコはこういうものだ」という

見本になったのが

良くも悪くもあなたのお父さん。

 

 

お父さんが家族をぐいぐい引っ張ってくれる。

 

お父さんに守られていた。

 

お父さんが頼もしかった。

 

 

そうしたお父さんの「プラスの部分」を

幼少期に感じていたために、

「もう一度、それを感じたい」と思ったあなたは

いまの旦那さんと出会ったというワケ。

 

 

 

ところが

前回のメルマガでもお話ししたように、

プラスとマイナスは裏と表の関係なので

引き離せません。

 

なので、お父さんの「マイナスの部分」、

怒ってばかりいる。

 

口やかましい。

 

上から目線。

 

自己中で家族を振りまわす

という要素も同じように再度、感じたかったのです。

 

 

つまり、

“ジャイアン夫” を選んでしまったのは、

お父さんの影響もあるということ。

 

 

 

 

 

ということで、

旦那さんは

”ジャイアン夫” なのに

あなたが選んでしまった理由は

こういうことだったんです。

 

 

 

ここで。

あなたの中に隠れているもの

についてお話しします。

 

 

実は、

いまあなたが旦那の

自己中・オレ様・自分勝手・ワガママ・上から目線

に困っているのだとしたら、

 

 

それは

“あなたが”

望んだのかもしれないよ、

ということ。

 

 

先ほどお話しした通り、

最初に出会った異性は「お父さん」でした。

 

 

お父さんの頼もしさ、優しさ、経済的な援助などなどから、

「男ってこういうものなんだ」

「こんな風に守ってもらいたい」

とイメージした。

 

 

そのイメージがあなたの中にあって、

「頼もしい・男らしい・頼り甲斐がある

・ぐいぐい引っ張ってくれる・甲斐性がある」

 

という要素

(どの部分が欲しいか?は女性によって違いますけど)

がある男性がいい!

というオーダーを、

潜在意識さんにしてしまったから。

 

 

 

ということは

目の前の旦那は

あなたが望んだ通りの男性」ということ。

 

 

あなたが旦那を

「イヤだなぁ!」

「旦那ムカツク!」

「腹が立つ!」

と思う場合、それはプラスにくっついている

(はがすことのできない)

マイナス部分に反応しているだけ。

 

 

本当はプラスもマイナスもセットなので、

やっぱりあなたの望み通り!だったんです。

 

 

なので、

あなたが旦那と出会う前に、

自分でどんな男性と結婚したい!と思っていたか

ちょっと思い出してみてください。

 

 

 

あなたの内面にあるものこそが

潜在意識さんにオーダーしたものですから。

 

夫婦関係を変える・自分を変える
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】   
ブログでは言ないもっと深い夫の心理こちら【有料メルマガ】
LINE@でお得・新着情報届きます^^
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいきです。

 

 

今日のお話しは

あるクライアントさんからの相談がヒント。

 

 

それは…。

 

ウチの夫のセクシャリティにすごく不満があるんです!

という一言。

 

具体的なことは個人情報なので

書けないけど、

 

なんて言うんですかね…。

 

 

カンタンに言うと、

まぁちょっと…。Hなものが好きなんです。

 

 

それを気にしている女性からの相談だったので

「これはもしかしたら、他の女性でも

旦那のセクシャリティが気になる!」

という女性がいるかもしれない!

と思ったわけです。

 

 

なので今日のテーマは

「旦那の正体=オトコの正体」

という内容。

 

 

 

正体、というと

 

え?

なになに?

どんな本性を隠しているの?

と思うかもしれないですが…。

 

 

そう。

 

ぶっちゃけて言うと、

「女性のあなたよりも男性の方が性欲が強い」

という話し。

 

 

ここで誤解しないでほしいことは

女性にもちゃんと性欲があるし、

 

逆に男性でも、すごくタンパクで

結婚してからは冷めた感じになって

ハグもチューもなく、

“ただの同居人”

のような旦那も世の中にはいる。

 

 

なので

絶対そう!という話しじゃないよ、

ということです。

 

 

ただ

得てして一般的には

男性の方が性欲が強い」です。

 

ちまたに溢れている

中高生が読むようなマンガにも雑誌にも

パンチラシーンや

胸元がみえそうなシーンなど

Hなシーンが多いしね…。

 

 

まさに中学生くらいから性に目覚めるというか、

実際世の男性のアタマの中は(あなたの旦那も含めて)

 

Hなこと・スケベなことに関しては

中学生くらいから、たいして成長していない。

 

 

 

なので。

旦那の部屋のタンスとかベットの下には

Hな本とかDVDがある(笑)。

 

だから

冒頭のクライアントさんのように

「旦那のセクシャリティが気になる」という方は

多いかもしれんけど、

 

 

そういうHな気持ちや欲望は

ほとんどの男性が多かれ少なかれ持っている

と言えます。

 

ただそれを外側に出すか・出さないか?

の違いだけ。

 

そうした欲望が強くて

さらに対台的に放出する人が

いわゆる犯罪で捕まってしまう人

なんやと思います。

 

 

 

 

 

なので、

旦那には

Hな気持ち・エロい気持ちが結構あるんだ

ということをまず理解して。

 

そして

そのHな気持ちが外に向くのか、

あるいは

あなたに向けてくれるのか?

によって、

 

あなたが寂しい思いをするか、

 

旦那に愛されてそのうえ

夜の営みにつながっていくか

が変わっていく。

 

 

だから

「結婚したからメイクは適当でいいや」

ということも

 

「子どもの世話に追われてメイクどころじゃないわ」

ということも、

なるべく避けたほうがいい。

 

 

特に世の男性が嫌がるのは、

自分の奥さんが所帯じみてしまうこと。

 

 

例えばパンツがセクシーなものではなく

いわゆる“ババパン”みたいなものになること(笑)

 

メイクに気を遣わなくなったり、

髪形や髪の色に気を遣わなくなったりと、

だんだん「女」を捨ててしまうこととです。

 

 

なのでもし

「夜の営みが少なくて寂しい…。」

という思いが貴女にあるとしたら、

 

ちょっと下着や髪型、

お肌のお手入れなどに気を遣うと

いいかもしれない。

 

 

 

ちなみに

ある男性の告白を聞いたことがあるんですけどね。

 

その男性は

「自分の奥さんよりAV女優の方がいい」

「だからDVDを観る方がいい」

と言うのです。         ←なんとあからさまな!

 

 

どうして?と聞いたら、

「AV女優はキレイに化粧をしているから」

というではないですか。

 

それを聞いて

はぁ、なるほど!と思った記憶がありますよ。

 

 

 

 

 

 

さてさて。

 

ここまでは「女性がこうした方がいい」

ということをお話ししたけど

 

もちろん旦那側も

「何もしないでいい」というわけではナイ。

 

 

やっぱり夫婦関係は

2人で作っていくものなので、

 

お互いの頑張りと努力、

お互いのすり合わせ

協力、

理解しようとすること

が必要なのは言うまでもない。

 

 

だから

本当は旦那側も、

それなりに努力する必要はあります。

 

 

 

でもとりあえずこれは

女性向けに書いているので、

まずは「あなたができること」をしましょう!

という感じ。

 

 

なので当然、

これまでにもお伝えしたように

「自分の内面を変えていく」ということは

これからも必要です。

 

 

 

それにはまず

あなたが「自分を自身を好きになる」。

 

 

“自分を好きになる”

とは、

 

あなたの中にあるダメなところも

自分のイヤなところも受け入れる、

ということ。

 

「どんな自分でもそれが私だよね!」

と思うということ。

 

 

それが前提にあってはじめて、

メイクも髪形も服装も下着も(笑)、

 

「自分のために気をつける」

ということになるわけです。

 

 

例えば

メイクをした自分は

なんだか「私っていい女!」と思えません?

 

例えば

まつエクやつけまつげをして

ふさふさのまつげの自分なら

なんだか女子力がアップする気がしますよね。

 

そういう風に

「自分で自分のことが好きになる」ための

メイク・服装・髪型であればいいのです。

 

 

貴女自身が輝いていれば

旦那はいつまでも貴女をステキだ、

かわいいと思ってくれるでね。

 

 

 

今日ありがとうございます。

夫婦関係を変える・自分を変える
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】                 
ブログでは言ないもっと深い夫の心理こちら【有料メルマガ】
LINE@でお得・新着情報届きます^^
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類


次のページ »