【夫婦改善】夫がどうであっても貴女は幸せになる!

あなたが変わると旦那も変わる。
30分で夫の心理を知り 60分で原因が分かり
1か月で関わりを改善し 3ヶ月で幸せ夫婦になる!
〝子どものため”に〝本気になる”
“元・自己中ダメ夫”→現 妻想いの“家族カウンセラーが教えます!

夫の自己中・だらしない・コドモ・に 関係なく
自分らしく輝いて生きる貴女の講座・カウンセリング


名古屋テレビ「ドデスカ!」に出演しました
テレビ2

■名古屋テレビ「ドデスカ!」に家族専門カウンセラー
として出演




海外在住の日本人向け雑誌「CHEERS」に

特集記事が掲載されました
チアーズ表紙 チアーズ掲載

■雑誌「Cheers」に “夫婦円満” の特集として掲載



【実際の講座・セミナーの様子】


セミナ5 ハグ セミナーの様子2
セミナー④ セミナー集合写真
セミナ2 講座終了


■体験カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック (※体験カウンセリング割引価格) ■通常カウンセリング詳しいお話→こちらをクリック  



こんにちは。

自己中・オレ様夫

スネ夫専門の夫婦カウンセラー えいき です。

 

 

ここ最近、
クライアントさんとカウンセリングでお話しして、
似たような傾向の人がいるぁ….。と思ってまして。

なので、ある時のカウンセリングでの
クライアントさんと僕のやりとりを
こちらにシェアしますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あるカウンセリングでの会話》

僕:いまお聞きしたこのことがここでのポイントだと思うので、
この部分をやっていきましょう。 やれますか?

クライアントさん
以下Cさん :ええ….。“でも”…それは….。(しばし無言)

僕:じゃあ、さっき言ってた◯◯ならできそうですか?

Cさん:…….はい、まあ…。“でも” 難しいかもしれません。だって…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このやりとりの中で

“ある特徴”

がありますよね。

 

 

そうなんです。

このカウンセリングでのクライアントさん。

 

その方のつまづいているところに対して

カウンセリングで明らかになったこと

をお伝えしたんですけど、

「でも….。」「だって…。」

いう言葉が多いんです。

 

何かを提案しても、

その方にとっての

ポイントだなということをお伝えしても、

 

「でも」という言葉と「言い訳」で、

次への行動に進めないんです。

 

こうした「でも」とかイイワケというのは

その人のクセなんですけど
本人も気づいてないクセだったりします。

 

 

ですが、

 

夫との関係をホントは変えたい

と思っているのに

 

そのための行動ができない…!という女性の多くは

 

「でも」「だって」というような言葉を

“自分に”

してしまう、ということがあります。

 

 

変わりたいのに変われない、

夫との関係をよくしたいけどできない

 

という場合。

なぜ、そういうことが起きるか?
というと

変化がこわい・変わることに抵抗がある

から。

 

人は変化を嫌う生き物だから。

 

 

そしてそして。

人は「変化しない」ことを選ぶことで、

めっちゃメリットがあるからです。

 

 

もちろんそのメリット、

というのはあまり良くないメリット。

 

 

そう。

お母さんにグチれる
(グチは言えるけど問題解決にはならない)から。

 

友達に相談できる
(スッキリはするけど解決はしない)から。

 

 

悩みを持ち続けることで
同情してもらえる、

「かわいそう」と思ってもらえる、

「大変ね」と言ってもらえる

という
メリットがあるから

解決したい!と思わないのです。

 

 

 

 

僕はカウンセラーとして

あなたの問題や悩みを客観的にみたり

その人の感情と思考がどういう状態か?を

見ています。

 

 

さらに

クライアントさんの感情に深く入っていって

おきている出来事や問題の
奥には何があるのか? 

 

その人の中にあるタネは何か?

を感じて
それをお伝えしています。

 

でも。

 

僕がそうしたことをお伝えしても

その聞いたことを

どう選択するか?

どういう風に行動して変えていくか?

は、

「自分しかできない」


いうこと。

 

 

さきほどのクライアントさんの場合、
できない理由やイイワケをしてしまい、
結局、前に進んでいないんですが

 

ということはもしかしたら

さっきのメリットの喩えから言うと

 

悩み続けていたい人

 

本当に解決したいと思ってない人


いうことなのかもしれないわけです。

 

 

確かに前に進むということは

不安もあるし

こわいですよね….。

 

 

でも

結果を変えるためには
今までと違うことをしなきゃいけない。

 

今までとは違う選択をしないと
結果も変わらない

ということ。

 

つまり結果を変えるには

自分の選択を変えないとダメだよ

ということです。

 

 

 

 

でも違う選択をする、

違う行動をとる、ということは

人によってはこわいことでもあります。

 

不安もたくさん出てきたりします。

 

 

そういう

「自分を変える不安」

“よりも”

「だったら今までと同じ方がいい!」と

思う人もいるかもしれないです。

 

 

でも、

やっぱり今までと同じ行動をとっていたら

結果は同じなんです。

 

これまでと同じ選択をしたら、

今までと同じ結果しかやってきません。

 

 

なので、

思い切って
これまでとは違った行動をとってみる

ということが

もっとも結果が変わる可能性も広がります。

 

 

すべて、貴女がどんな「目的」を持っているか?

が大事になってきます。

 

 

これまでのように悩みを持っていたい。

 

その悩みをお母さんや友達にグチることでスッキリしたい

 

悩みを持ち続けているメリット
の方がいい

 

という「目的」を持っていれば、

ずっと、問題や悩みを解決しない方がいいです。

 

 

 

本当に今の現状を変えたい!

二人とも年を取ったら、旦那と仲良く旅行に行きたい。

あの頃のように夫と笑いながら夕ご飯を食べたい。

 

夫の顔色をみないで何気ない会話をしたい。

 

という「目的」を持っているなら

 

ちょっとだけ

今までとは違う選択肢を選ぶ勇気

 

「現状を変えたい」「自分を変えたい」という勇気

を出していく必要があります。

 

 

その勇気を持っている女性が

夫婦関係が変わる女性だと思うんです^^

 

 

今日ありがとうございます。

 

 

自己中・オレ様・スネ夫専門夫婦カウンセラー えいき

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】  
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料メルマガ】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

男性心理を教える”唯一の”男性夫婦カウンセラー えいき です。

 

貴女と旦那とで
話をしているとき、

ちょっと言い合いになったとき

夫婦喧嘩のとき。

パソコンのフリーズのように

 

会話が止まること

動作が止まってしまうこと

旦那さんが黙ってしまうこと、

ないですか?

 

ええ….。
「男」にはよくあります。

次の言葉が言いたい

のに

でてこないこと。

 

なぜウチの旦那は黙るの?

と思いますよね?

 

 

なぜか?というと
オトコの場合、

自分の思いを上手に表現できない
時が、それです。
(それがあなたを
より一層イライラさせたりすることもあるんですが)

 

どうしてそんなことになるか?と
いうと

 

男は話をするときに
左脳しか使ってないからです。

 

 

だから、一生懸命アタマで考えて、考えて、

それでも貴女に対するコトバが出てこないと

「黙る」

 

 

左脳=論理
やから。

 

フリーズ状態の男=思考が止まっている

ので

次の言葉を探してて
反撃できない

のですね。、

 

 

女性のあなたから見たら、

黙って話さない旦那=あなたの話を聞いていない

と思うかもしれないですが

 

 

でもそうではない。

 

 

フリーズして止まっているだけ、
だったりする(笑)。

 

 

だから

仮に、夫婦喧嘩のときがあったとして、

 

その時に旦那が黙っていると

旦那からの反応がなくて

まるで無視されるみたい…。

イライラすると思うんですが、

 

別に
貴女を無視してるワケじゃない。

 

言葉が出なくて、
思考が停止してるだけ

 

なので。

ああ…。ウチの夫は黙っているんじゃなくて
 フリーズして話せないのね

と、思ってみてほしいんです。

 

 

 

ちなみに。

オトコは、
「自分が正しい!」と思いたい人種です。

自分が主導権を握りたいし

自分の方が上、と思いたいし。

 

 

なので

自分が言葉で負けたくない。

自分が弱みを見せたくない。


いうところがあるんよね。

 

 

弱いところを見せると

“負けた気がする”

から、

そういうところを貴女に見せないようにしてる。
無視ではなく、

言わないのでもなく、

「言えないだけ」なのです(笑)。

 

 

 

そして

言い争いのケンカの場合。

 

 

お互いの「自己主張のぶつかり合い」なので

 

どちらかが大人になる

どちらかが折れないと

いつまでも

戦いは続くことになる。

 

 

なので

夫婦喧嘩の前にルールを決めておくといいです。

 

 

例えば

「夫婦喧嘩をしても、その日一日で終わりにする」

「次の日に、ケンカの火種を持ち越さない」

「次の日には『おはよう』と必ず言う」

みたいな感じ。

 

 

 

 

ということで、

前置きが長かったけど(←ここまで前置きやったんかい!?)

 

 

無言ケンカも

言い争うケンカも、

 

 

結局は

「オレが正しい!」「私が正しい!」

ぶつかり合い

 

 

旦那が自分の主張をするとき、

当然そこには

オレの考えが正しいんじゃ!

という思いがあるし

 

 

自己中な旦那の場合はそこに

オレの言うことは聞け!

という思いも出てくる。

 

 

 

「オレが正しい!」をぶつけてくる、というワケです。

 

 

逆に貴女も

そこを上手にやらないと

「わたしが正しいのよ!」と、争うことになるよね。

 

人と人も

国と国も

パートナーとパートナーも。

 

 

オレがオレが!を主張してくる相手に

私も!私も!と自分の主張をぶつけると

 

国と国では戦争になるように

 

人と人とでは

ケンカか、もしくは物別れに終わるから。

 

 

 

だから

夫婦喧嘩自体は悪いことではない

のだけど。、

そのやり方が大事。

 

貴女の思いも伝えつつ、

旦那の理屈も聞きつつ、

お互いのすり合あわせをする。

 

で、

二人のすり合わせの結果、

「落としどころを探る」というやり方がいい。

 

 

もちろんそれは

旦那=オトコの心理を知りつつ、

貴女自身の伝え方も磨かなきゃだけどね。

 

 

今日ありがとうございます。

 

 

男性心理を教える”唯一の”男性夫婦カウンセラー えいき

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】  
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料メルマガ】
LINE@で情報ゲットしたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 夫婦のコミュニケーション



こんにちは。
100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき です。

 

世の中の出来事のほとんどは
そうなんやけど

 

夫婦関係は

とくに

“その”傾向が強いです。

 

”その傾向”
というのは

 

 

いま起きている問題や課題は

「その出来事が起きるためのタネを
 知らずに蒔いてしまったから」

ということ。

 

 

それと同じように、

 

旦那の困った行動も

貴女へのモラハラ的な言葉も、

 

貴女のこころの中にある

“前提”

が起こしてしまったかも?というのが

今日のお話し…。

 

 

 

例えば。

貴女は、自分のことを好きですか?

 

 

うん!手放しで私は私のことを好きだ!と言えます。

という人も中にはいるかもしれません。

 

 

でも。

ほとんどの女性は

いや…。 私なんて。料理も下手だし、かわいくないし。

 そんなに自分のこと、好きじゃないわ

とか

 

私は、『何をやってもダメだな」と言われた経験が多いです。

 子どもの頃、とくに父親に言われたことが多かったので、

 『自分はダメなんだ』と思ってしまいます

とか

 

これまで自分なりに頑張ってきたけど、でも夫は全然私を褒めてくれません。

 料理を『美味しい』と言ってくれたこともないし、『ありがとう』という一言でさえ

 言われたことがないです。

という人も

いるかもしれません。

 

 

そんな風に

これまでの経験とか

親に言われたこと。

 

そして、旦那にされたこと・言われた言葉によって、

「自分はダメなのかな…。」

と思ってしまう女性は、結構、多かったりします。

 

 

要は

「自分のことが好きではない」

「自分はダメだ」

と思っている、ということは

 

“自分に自信がない”

 

ということ。

 

 

自分に自信がない女性は、

旦那から仮に

「今日は髪型、いいじゃん!」と言われたとしても、

「それ本気で言ってるの?」と疑います(笑)。

 

 

自分に自信がない女性は、メイクをしても

「なんか私、イケてない」とか

「どうして私の顔はこんな風なのかしら」と、

自分の顔さえダメ出ししてしまいます。

 

 

本当はそんなことないのに

です。

 

 

つまり

自分で自分を卑下して、

自分で自分に

「ダメ」というハンコを押しているようなもの。

 

 

まずは

そういうことをストップしてみてください。

 

 

そして、

負のスパイラルの思考を

文字通りストップするのです。

 

 

そして。

これが特に大事なことですけど、

 

「ダメな自分でもいい」

と思うということ。

 

 

そもそも

欠点のない人はいません。

もちろん失敗しない人もいません。

 

聖徳太子やブッダ、

イエスキリストじゃないのだから、

 

誰だって「叩けばホコリが出る」んです。

 

だから、殊更に

自分で自分に「ダメ」のハンコを押さない、

ということ。

 

 

過去に親に言われたことの中に
「お前はダメだな」と言われたことがあるとしたら、

 

それは親の未熟さから出た言葉、
だと思ってください。

 

親だってカンペキじゃなかったのです。

 

教育やしつけのエキスパートなわけじゃないから、

上手に少女だったころの貴女に、言葉をかけられることは

なかったのです。

 

それに親もその時、たまたま
イライラしているのかもしれません。

 

虫の居所が悪かったのかもしれません。

 

 

そのコンディションが悪い時に
たまたま貴女が目の前にいて、

そのとばっちりを受けたのかもしれないからです。

 

 

だから。

貴女はダメじゃありません。

 

というか、
「ダメだ」ということを信じてはいけません。

 

だって

本当はダメじゃないから。

 

 

そんな風に、少しずつ

自分の「軸」を立て直して戻していってみてください。

 

 

そう、

「ダメな私だっていい!」と開き直るということです。

 

むしろ

「ダメな私も、わたしだよ!」と思うということです。

 

「人なんて、どうせカンペキな人はいないじゃん!」と

思うということです。

 

そんな風に、少しずつ

自分の軌道修正をしてきたなら

 

だんだんと

ダメな自分も、今の自分も、

グッドな自分と同じように

自分自身を好きになってきます。

 

 

そして。

旦那の態度も、言葉も、行動も、

 

以前も言いましたが

“貴女の内面にあるもの”

が起こしています。

 

 

貴女が何を信じて、

何を思い、

旦那に対してどういう気持ちで接しているか?

自分は旦那に大切にされる存在かどうか?

 

ということが

“前提”

となって、

 

実際に現実の世界で

旦那の行動や言葉や態度に現れる、ということです。

 

 

であれば。

 

であれば、

 

貴女の中にある

 

“前提”

 

を変えれば、現実も変わるということです。

 

 

貴女が信じていること。

貴女が自分に対してイメージしていること。

旦那のこと。

 

そうしたことの

“前提”

を変えてみてください。

 

 

そうすると、現実も少しずつ変わっていきますよ。

 

 

 

今日ありがとうございます。

 

100%貴女の味方!

スネ夫・自己中・オレ様専門夫婦カウンセラー   えいき

 

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールこちらをクリック
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類



こんにちは。

100%オレ様・自己中・スネ夫専門夫婦カウンセラー
えいきです。

 

貴女が

この人と一緒になったら 

 幸せになれるに違いないわ!

と思って結婚したはずの旦那。

 

 

 

実際は、フタを開けてみたら

「そうではなかった」

ということが多いかもしれない。

 

 

旦那が自己中でワガママで…。
とか

旦那が三カ月も口を利いてくれなくて…。
とか

旦那に浮気の疑いがあった、
とか

実際に浮気があった、
とか。

 

 

とにかく
平穏な生活は束の間に過ぎて

いろいろなことが起きて
ここまできた……。。、

という感じのこともあったかもしれない。

 

 

 

今日はそういう、

いろんなことが起きたり

 

夫の行動やコトバや態度にイラっとしたり

 

「ウチの旦那の○○なところがイヤなのよ!」とか

「○○がホントにムカつく!」と
思ってたとして、

 

 

そこには何か、カラクリがあるんじゃね?

というお話し。

 

 

 

じゃあそのカラクリって何?

ということやけど、

 

 

実はこの話し、以前も少し書いたので

ご存知かもしれないです。

 

 

 

それは…。

貴女と旦那の関係において

「夫婦はかがみ」

ということがあるよ、ということ。

 

 

 

 

「夫婦はかがみ」って…??

 

 

 

 

そう。

 

旦那が貴女に対して
持っている不満・不安・怒り

 

”貴女も”

那に対して

不満・不安・怒り

持っているということ。

 


え?うそ!?

 

 

例えば貴女が

旦那のその言い方がムカつく!
 いつも相手を責めるような、キツイ言い方をしてイヤだ!

と思っているとします。

 

 

すると、もしかしたら

貴女

“も”

旦那と同じような行動をしている、
ということ。

 

 

たとえばやけど、

 

貴女も子どもに対して
キツイ言い方で怒ってしまう。

 

自分が責められたときに
相手を攻撃するような言葉で言ってしまう、

みたいなことがあるということ。

 

 

 

ええ?

ウソ?そんな要素
私にあるワケないでしょ?

と思うかもしれない。

 

 

 

でも…。

いまの話しはあくまで例だけど、

似たようなことが
貴女にあるわけ。

 

 

言葉だけじゃなく、

行動とか

考え方とか

見方とか

スタンスなんかにも

そういうものは隠れています。

 

 

だから、

まさに旦那はかがみ。

 

まるでかがみのように

貴女のこころの中にあるモノを

映し出して見せてくれているワケ。

 

 

 

 

だから。

だから、

旦那は「かがみ」だからこそ、

 

旦那の行動・コトバ・価値観などで

現実の世界に見せてくれているわけです。

 

 

なぜなら

貴女の中にある課題や問題は、

自分ではなかなか気づけないから。

 

 

自分の内面にあるものに

自分で気づけないのは、

「かがみを使わなければ自分の顔が見れない」

のと一緒。

 

 

 

例えば貴女がメイクをするとき。

どんなに頑張っても

かがみを使わずにメイクをすることは不可能だよね。

 

かがみで

自分の肌の調子・目や鼻や唇などを

確認するから、

メイクをすることで

よりステキに変身できるんですもんね。

 

 

そう。

旦那という存在は

まさに貴女の内面にある

自分で気づけないモノを

気づかせてくれる「かがみ」なんです。

 

 

 

 

だとしたら、

旦那が見せてくれる

あらゆる行動や出来事によって、

貴女自身を知ることができます。

 

 

なんのために?

 

 

それは、貴女自身がより変化して

成長して、

精神的にレベルアップするため。

 

 

 

 

なので、

 

貴女が

旦那を気にしないようになりたい、

旦那ともっと仲良くなりたい、

旦那ともっと分かり合いたい、

自分自身をレベルアップさせたい、

思うなら、

 

 

旦那という「かがみ」を

自分のために使って、

 

もっと進化した自分になればいい。

 

 

ちなみに

この「かがみの法則」は、旦那だけに限らないんよ
(もちろんパートナー関係が一番濃い関係性だけど)

 

 

周りの友人関係、

貴女の子ども達、

貴女の両親などなど、

 

貴女を取り巻く人間関係

“でも”

それは同じ。

 

 

貴女自身の中に何があるのか?

 

課題はどこにあるのか?

 

相手がかがみとして映してくれることで

貴女が

 

”それ”

 

知ることができるから。

 

 

なので。

 

おそれずに周りの人と向き合ったり、

旦那と向き合ってみて。

 

 

そして

自分の中にある課題に気づく。

 

で、気づくと
人は変われます^^

 

貴女の内面が変わると

旦那も変わりますよ(*^^*)

 

 

 

今日ありがとうございます。

 

 

100%貴女の味方!の夫婦カウンセラー えいき

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】  
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料メルマガ】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 夫が分からない!



 

こんにちは。

自己中夫・スネ夫専門夫婦カウンセラー えいきです。

以前、も

少しお話ししたかもしれないですが

 

いま貴女が旦那との間で

起きている出来事

は、

 

「その出来事が起きるためのタネを蒔いてしまったからかもよ」

とお伝えしたことがあるんですが

 

 

 

それと同じように、

 

旦那の困った行動も

貴女へのモラハラ的な言葉も

 

貴女のこころの中にある

 

“前提”

 

起こしてしまったかも?というのが

今日のお話し。

 

 

例えば。

貴女は自分のこと

好きですか?

 

 

「うん!手放しで私は私のことを好きだ!と言えるよ」

いう人も、

中にはいるかもしれません。

 

 

でも。

 

ほとんどの女性は

 

いや…。 私なんて。料理も下手だし、かわいくないし。

 そんなに自分のこと、好きじゃないわ

とか

 

私は、『何をやってもダメだな」と言われた経験が多いです。

 子どもの頃、とくに父親に言われたことが多かったので、

 『自分はダメなんだ』と思ってしまいます

とか

 

これまで自分なりに頑張ってきたけど

 でも夫は全然私を褒めてくれません。

 料理を『美味しい』と言ってくれたこともないし、

 『ありがとう』という一言でさえ言われたことがないです。

という人もいるかもしれません。

 

 

 

そんな風に、これまでの経験とか

親に言われたこと。

 

そして

旦那にされたこと・言われた言葉

”によって”、

 

「自分はダメなのかな…。」と思ってしまう

女性は結構、多かったりするんよね。

 

 

 

 

要は

「自分のことが好きではない」

「自分はダメだ」

と思っている、ということは

 

“自分に自信がない”

 

いうことです。

 

 

自分に自信がない女性は、

旦那から

今日はいいじゃん!」と言われたとしても、

それ本気で言ってるの?

と疑います(笑)。

 

 

自分に自信がない女性は、

メイクをしても

「なんか私、イケてない」とか

「どうして私の顔はこんな風なのかしら」と、

自分の顔さえダメ出ししてしまうんです。

 

本当はそんなことないのに、

です。

 

 

つまり

自分で自分を卑下して、

自分で自分に「ダメ」という

ハンコを押しているようなもの。

 

 

 

まずは

そういうことをストップしてみて、

ということ。

 

 

余計な考えが浮かんだら

「あ!違う!今のなし!ストップストップ!」

という感じです。

 

 

そうして、

負のスパイラルの思考を

文字通りストップするのです。

 

 

そして。

これが特に大事なことですけど、

 

「ダメな自分でもいい」

と思うということ。

 

 

そもそも

欠点のない人はいません。

 

もちろん

失敗しない人もいません。

 

 

聖徳太子やブッダ、

イエスキリストじゃないのだから、

誰だって「叩けばホコリが出る」んです。

 

だから

殊更に自分で自分に「ダメ」のハンコを押さない、

ということです。

 

 

 

過去に親に言われたことの中に

「お前はダメだな」と

言われたことがあるとしたら、

 

それは親の未熟さから出た言葉、

だと思ってください。

 

 

親だって

カンペキじゃなかったのです。

 

教育やしつけのエキスパートなわけじゃないから、

上手に少女だったころの貴女に

言葉をかけられることはなかったのです。

 

それに、親もその時、たまたま

イライラしているのかもしれません。

 

虫の居所が悪かったのかもしれません。

 

 

そのコンディションが悪い時に、

たまたま貴女が目の前にいて、そのとばっちりを受けたのかも

しれないからです。

 

 

だから。

貴女はダメじゃありません。

 

というか、

「ダメだ」ということを信じちゃダメです。

 

 

だって

本当はダメじゃないから。

 

そんな風に、少しずつ

自分の「軸」を立て直して戻していってみて。

 

 

 

 

 

そう、

「ダメな私だっていい!」と開き直るということです。

 

むしろ

「ダメな私も、わたしだよ!」と思うということです。

 

「人なんて、どうせカンペキな人はいないじゃん!」と

思うということです。

 

 

 

 

 

 

そんな風に、少しずつ

自分の軌道修正をしてきたなら

 

だんだんと

ダメな自分も、今の自分も、グッドな自分と同じように

自分自身を好きと思うんよ。

 

 

そして。

旦那の態度も、言葉も、行動も、

 

以前のメールでも言いましたが

“貴女の内面にあるもの”

が起こしているのだす(>_<)

 

 

貴女が何を信じて、

何を思い、

旦那に対して

どういう気持ちで接しているか?

自分は旦那に

大切にされる存在かどうか?

 

 

ということが

 

“前提”

 

となって、実際に現実の世界で

旦那の行動や言葉や態度に現れる、

ということです。

 

 

であれば。

 

であれば、

 

貴女の中にある

 

“前提”

 

を変えれば、

現実も変わるということ。

 

 

貴女が信じていること。

貴女が自分に対してイメージしていること。

旦那のこと。

 

そうしたことの

“前提”

を変えてみて。

 

 

そうすると

現実も少しずつ変わっていきますよ。

 

 

 

今日もありがとうございます。

 

自己中夫・スネ夫専門

夫婦カウンセラー えいき

まずはメルマガで自分を変えてみたい!
カエルメールはこちらをクリック【無料メルマガ】  
ブログで言えないもっと濃すぎるお話こちら【有料メルマガ】
LINE@で個別にえいきと話してみたい!
LINEの登録はこちらをクリック無料】
カテゴリー 未分類


次のページ »